適合性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 適合 > 適合性の意味・解説 

適合性

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

適合性 (Conformity)


適合性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 08:01 UTC 版)

普及学」の記事における「適合性」の解説

その個人の生活に対して近さ新規性高くても、大きな生活の変化強要するものだと、採用されにくい。

※この「適合性」の解説は、「普及学」の解説の一部です。
「適合性」を含む「普及学」の記事については、「普及学」の概要を参照ください。


適合性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 17:55 UTC 版)

骨髄移植」の記事における「適合性」の解説

骨髄移植を行う場合ドナー移植対象患者との間で、白血球血液型であるHLA適合しなければならない適合しない骨髄液を移植した場合拒絶反応GVHD移植片対宿主病)が起きる。HLA型適合して移植可能になる確率は、同父母兄弟姉妹間で25%、非血縁者間では数百数万分の1といわれている。HLA型両親から半分ずつ遺伝する為、通常親子間では適合しないが、全くの非血縁者よりは適合可能性は高いとされる血縁者ドナー見つからない場合は、骨髄バンクなどを介して血縁者移植行われるかつては自己骨髄保存しておいて使用する自家移植を行う場合もあったが、現在は後述する自己末梢血幹細胞移植PBSCT)が主流になっている。 ただしHLA型は、医学的に判明している遺伝子情報一部であり、たとえ親子兄弟関係HLA型適合していてもGVHD発生する可能性がある

※この「適合性」の解説は、「骨髄移植」の解説の一部です。
「適合性」を含む「骨髄移植」の記事については、「骨髄移植」の概要を参照ください。


適合性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 03:59 UTC 版)

日本産業規格」の記事における「適合性」の解説

製品JIS要求満足していることをJIS適合しているといい、適合していることを適合性 (conformance) という。製造者輸入者が製品JISへの適合性を取引者や需要者に示す手段として、第3者による認証 (certification)、第2者による確認および第1者自己適合宣言三つがある。

※この「適合性」の解説は、「日本産業規格」の解説の一部です。
「適合性」を含む「日本産業規格」の記事については、「日本産業規格」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「適合性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「適合性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



適合性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「適合性」の関連用語

適合性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



適合性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの普及学 (改訂履歴)、骨髄移植 (改訂履歴)、日本産業規格 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS