持ち上げとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 持ち上げの意味・解説 

持ち上げ

読み方:もちあげ

ガ行下一段活用動詞「持ち上げる」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

持ち上げ

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

持ち上げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 10:25 UTC 版)

バンジョーとカズーイの大冒険2」の記事における「持ち上げ」の解説

巨大なオブジェクト持ち上げて目的の場所に降ろす。

※この「持ち上げ」の解説は、「バンジョーとカズーイの大冒険2」の解説の一部です。
「持ち上げ」を含む「バンジョーとカズーイの大冒険2」の記事については、「バンジョーとカズーイの大冒険2」の概要を参照ください。


持ち上げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 10:00 UTC 版)

重量挙げ」の記事における「持ち上げ」の解説

よく「バーベルを持ち上げる」と表現されるが、極端な言い方をすると「足腰のばねによりバーベル引き上げる」といったイメージに近い。

※この「持ち上げ」の解説は、「重量挙げ」の解説の一部です。
「持ち上げ」を含む「重量挙げ」の記事については、「重量挙げ」の概要を参照ください。


持ち上げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 08:01 UTC 版)

被覆空間」の記事における「持ち上げ」の解説

「ホモトピーリフトの性質英語版)(Homotopy lifting property) 」も参照 p : C → X が被覆で γ が X 内の経路(つまり、単位区間 [0,1] から X の中へ連続写像)であり、c ∈ C が γ(0) の上の点(つまり、p(c) = γ(0))ならば、γ 上の C のある経路 ρ (つまり、p o ρ = γ)が一意存在し、ρ(0) = c である。ρ は、γ の持ち上げ(あるいは、リフトと呼ぶ。x と y が X の連結経路で結ばれている場合、この経路は、持ち上げの性質を通して、x 上のファイバーと y 上のファイバー間の全単射与える。 さらに一般的には、f : Z → X を 弧状連結局所弧状連結空間 Z への X からの連続写像として、基点 z ∈ Z を固定し、f(z) の上にある点 c ∈ C(つまり、p(c) = f(z))をとる。このとき、f の持ち上げ(つまり、連続写像 g : Z → C であって、p ∘ g = f, g(z) = c を満たす)が存在することは、基本群間の誘導準同型英語版)(induced homomorphism) f# : π1(Z, z) → π1(X, f(z)) と p# : π1(C, c) → π1(X, f(z)) が、 f # ( π 1 ( Z , z ) ) ⊂ p # ( π 1 ( C , c ) ) . {\displaystyle f_{\#}(\pi _{1}(Z,z))\subset p_{\#}(\pi _{1}(C,c)).} (♠) を満たすこと同値である。 さらに、そのような f の持ち上げ g が存在する場合は、一意的である。

※この「持ち上げ」の解説は、「被覆空間」の解説の一部です。
「持ち上げ」を含む「被覆空間」の記事については、「被覆空間」の概要を参照ください。


持ち上げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 20:07 UTC 版)

THE 大量地獄」の記事における「持ち上げ」の解説

気絶したを持ち上げることができる。持ち上げた投げて消滅させたりボスへの攻撃利用する事ができる。

※この「持ち上げ」の解説は、「THE 大量地獄」の解説の一部です。
「持ち上げ」を含む「THE 大量地獄」の記事については、「THE 大量地獄」の概要を参照ください。


持ち上げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/17 05:35 UTC 版)

接束」の記事における「持ち上げ」の解説

M の対象TM対象に持ち上げる(英語版様々な方法がある。例えば、c が M の曲線であれば、c' (c の接線)は TM曲線である。対照的に、M についてさらに仮定をしないと(例えリーマン計量)、余接束への同様のリフト存在しない関数 f: M → R の垂直リフト (vertical lift) は f v = f ∘ π {\displaystyle f^{v}=f\circ \pi } によって定義される関数 fv: TM → R である、ただし π: TM → M は自然な射影である。

※この「持ち上げ」の解説は、「接束」の解説の一部です。
「持ち上げ」を含む「接束」の記事については、「接束」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「持ち上げ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「持ち上げ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

持ち上げのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



持ち上げのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバンジョーとカズーイの大冒険2 (改訂履歴)、重量挙げ (改訂履歴)、被覆空間 (改訂履歴)、THE 大量地獄 (改訂履歴)、接束 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS