エドモンド・ヒラリーとは? わかりやすく解説

エドモンド・ヒラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/29 17:17 UTC 版)

サーエドモンド・パーシヴァル・ヒラリー(Sir Edmund Percival Hillary, KG, ONZ, KBE, 1919年7月20日 - 2008年1月11日)は、ニュージーランド登山家冒険家


  1. ^ マルゲリータ・ジャコーザ, ロベルト・モッタデリ, ジャンニ・モレッリ 著、村田綾子 訳『世界の特別な1日』日経ナショナルジオグラフィック社、2017年、95頁。ISBN 978-4-863133-85-3 
  2. ^ [1] 重松清による
  3. ^ [2] 白川勝彦による
  4. ^ [3] 研修会「日本百名山を歩いて」参加報告 Ⅱ
  5. ^ "Because it's there" Forbes,2001年10月29日. 最初の段落:Most people think the famous climbing phrase “because it is there” was first uttered by Edmund Hillary when he and Tenzing Norgay conquered Mount Everest in 1953. Not so. Actually George Leigh Mallory, three decades earlier, said it as he prepared to scale the world’s highest peak.
  6. ^ [4] "Because it’s there:A Tribute to Sir Edmund Hillary", by Kurt Hettler, OUPblog(Oxford University Press's Academic Insights for the Thinking World, 2008-01-11 このタイトルに対して、"I do hope that you realize that the quote has nothing at all do with Hillary. It was said (probably sarcastically) 30 years earlier by George Mallory."のコメントがある。
  7. ^ Sir Edmund Hillary Archive Memory of the World - UNESCO
  8. ^ Medals and Awards, Gold Medal Recipients” (PDF). Royal Geographical Society. 2014年4月15日閲覧。


「エドモンド・ヒラリー」の続きの解説一覧

「エドモンド・ヒラリー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エドモンド・ヒラリー」の関連用語

エドモンド・ヒラリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エドモンド・ヒラリーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエドモンド・ヒラリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS