のみとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 工具 > のみの意味・解説 

のみ

[副助]種々の語に付く。

ある一つ事柄・状態に限定していう意を表す。…だけ。…ばかり。「あとは結果を待つのみである」「日本のみならず全世界問題だ」

ももづたふ磐余(いはれ)の池に鳴く(かも)を今日見て雲隠りなむ」〈・四一六

ある一つ事柄・状態を取り出し強調する意を表す。ただもう。「色合い美しいのみで、何のとりえもない絵だ」

「み心を—惑はして去りなむことの、悲しく耐へ難く侍るなり」〈竹取〉

文末にあって)感動込め強く言い切る意を表す。「あとは開会式を待つのみ」

「争(いかで)か反逆(ほんぎゃく)の凶乱をしづめん—」〈平家・七〉

[補説] 「の身」から出て、「それ自身」というよう上の語を強く指示するのが原義という。現代語では、主に文語表現用いられる。→のみか →のみならず


のみ【飲み/×呑み】

動詞「のむ」の連用形「のみ」の名詞化

飲むこと。特に、酒やタバコをのむこと。「—の席」

飲み口」の略。

呑み)「呑み行為」の略。


のみ【×蚤】

ノミ目昆虫総称微小で、雌は雄より大きい。体は左右に扁平。翅(はね)をもたず、後ろ脚発達し、よく跳躍する。口は管状で、哺乳類のほか鳥類寄生して吸血し、伝染病媒介するものもある。ヒトノミ・ネコノミ・イヌノミなど。隠翅(いんし)類。《 夏》「—(しらみ)馬の尿するまくらもと芭蕉


のみ【衣袽/船筎/×𦀌/×袽】

ヒノキマキ内皮を砕いて柔らかしたもの。舟や(とい)などの材の継ぎ目につめこんで水漏れを防ぐのに用いる。のめ。まいはだ

矢口の渡りの船の底を二所(ふたところ)えり貫いて、—を差し」〈太平記三三


のみ【×鑿】

木材石材金属などに穴をあけたり、溝を刻んだりするのに用い工具。柄の先に刃がつき、柄頭(つち)でたたくか、手で突くかして削る。刃先の形により、平のみ・丸のみ・壺のみなどがある。

鑿の画像

のみ【能美】


のみ

1⃣ 〔副助〕 体言体言準ずるもの・動詞連用形副詞格助詞などに下接する。

① ある事物取り立てて限定する。強調表現を伴う。…だけ。…ばかり。

古事記(712)上「故、天つ神の御子の御寿は、木の花阿摩比能微(ノミ)坐さむ」

② (①の限定意味合い薄れ強調表現のために用いられたもの) ある事物連用修飾語の意味を強調する。

万葉(8C後)五・八八六「世間(よのなか)は かく乃尾(ノミ)ならし 犬じもの 道に伏してや 命過ぎなむ」

源氏100114頃)乙女「顔も持たげ給はで、ただ泣きにのみ泣き給」

2⃣ 〔終助〕 強く言い切る漢文訓読文で用いられる。

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一〇「我れ恩を報せむとして、故らに礼敬することを致さくのみとのたまふ

[語誌](1)語源については、格助詞「の」に名詞「身」が付いたものとする説がある。
(2)(一)上代から用いられていた副助詞で、文末用いられる場合もあったが、それは「のみ」の下に助動詞「なり」などが想定でき、まだ終助詞とはいいがたい
(3)格助詞と重なる場合上代では格助詞上接する例の方が、下接するものより多いが、中古以後はその関係が反対になる。
(4)(二)は、漢文における文末助辞「耳」が限定決定強調用いられ、日本語副助詞「のみ」の用法に近いため、訓読文において文末の「耳」字を「のみ」と必ず訓じるようになり、意味も「限定」という論理性薄れ、「強く言い切る」という情意性を表わすようになった用法。この用法ク語法、特に「まくのみ」「らくのみ」の形で用いられることが多いため、この形で固定し、「群書治要康元二年点‐七」の「禽獣此の為ることを知るらく耳(ノミ)」のような終止した文に下接すると思われる例まで現われる。ただし、このようなものは、近世朱子新注学者によってその不合理指摘され、「まく」「らく」が除かれて「活用語連体形+のみ」の形となり、近代文語文へと受け継がれていく〔古典語現代語助詞助動詞詳説〕。
(5)中古以後は「ばかり」が限定表わすようになり、「のみ」の領域は侵される。中世近世口語では「のみ」の用例稀になるが、消滅することはなく、現代まで生き続けている。


のみ【祈】

〔名〕 (動詞「のむ(祈)」の連用形名詞化) 祈ること。こい願うこと。ひれ伏すこと。祈り

古事記(712)下「奴にあれば、奴随らに覚らずて、過ち作りしは甚畏し。故、能美(ノミ)の御幣の物を献らむ〈能美二字は音を以ゐよ〉」


のみ【筎・𦀌・衣𦀌・袽】

〔名〕

船材接合部の浸水を防ぐ充填材古語の木の皮で作った縄を用いる。槇皮(まきはだ)。のめ。〔観智院本名義抄(1241)〕

和船船底設けた注排水用の穴に差し込み必要に応じてぬきはずしする栓。

太平記14C後)三三「舩の底を二所えり貫て、のみを差し

液体ためたり抜いたりするため、容器はめ込む栓。のみくち

玉塵抄(1563)一三「浴しはててのみをぬいてをみぞえ流いたぞ」


のみ【能見】


のみ【蚤】

〔名〕 ノミ(隠翅)目に属す昆虫総称体長一〜三ミリメートルで、褐色。からだは左右に扁平で、はねは退化し、跳躍適した三対の歩脚をもつ。哺乳類鳥類体表寄生して、口にある剣状の大あご吸血。雌は雄より大形で、雌雄とも血を吸う。世界に約一〇〇〇種、日本には約七〇種が分布し、種類宿主によって異なることが多い。ヒトノミネコノミイヌノミのほか、ペスト発疹(はっしん)熱をネズミから媒介するケオプスネズミノミヤマトネズミノミなどがある。《季・夏

小川本願四分律平安初期点(810頃)「・蚤(ノミ)・毒螫の属有ること无きこと有る


のみ【鑿】

〔名〕 木工石工道具で、穴をあけたり、溝を刻んだりするためのもの。柄の上部をたたいて使うたたきのみ、柄を持って突くようにして使うつきのみがある。鉄製工具で、古く古墳時代から使われた。

鑿〈春日権現験記絵〉の画像

令義解718軍防「小斧一具。鑿一具


のみ【飲・呑】

〔名〕 (動詞「のむ(飲)」の連用形名詞化

① のむこと。吸い込むこと。特に、酒やタバコに関していう。近世、「のみのすくね」などと洒落て使うことも多い。〔観智院本名義抄(1241)〕

雑俳銭ごま(1706)「のみこんで・いよいよのみがこめぬ也」

② =のみくち飲口(6)

俳諧大坂独吟集(1675)下「あつかひ口もねぢた月影 御もたせの手ののみの露落て〈由平〉」

③ (呑) 「のみこうい呑行為)」の略。〔新しき用語の泉(1921)〕

謡曲発音法の一つ。呑んで謡うこと。→飲む(11)


飲み、呑み

読み方:のみ

マ行五段活用動詞「飲む」「呑む」の連用形である「飲み」「呑み」、あるいは連用形名詞化したもの


祈み

読み方:のみ

【文語】マ行四段活用動詞祈む」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

のみ

木材ホゾ穴を彫ったり、鉋の入らない細い部分仕上げ用いたりする道具で、刃のついた穂、首、柄の部分からなる柄頭をたたいて穴を彫る「叩きノミ」と、手で柄を押して削る「仕上げノミ」に大別される。叩きノミには柄頭金属のかつらがはめてある。仕上げノミにはかつらがないので、一目叩きノミか、仕上げノミかを見分けることができる。  竹垣の製作では、御簾垣をつくる際に、親柱間柱組子差し込む溝を彫るときなどに、叩きノミ使用される。  なお、ノミには最も一般的な追入ノミのほか、向待ノミ、丸ノミ(以上、叩きノミ)、突きノミ、しのぎノミ(以上、仕上げノミ)などの種類があり、用途によって使い分けられている。

鑿 (のみ)

木や石を加工する道具です。柄[つか]の先をハンマーでたたいて、素材をけずります。

関連項目

読み方:のみ

  1. 夫より妻の身体の方が大き夫婦をいふ。
  2. 夫より妻の体が大き夫婦のことを云ふ。

読み方:のみ

  1. 取引所の語。仲買人が客より売買注文を受けて証拠金及び取引所の手数料を預かりたるに拘らずその売買市場にかけずして而かも取引したる如く装ひ、自ら相手方となり損益計算為す等不正の事を為して、口銭の外に手数料横取りすること。
  2. 客の注文取引所へ出さずして自己の懐に呑むことをいふ。〔相場語〕

分類 取引所相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

能見

読み方
能見のみ

野水

読み方
野水のみ

能美

読み方
能美のみ

乃美

読み方
乃美のみ

のみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/14 18:08 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

のみ

一覧

  • - 工具
  • ノミ(蚤) - 昆虫
  • のみ - ある一つの事柄・状態に限定していう意を表す。
  • 呑み - 飲む事。飲酒飲み会など。
  • 花札を使用したゲーム、花合わせでの役の一つ。「芒に月」「桜に幕」「菊に盃」の3つを揃えた場合。
  • ノミ行為 - 先物取引等、相場性を有する取引きの委託または委託の取り次ぎを受けた者が、それをせず自分が取引きの当事者となって、取引きを成立させること。
  • ノミ屋 - 公営競技などを利用して私設の投票所を開設している者。
  • 麻雀で、1翻しかない和了すること。「ノミ手」ともいう。

関連項目



のみ

出典:『Wiktionary』 (2020/03/28 11:03 UTC 版)

動詞

のみみ、み、み】

  1. 連用形

名詞:飲み

のみみ、み、み】

  1. 飲むこと。
  2. 飲み口の略称。

翻訳

名詞:衣袽

のみ【衣袽】

  1. ひのきやまきなどの内皮を砕き柔らかくして舟などの継ぎ目詰め込み水漏れを防いだりする。

名詞:鑿

のみ

  1. 木材石材金属などにあけたりったりする工具

成句

参考

類義語

翻訳

助詞

のみ

  1. 一つ事柄・状態などを限定したり取り出すことで強調する。
  2. 感動込め強く言う。

関連語

出典

  1. 講談社カラー日本語大辞典』、1989年、1522頁、最上段。




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



のみと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「のみ」に関係したコラム

  • 株式投資に役立つレポートの一覧

    証券会社では、株式投資に役立つレポートを提供しています。レポートは、口座開設者に無料で提供しているものがほとんどですが、中には口座を開設していなくても閲覧できるレポートもあります。レポートの内容は、そ...

  • 株式の単元未満株とは

    株式の単元未満株とは、株式の最低売買単位である1単元未満の株式のことです。1単元は銘柄ごとに異なりますが、100株や1000株であることが多いようです。1単元が100株の銘柄では、単元未満株は1株から...

  • 日本国内のFX業者の手数料比較

    2012年5月現在、日本国内のほとんどのFX業者では、取引の際の売買手数料を無料に設定しています。しかし、電話取引の場合には売買手数料を有料に設定している場合があります。電話取引は、顧客が何らかの事情...

  • 株365の取引時間は

    株365の取引時間は、銘柄により異なります。日経平均株価(日経225)を基準にした日経225証拠金取引(NKY/JPY)の取引時間はほぼ24時間です。他の銘柄についてはさまざまで、ニューヨークのサマー...

  • 株式のインターネット取引ができる証券会社の一覧

    株式のインターネット取引ができる証券会社の一覧です。次の表は、2012年6月現在の日本国内のネット証券の一覧です。ネット証券は、インターネットを通じて株式の売買が行える証券会社のことです。一般的には、...

  • CFDのチャートを見るには

    CFDの価格をチャートで見るにはいくつかの方法があります。そのうち、CFD業者が配布している専用のチャート表示ソフトを用いてチャートを見るのが一般的です。専用ソフトの場合、チャート表示に加えてテクニカ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「のみ」の関連用語

1
94% |||||

2
74% |||||

3
74% |||||

4
74% |||||

5
74% |||||


7
58% |||||

8
58% |||||

9
58% |||||

10
58% |||||

のみのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



のみのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2021 All rights reserved
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2021,Hofu Virtual Site Museum,Japan
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアののみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryののみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS