ローンチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ローンチの意味・解説 

ローンチ【launch】

読み方:ろーんち

[名](スル)

立ち上げること。参入すること。始めること。特に、新し商品など売り出すこと。「10月新製品を―する」

ランチ


ローンチ

別名:ラウンチロンチ
【英】launch

ローンチとは、新し商品サービス世に送り出すことである。日本語では「立ち上げ」「公開」「開始」「発進」などの語が相当する

ローンチという表現は、WebサイトWebアプリケーション新たに公開する場合などで用いられている場合も多いが、それだけでなく、新商品や新サービス公開という意味一般的に用いられている。


ローンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 08:32 UTC 版)

ローンチ(Launch)、ロンチラーンチランチとは、立ち上げる、打ち上げるなどの意味がある。




「ローンチ」の続きの解説一覧

ローンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 09:56 UTC 版)

ロッキード L-1011 トライスター」の記事における「ローンチ」の解説

1967年9月ロッキードは、「L-1011 トライスター受注体制整った」と発表した。これは、アメリカン航空ユナイテッド航空イースタン航空トランス・ワールド航空ナショナル航空などの大手航空会社からの受注見込んで発表であった。これは、ライバル機マクドネル・ダグラス本節では、以下単に「ダグラス」とする)DC-10開発計画発表するより2か月ほど前のことである。ダグラスでは、急遽同年11月DC-10開発計画発表したが、その時点ではまだDC-10基本設計完了していなかった。この時点では、明らかにロッキードダグラスリードしていた。 当時ロッキードに対する一般的なイメージ軍用機メーカーで、アメリカ国民なら誰でもその名を知っている存在であった。そのロッキードが、技術力結集して作った旅客機であれば、それが技術的に優れた旅客機であることも、想像するのは容易であった。 しかし、いくら技術的に先進的で、開発順調であるとはいえ、ことジェット旅客機に関しては全く実績がないため、実際に導入する航空会社側の反応異なりトライスター導入躊躇する航空会社もあった。現実に構想段階深く関わっていたアメリカン航空が、ライバル機であるDC-10合計50発注したことが、1968年2月19日発表されたのであるロッキード社内ではアメリカン航空からの受注確実視していたため、ロッキードにとっては大きな痛手であった一方でアメリカン航空ユナイテッド航空DC-10導入決定するであれば対抗上、ロッキード新技術売り物にした機材自社看板商品にしようと考え航空会社存在した同年3月29日にはイースタン航空から50機、トランス・ワールド航空から44機、エア・ホールディングスから50機の受注し一挙に受注機数100を超えた。さらに4月3日にはデルタ航空から24機を受注する至り同日にローンチ(生産プログラム開始)を発表DC-10より先に製造開始されることになったのである。なお、ユナイテッド航空は、1985年パンアメリカン航空の太平洋路線とその運航機材買収した際にパンアメリカン航空運航していたトライスター長距離型の-500譲り受けその後運行することとなった

※この「ローンチ」の解説は、「ロッキード L-1011 トライスター」の解説の一部です。
「ローンチ」を含む「ロッキード L-1011 トライスター」の記事については、「ロッキード L-1011 トライスター」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ローンチ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ローンチ」の関連用語

ローンチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ローンチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリローンチの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのローンチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロッキード L-1011 トライスター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS