ジョルダン標準形とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ジョルダン標準形の意味・解説 

ジョルダン標準形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/16 00:09 UTC 版)

ジョルダン標準形(ジョルダンひょうじゅんけい、: Jordan normal form)とは、代数的閉体(例えば複素数)上の正方行列に対する標準形のことである。任意の正方行列は本質的にただ一つのジョルダン標準形と相似である。名前はカミーユ・ジョルダンにちなむ。




  1. ^ 斎藤 1966, p. 187.
  2. ^ 斎藤 1966, 第6章 定理[2.2].
  3. ^ 斎藤 1966, p. 191.
  4. ^ Hogben 2007, 6-5.
  5. ^ つまり 1 ≤ d1d2 ≤ … ≤ ti があって、Wi,ki−1 = 〈 bi,1, …, bi,d1, Wi,ki−2 = 〈 bi,1, …, bi,d2, …, Wi,0 = 〈 bi,1, …, bi,tiとなるように基底をとる


「ジョルダン標準形」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジョルダン標準形」の関連用語

ジョルダン標準形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジョルダン標準形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジョルダン標準形 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS