線型代数学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 数学 > 線型代数学の意味・解説 

線型代数学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/24 08:12 UTC 版)

線型代数学(せんけいだいすうがく、: linear algebra)とは、線型空間線型変換を中心とした理論を研究する代数学の一分野である。現代数学において基礎的な役割を果たし、幅広い分野に応用されている。また、これは特に行列行列式連立一次方程式に関する理論を含む。線形などの用字・表記の揺れについては線型性を参照[1]






「線型代数学」の続きの解説一覧



線型代数学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「線型代数学」の関連用語

線型代数学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



線型代数学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの線型代数学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS