好きな言葉とは? わかりやすく解説

好きな言葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 05:01 UTC 版)

徳丸新作」の記事における「好きな言葉」の解説

冬は必ず春になる艱難汝を珠にす。桜梅桃李精神苦に徹すれば珠になる。我以外皆師! 障害波浪に会うごとに、その堅固の度を増す!

※この「好きな言葉」の解説は、「徳丸新作」の解説の一部です。
「好きな言葉」を含む「徳丸新作」の記事については、「徳丸新作」の概要を参照ください。


好きな言葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 09:18 UTC 版)

ワリオ」の記事における「好きな言葉」の解説

ボロ儲け」「濡れ手に粟」「一攫千金」「食べ放題」「小銭」「手下」「世界征服」。

※この「好きな言葉」の解説は、「ワリオ」の解説の一部です。
「好きな言葉」を含む「ワリオ」の記事については、「ワリオ」の概要を参照ください。


好きな言葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 02:49 UTC 版)

辻泰弘」の記事における「好きな言葉」の解説

政治とは情熱判断力との二つ駆使しながら、堅い板に力を込めて少しずつ穴を開けていく作業である。」 (マックス・ウェーバー職業としての政治」)

※この「好きな言葉」の解説は、「辻泰弘」の解説の一部です。
「好きな言葉」を含む「辻泰弘」の記事については、「辻泰弘」の概要を参照ください。


好きな言葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 00:35 UTC 版)

熊本昌弘」の記事における「好きな言葉」の解説

和気致祥(わきちしょう):和やかな気持ち幸せもたらす。 自由と規律 原点帰れ 先代: 亀高素吉 神戸製鋼社長 第16代: 1996-1999 次代: 水越浩士 先代: 安崎暁 日本建設機械工業会会長 第7代: 1998-2000 次代: 河井清和

※この「好きな言葉」の解説は、「熊本昌弘」の解説の一部です。
「好きな言葉」を含む「熊本昌弘」の記事については、「熊本昌弘」の概要を参照ください。


好きな言葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 08:56 UTC 版)

畑井貴晶」の記事における「好きな言葉」の解説

やってからかんがえろ。~親友Kの言葉深海生きる魚族のように、自らが燃えなければ何処にも光はない。~明石海人種を蒔きつづけよ。なぜならあなたはどれが育つかわからないからだ。 しかし実際にはすべて育つだろう。~アインシュタイン~ youがcanとおもうならdoしちゃいなよ!~ジャニー喜多川

※この「好きな言葉」の解説は、「畑井貴晶」の解説の一部です。
「好きな言葉」を含む「畑井貴晶」の記事については、「畑井貴晶」の概要を参照ください。


好きな言葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 01:19 UTC 版)

粟田貴也」の記事における「好きな言葉」の解説

「功崇惟志、業広惟勤」(功(こう)の崇(たか)きはこれ志(し)、業(ぎょう)の広きはこれ勤(きん)) 志をしっかり立てれば結果高くなり、勤勉であれば事業広くなる。 「再斯可也」(再びせば斯れ可なり物事二度考え程度にすれば十分。迷ったら余り悩まずどちらかなという問題はやる。

※この「好きな言葉」の解説は、「粟田貴也」の解説の一部です。
「好きな言葉」を含む「粟田貴也」の記事については、「粟田貴也」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「好きな言葉」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「好きな言葉」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「好きな言葉」の関連用語

好きな言葉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



好きな言葉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの徳丸新作 (改訂履歴)、ワリオ (改訂履歴)、辻泰弘 (改訂履歴)、熊本昌弘 (改訂履歴)、畑井貴晶 (改訂履歴)、粟田貴也 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS