韜光養晦とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 韜光養晦の意味・解説 

韜光養晦

読み方:とうこうようかい
別名:韬光养晦韬光晦迹

中国語で「自らの力を隠し蓄える」といった意味の表現鄧小平掲げた外交政策スローガンとして知られる。

韜光養晦の語には「韜光養晦、有所作為」と続く。自身の能力対外的できるだけ隠しつつ、取るべきものは取る、という方針とされる。

韜光養晦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 23:59 UTC 版)

韜光養晦(とうこうようかい)とは、中華人民共和国の国際社会に対する態度を示す言葉であり、一般には鄧小平の演説が根拠となっているとされる言葉である[1]


  1. ^ a b c d e f g シャンボー(2015年)36ページ
  2. ^ a b 張(2009年)187ページ
  3. ^ a b c d e 前田(2014年)102ページ
  4. ^ a b c d e f g h 前田(2014年)103ページ
  5. ^ a b ヴォーゲル(2013年)358ページ
  6. ^ ヴォーゲル(2013年)375ページ
  7. ^ a b c 前田(2014年)104ページ
  8. ^ 清水(2011年)7ページ
  9. ^ a b c d e f g シャンボー(2015年)37ページ
  10. ^ a b c d 清水(2011年)8ページ
  11. ^ a b c d シャンボー(2015年)38ページ
  12. ^ a b c 朝日新聞(2015年9月25日)17面
  13. ^ a b c d e f 新藤(2013年)139ページ
  14. ^ a b c d e f g 清水(2011年)13ページ
  15. ^ a b 新藤(2013年)140ページ
  16. ^ 清水(2011年)14ページ
  17. ^ a b c d 清水(2011年)15ページ
  18. ^ 習近平の力量不足がもたらす新たな権力闘争”. 中央公論 (2013年8月23日). 2019年11月5日閲覧。
  19. ^ “第12期全国人民代表大会第1回会議における習近平氏の演説”. 理論中国. (2013年10月9日). http://jp.theorychina.org/xsqy_2477/201310/t20131009_295047.shtml 2019年11月5日閲覧。 
  20. ^ 中国共产党章程”. 人民網 (2017年10月28日). 2019年11月5日閲覧。
  21. ^ 中国国防費、7.5%増19.8兆円 強軍路線が鮮明に”. 日本経済新聞 (2019年3月5日). 2019年11月5日閲覧。
  22. ^ 中国、富国強兵へ秘策? 「軍民融合委員会」設立 目指すは米の軍産複合体 軍国主義化の懸念も”. 産経ニュース (2017年2月9日). 2019年11月5日閲覧。
  23. ^ 特別リポート:中国習近平の「強軍戦略」、米国の優位脅かす”. ロイター (2019年4月24日). 2019年11月5日閲覧。



韜光養晦

出典:『Wiktionary』 (2021/06/07 23:42 UTC 版)

成句

とうこうようかい

  1. 適当な時期まで、能力隠し雌伏すること。能ある鷹は爪を隠す

由来



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「韜光養晦」の関連用語

韜光養晦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



韜光養晦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの韜光養晦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの韜光養晦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS