中華民族の偉大なる復興とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 中華民族の偉大なる復興の意味・解説 

中国の夢

(中華民族の偉大なる復興 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 15:48 UTC 版)

中国の夢(ちゅうごくのゆめ、簡体字: 中国梦繁体字: 中國夢拼音: Zhōngguó mèng)とは、2012年習近平中国最高指導者(2012年11月より中国共産党総書記)が発表した中華人民共和国の思想であり、中国共産党第十八回全国代表大会以来、第5世代中央指導グループの執政理念でもある[1]


  1. ^ 狼煙を上げた知識層の激烈「習近平批判」(下)清華大教授の「中国の夢」大否定:野口東秀 | 中国・台湾の部屋 | 新潮社 Foresight(フォーサイト) | 会員制国際情報サイト”. 新潮社 Foresight(フォーサイト). 2019年3月5日閲覧。
  2. ^ “韓経:【コラム】中国の夢、日本の夢”. 中央日報. (2018年1月11日). http://japanese.joins.com/article/398/237398.html 2018年8月26日閲覧。 
  3. ^ a b c d e 習近平主席が「中国の夢」を語る - 北京週報 日本語版
  4. ^ 首会晤 习近平:中国梦与美国梦是相通的 - 滚动新闻 - 21CN.COM” (2013年6月11日). 2018年11月20日閲覧。
  5. ^ “中国共产党第十九次全国代表大会关于《中国共产党章程(修正案)》的决议”. 新華社. (2017年10月24日). http://news.xinhuanet.com/politics/2017-10/24/c_1121850042.htm 2017年10月27日閲覧。 
  6. ^ 中国共产党章程”. 人民網 (2017年10月28日). 2017年10月29日閲覧。
  7. ^ 【時視各角】韓国は小さい国?文大統領の演説文は誰が書いたのか| Joongang Ilbo | 中央日報”. s.japanese.joins.com. 2019年1月30日閲覧。
  8. ^ 文在寅大統領の訪中に韓国国民が驚いた理由”. WEDGE Infinity(ウェッジ) (2017年12月25日). 2019年1月30日閲覧。
  9. ^ “「初外遊、北京は当然」「中華復興、心から祈る」金正恩氏、訪中食事会であいさつ”. 産経ニュース. (2018年3月29日). https://www.sankei.com/world/news/180329/wor1803290028-n1.html 2019年6月24日閲覧。 
  10. ^ “「中国は引き続き役割果たす」金正恩氏訪中、北朝鮮が詳細報道”. デイリーNK. (2018年6月20日). https://dailynk.jp/archives/112146 2019年6月24日閲覧。 
  11. ^ “金正恩委員長が国慶節で習近平主席に祝電=「まるでラブレター」と韓国紙”. Record China. (2018年10月3日). https://www.recordchina.co.jp/b650310-s0-c10-d0054.html 2019年6月24日閲覧。 
  12. ^ 我が道を行く習近平の「中国夢」の真意とは ダイヤモンドオンライン 2013年7月16日
  13. ^ a b 我が道を行く習近平の「中国夢」の真意とは ダイヤモンドオンライン 2013年7月16日
  14. ^ a b マイケル・ピルズベリー『China 2049 秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」』日経BP社、2015年9月。ISBN 978-4822251048


「中国の夢」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中華民族の偉大なる復興」の関連用語

中華民族の偉大なる復興のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中華民族の偉大なる復興のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中国の夢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS