販売チャネルとは? わかりやすく解説

販売チャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/24 01:18 UTC 版)

販売チャネル(はんばいチャネル)とは製造業商社などの流通経路である。


  1. ^ 下取りや買い取りなどで入庫した中古車を自店舗で販売する場合を除く。


「販売チャネル」の続きの解説一覧

販売チャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/02 14:17 UTC 版)

freebit mobile」の記事における「販売チャネル」の解説

MVNOとしては異例の直営店舗による販売など、多種多様な販売チャネルを活用している。

※この「販売チャネル」の解説は、「freebit mobile」の解説の一部です。
「販売チャネル」を含む「freebit mobile」の記事については、「freebit mobile」の概要を参照ください。


販売チャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 00:43 UTC 版)

トーンモバイル」の記事における「販売チャネル」の解説

基本プランカメラのキタムラTSUTAYAいずれも一部店舗)の店頭 TONE for Androidドコモショップ、及びトーンモバイルオンラインショップ TONE for iPhoneドコモショップのみ freebit mobile時代は、他のMVNO先駆け直営店舗による販売など、多種多様な販売チャネルを活用していた。 TONEストア フリービットによる直営販売店旧名ATELIER)。店舗デザイントータルプロデューサーである迫慶一郎よる。端末販売だけでなく、佐賀県唐津市にあるサポートセンター介したサポートサービスや、店内撮影した写真を元にした端末ケース作成可能である最大4店舗展開していたが現存しない。 この他短期間出店想定した可動店舗STAND」も用意されているテレビ・ラジオショッピング 2014年6月15日、『今日感テレビ 日曜版』(RKB毎日放送)内で日本初となるスマートフォンテレビショッピング放送した端末到着遠隔操作によりセットアップを行う方法により、購入者全員セットアップ成功したという。 また2014年7月31日には、『PAO〜N』(九州朝日放送)内でやはり日本初となるスマートフォンラジオショッピング放送したパートナープログラム 2014年8月20日賃貸住宅仲介業エイブルフリービット業務提携し、フリービットエイブルに対してPandA 2nd Lotベースソフトウェアカスタマイズした「エイブルPandA」を供給することで合意した。2015年10月31日をもって新規契約終了した

※この「販売チャネル」の解説は、「トーンモバイル」の解説の一部です。
「販売チャネル」を含む「トーンモバイル」の記事については、「トーンモバイル」の概要を参照ください。


販売チャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 16:12 UTC 版)

ディズニー・モバイル」の記事における「販売チャネル」の解説

端末販売契約サービス開始と同時にソフトバンクショップ家電量販店ディズニーオンラインストアなどで行っているまた、ソフトバンクショップディズニー・モバイルサービス拠点にもなり、アフターサービスなども行う。各店舗ではディズニー・モバイル専用ブース設けて説明員などを常駐させるまた、故障受付などの問い合わせ窓口は、専用ダイヤルに加えてソフトバンクショップでも対応する問い合わせ専用ダイヤルは、0800から始ま独自のフリーコール番号だが、故障専用ダイヤルソフトバンク故障専用番号当初は九州中国・四国併せて管轄設置の0088番号であったが、現在は全国統一の0800番号アナウンスされている)と同一となっている。なお、MNP問い合わせダイヤルソフトバンク同一のものを利用している。因みにソフトバンクショップ手続きする場合は、単一のソフトバンクショップ内でMNP番号発行からソフトバンクディズニー・モバイル間のMNP手続きがすべて完了する仕組みとなっている。 ディズニーストア等、一般のディズニーグッズ販売店での店頭販売は、2010年11月より、ソフトバンクショップ代理店などを手がけるテレコムサービスの協力により繁華街主要店舗3店舗開始したまた、ディズニー・モバイル専門キャリアショップとして「ディズニー・モバイル ショップ」が2011年3月1日新宿店皮切りに順次開業し2011年7月時点で3ヶ店となっており、同年8月には4店舗目、同年9月には5〜7店舗目が開業している。同年11月25日には、東北初となる、イオンモール名取店が開業している(既存ソフトバンクとは別位置)。

※この「販売チャネル」の解説は、「ディズニー・モバイル」の解説の一部です。
「販売チャネル」を含む「ディズニー・モバイル」の記事については、「ディズニー・モバイル」の概要を参照ください。


販売チャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/25 15:23 UTC 版)

ベネッセモバイルFREO」の記事における「販売チャネル」の解説

進研ゼミ会員対象として、WEBでの受付のみとなる。契約者名義会員保護者ものとなるMNPでの新規加入にも対応している

※この「販売チャネル」の解説は、「ベネッセモバイルFREO」の解説の一部です。
「販売チャネル」を含む「ベネッセモバイルFREO」の記事については、「ベネッセモバイルFREO」の概要を参照ください。


販売チャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/29 21:07 UTC 版)

ECナビケータイ」の記事における「販売チャネル」の解説

ECナビ会員対象とするため、会員サイトからのオンラインの申込限定されていた。 故障修理などのメンテナンス業務受付一部は、auショップ一部対応可能としているが、ウェブおよび専用フリーコール・ナビダイヤルを中心としていた。 時間外紛失故障に関する電話問い合わせは、ECナビケータイカスタマーセンターは対応せず、au電話お客様センター対応した

※この「販売チャネル」の解説は、「ECナビケータイ」の解説の一部です。
「販売チャネル」を含む「ECナビケータイ」の記事については、「ECナビケータイ」の概要を参照ください。


販売チャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 07:50 UTC 版)

NIMASO」の記事における「販売チャネル」の解説

日本ではAmazon楽天市場Yahoo!ショッピングQoo10に加えNIMASO公式ホームページからも販売行っているまた、家電量販店やその他契約店でオフラインチャネルでの販売開始予定

※この「販売チャネル」の解説は、「NIMASO」の解説の一部です。
「販売チャネル」を含む「NIMASO」の記事については、「NIMASO」の概要を参照ください。


販売チャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 09:12 UTC 版)

栄養ドリンク」の記事における「販売チャネル」の解説

薬用成分含有する物は「一般用医薬品」に指定され長らく薬局ドラッグストアでのみ販売されていたが、1999年平成11年3月医薬品販売の規制緩和により、主力商品医薬部外品変更されてから、コンビニエンスストアスーパーマーケット駅売店一部自動販売機でも販売されるようになった

※この「販売チャネル」の解説は、「栄養ドリンク」の解説の一部です。
「販売チャネル」を含む「栄養ドリンク」の記事については、「栄養ドリンク」の概要を参照ください。


販売チャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 15:21 UTC 版)

スズキ (企業)」の記事における「販売チャネル」の解説

四輪自動車 日本国内自動車販売網は「スズキ店」と、小型車メインに扱う「スズキアリーナ店」(2000年4月り発足)の2ディーラー体制であり、更にその下に副代理店」「業販店」というサブディーラー存在している。副代理店・業販店は、町の自動車整備工場中古車販売店が大部分占めている。 日本国内サブディーラー各地域ごとの「スズキ自販会社統括しており、日本5万店ある「業販店の中で販売実績の多い店を「副代理店」としている。スズキでは、それらサブディーラー販売比率が7割以上を占めている。各地域ごとの「スズキ自販会社は、一般顧客向けの販売と同時にサブディーラーへの卸会社としての機能持っているメーカー出資の子会社ディーラーは「スズキ自販○○」(○○には都道府県名が入る。例:スズキ自販東京)という社名になっているケースがほとんどである。 2021年12月から始まったテレマティクスサービス「スズキコネクト」においてはシステム搭載車からの車両状態データ共有しサービス対応ができる「スズキコネクト店」を新設する一定条件満たしたスズキ店スズキアリーナ店副代理店が対象になる。 インド市場においてはマルチ・スズキ・インディア主導により、2015年より上級車チャネルNEXA(ネクサ)」が立ち上げられ既存のマルチ・スズキディーラーよりも上質感と高級感訴求し、高価格帯車種を中心に取り扱っている。 二輪バイク 他ブランドとの併売店舗の「SBS」(スズキバイクショップ)と、スズキ専売店舗の「スズキワールド」の2つ分かれている。 また、大阪府自動車部品商社SPK一部海外販売車種逆輸入販売行っており、「モトマップ」の名称で全国販売網を統括している。

※この「販売チャネル」の解説は、「スズキ (企業)」の解説の一部です。
「販売チャネル」を含む「スズキ (企業)」の記事については、「スズキ (企業)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「販売チャネル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「販売チャネル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「販売チャネル」の関連用語

販売チャネルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



販売チャネルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの販売チャネル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのfreebit mobile (改訂履歴)、トーンモバイル (改訂履歴)、ディズニー・モバイル (改訂履歴)、ベネッセモバイルFREO (改訂履歴)、ECナビケータイ (改訂履歴)、NIMASO (改訂履歴)、栄養ドリンク (改訂履歴)、スズキ (企業) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS