予防拘禁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > 拘禁 > 予防拘禁の意味・解説 

よ ぼうこうきん -ばう- [4] 【予防拘禁】

再び同じ犯罪犯すおそれがある認められる者を、刑期終了後も拘禁すること。治安維持法において思想犯に対して採用された。

予防拘禁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/11 15:56 UTC 版)

予防拘禁(よぼうこうきん、: preventive detention)とは、対象となる者(常習犯や触法精神障害者など)による犯罪その他の触法行為の予防(特別予防)のためにこれを拘禁する刑事司法上の処分をいう。保安処分の一種。刑期満了後に引き続き拘禁するもののみを指すこともある。米国においては逃亡等のおそれのある被告人の拘禁を含めて呼ぶこともあるが、本項ではこれについては対象としない。


  1. ^ Palestinian Sources: Israel transferred 120 Palestinian prisoners to administrative detention(英語)」によると、2008年2月2日現在で約900人が行政拘禁の適用者。このうち、約120人は、最近2週間のガザ侵攻により連行された人たちという。
  2. ^ 井上正吾「精神障害」(医歯薬出版)


「予防拘禁」の続きの解説一覧



予防拘禁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「予防拘禁」の関連用語

予防拘禁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



予防拘禁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの予防拘禁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS