G4とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > G4の意味・解説 

G4(じーふぉー)(Group of four)

日本・ドイツ・インド・ブラジルの4か国

国連安全保障理事会常任理事国入り目指す日本などの4か国のこと。国連改革に伴う常任理事国拡大めぐってアフリカ連合AU)などと対立している。

現在、国連安全保障理事会は5か国の常任理事国10か国の非常任理事国構成されている。常任理事国国連設立された1945年以来、アメリカ・イギリス・フランス・ロシア・中国の5か国で固定されている。一方任期2年非常任理事国は、国連総会選出される。

G4は常任理事国を6か国拡大するという内容決議案国連総会上程している。一方AUは新常任理事国拒否権付与するという内容決議案上程し、現在の常任理事国への配慮から、拒否権15年凍結するとしたG4側の決議案歩み寄ることができなかった。

他方で、非常任理事国のみ拡大するとした反G4派による決議案上程されている。

G4とAUの間で決議案一本化できなかった事態を受けて、国連総会ピン議長最長任期12年準常任理事国新設する調停案を提示した。

(2005.08.08掲載


3,7‐ジヒドロ‐8‐[(β‐ヒドロキシ‐α‐メチルフェネチル)アミノ]‐1,3,7‐トリメチル‐1H‐プリン‐2,6…

分子式C17H21N5O3
その他の名称:G-4、3,7-Dihydro-8-[(β-hydroxy-α-methylphenethyl)amino]-1,3,7-trimethyl-1H-purine-2,6-dione
体系名:3,7-ジヒドロ-8-[(β-ヒドロキシ-α-メチルフェネチル)アミノ]-1,3,7-トリメチル-1H-プリン-2,6-ジオン


ジクロロフェン

分子式C13H10Cl2O2
その他の名称:ヒオサン、パラビス、テニアタン、アンチフェン、テニアトール、ジセスタール、ジドロキサン、ジクロロフェン、プラト-リーセ、プレベントールGD、ジ-フェンタン-70DDM、G-4、DDDM、Hyosan、Parabis、Dicestal、Teniatol、Anthiphen、Didroxane、Plath-Lyse、Teniathane、Dichlorophen、Preventol GD、Di-phenthane-70、2,2'-Methylenebis(4-chlorophenol)、2,2'-Methylenebis[4-chlorophenol]、2,2'-メチリデンビス(4-クロロフェノール)、Bis(2-hydroxy-5-chlorophenyl)methane
体系名:4,4'-ジクロロ[2,2'-メチレンビスフェノール]、ビス(5-クロロ-2-ヒドロキシフェニル)メタン、2,2'-メチレンビス[4-クロロフェノール]、2,2'-メチレンビス(4-クロロフェノール)、ビス(2-ヒドロキシ-5-クロロフェニル)メタン


G4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/06 03:32 UTC 版)

G4






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「G4」の関連用語

G4のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



G4のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2018 時事用語のABC All Rights Reserved.
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2018 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのG4 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS