三角法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 分野 > 三角法の意味・解説 

さん かくほう -はふ [0] 【三角法】

三角形の辺と角との関係を基礎として三角関数も含め、幾何学的図形量的関係、測量などへの応用研究する数学一分野。

三角法

読み方:さんかくほう

  1. 〔楽〕数学上の三角法に似せて、よく落語家などが云ふ処世術のこと。即ち「慾をかく」「義理をかく」「恥をかく三つのかくことに平気であれば金持になると云ふ法である。「一つ三角法で行かうか」とか「三角法の心得がある」とか云ふやうに使はれる。

分類

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

三角法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/15 00:58 UTC 版)

三角法(さんかくほう)とは、三角形の大きさとの長さの間の関係の研究を基礎として、他の幾何学的図形の各要素の量的関係や、測量などへの応用を研究する数学の学問領域の一つである[1][2][3]。様々な数学の分野の中でもきわめて古くから存在し、測量や天文学上の計算などの実用上の要求と密接に関連して生まれたものである(→歴史)。三角法と数表を用いることで、直接に測ることの難しい長さを良い精度で求めることができる(→応用分野)。三角法は平面三角法、球面三角法、その他の三角法に分けられる[3](→平面三角法、→球面三角法、→その他の三角法)。三角関数は歴史的には三角法から派生して生まれた関数である(→三角関数)。




注釈

  1. ^ ヒッパルコスの著作はすべて失われており、記載内容はプトレマイオスなど後世の人の引用から類推されたものである。
  2. ^ 例えば、ケーララ学派においては、14世紀後半にマーダヴァが三角関数の無限級数展開を論じた[34]
  3. ^
  4. ^ ヴィエトがバッターニーを参照したことについては19世紀のドランブルの次の著作を参照されたい。 Delambre. “Histoire de l'astronomie du moyen âge”. 2017年4月14日閲覧。 p.21

出典

  1. ^ a b c d 東京理科大学数学教育研究所 『数学小辞典』 共立出版2010年、第2版。ISBN 978-4-320-01931-7 pp.229-230
  2. ^ a b c d e f g 『数学辞典』 一松信、伊藤雄二、朝倉書店、1993年6月25日 (original: Mathema Dictionary, James and James, 5th edition) pp.164-165
  3. ^ a b c 『岩波数学辞典第四版』 「3角法」の項 (p.151) 参照。
  4. ^ a b c 『dtv-Atlas Mathematik, カラー図解数学事典』 共立出版、2012年8月ISBN 978-4-320-01896-9 pp.168-179
  5. ^ Solving Triangles”. Maths is Fun. 2017年3月20日閲覧。
  6. ^ a b c 三角形の決定条件と自由度”. 高校数学の美しい物語 (2015年11月5日). 2017年4月11日閲覧。
  7. ^ 4.2.1 三角形の決定”. ravco. 2017年3月19日閲覧。
  8. ^ Todhunter 1886, Art.79.
  9. ^ Todhunter 1886, Art.81.
  10. ^ 『数学の小事典』(岩波ジュニア新書)「三角関数」の項(p.98-102)参照。
  11. ^ Todhunter 1886, Art.24.
  12. ^ a b 長谷川誠也 (1934). 新修百科大辭典. 博文館. https://books.google.co.jp/books?id=zG3Ln3xqcxwC&lpg=PA238&ots=yWoXeYQtBX&dq=%E8%88%AA%E6%B5%B7%E8%A1%93%20%E7%90%83%E9%9D%A2%E4%B8%89%E8%A7%92%E6%B3%95&hl=ja&pg=PA238#v=onepage&q=%E8%88%AA%E6%B5%B7%E8%A1%93%20%E7%90%83%E9%9D%A2%E4%B8%89%E8%A7%92%E6%B3%95&f=false 2017年2月24日閲覧。.  p. 356 「球面三角法」の項。
  13. ^ Todhunter 1886, Art.17.
  14. ^ Todhunter 1886, Art.3.
  15. ^ Todhunter 1886, Chapter 4.
  16. ^ a b c d 非ユークリッド幾何と時空”. 放送大学. 2017年2月28日閲覧。
  17. ^ a b Todhunter 1886, Art.37-39.
  18. ^ a b c 岡田幾太郎 (2000年3月). “双曲幾何における極三角形”. 近畿大学九州工学部研究報告 (近畿大学) 28: 89-97. ISSN 13459430. NAID 110001020496. 
  19. ^ a b ノイゲバウアー 1984, pp. 30-31.
  20. ^ ジョーゼフ 1996, p. 161.
  21. ^ Jeans, James Hopwood (1947). The Growth of Physical Science. pp. 7. https://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=JX49AAAAIAAJ&oi=fnd&pg=PA7. 
  22. ^ Aaboe, Asger. Episodes from the Early History of Astronomy. New York: Springer, 2001. ISBN 0-387-95136-9
  23. ^ a b c d e f ジョーゼフ 1996, pp. 373-374.
  24. ^ Boyer 1991, p. 162.
  25. ^ Thurston, pp. 235–236.
  26. ^ Thurston, pp. 235–236.
  27. ^ a b c 『南アジアを知る事典』「天文学」の項(pp.485-486、執筆者矢野道雄)
  28. ^ Toomer, G. J. (1998). Ptolemy's Almagest. Princeton University Press. ISBN 0-691-00260-6. 
  29. ^ Thurston, pp. 239–243.
  30. ^ a b ノイゲバウアー 1984, p. 143.
  31. ^ 『南アジアを知る事典』「数学」の項(pp.380-381、執筆者林隆夫
  32. ^ a b 『南アジアを知る事典』「アーリヤバタ」の項(p.33、執筆者矢野道雄)
  33. ^ Boyer 1991, p. 215.
  34. ^ a b 中村 & 室井 2014, pp. 130-132.
  35. ^ 『南アジアを知る事典』「ブラフマグプタ」の項(p.645、執筆者矢野道雄)
  36. ^ a b c d e アリー・A・アル=ダッファ 『アラビアの数学――古代科学と近代科学のかけはし』 武隈良一訳、サイエンス社〈サイエンス叢書 N-4〉、1980年3月20日 pp. 73-77
  37. ^ a b 矢島 1977, pp. 2-5.
  38. ^ a b 中村 & 室井 2014, pp. 139-142.
  39. ^ 中村 & 室井 2014, pp. 143-147.
  40. ^ a b 矢島 1977, pp. 185-186.
  41. ^ 矢島 1977, p. 184.
  42. ^ 『アルマゲスト』薮内清の解説 pp.581-583
  43. ^ ABU’L-WAFĀ BŪZJĀNI”. Encyclopaedia Iranica. 2017年3月9日閲覧。
  44. ^ BĪRŪNĪ, ABŪ RAYḤĀN iii. Mathematics and Astronomy”. Encyclopaedia Iranica. 2017年3月9日閲覧。
  45. ^ ṬUSI, NAṢIR-AL-DIN ii. AS MATHEMATICIAN AND ASTRONOMER”. Encyclopaedia Iranica. 2017年3月9日閲覧。
  46. ^ a b 矢島 1977, pp. 196-197.
  47. ^ King, David A.. “Islamic Math and Science”. Journal for the History of Astronomy 9. http://articles.adsabs.harvard.edu/cgi-bin/nph-iarticle_query?bibcode=1978JHA.....9..212K&db_key=AST&page_ind=6&plate_select=NO&data_type=GIF&type=SCREEN_GIF&classic=YES 2017年4月13日閲覧。. p.212
  48. ^ 矢島 1977, pp. 197-198.
  49. ^ 矢島 1977, pp. 206-207.
  50. ^ 矢島 1977, p. 211.
  51. ^ テスター 1997, pp. 200-201.
  52. ^ 『アルマゲスト』薮内清の解説 pp.584-585
  53. ^ 矢島 1977, pp. 190-191.
  54. ^ a b c 江戸の数学第5章西洋数学の導入――三角関数表”. 国立国会図書館 (2011年). 2017年2月23日閲覧。
  55. ^ Rosen, Edward. “Rheticus, George Joachim in Dictionary of Scientific Biography (New York 1970-1990)”. 2017年4月11日閲覧。"Rheticus". Dictionary of Scientific Biography. New York: Charles Scribner's Sons. 1970–80. ISBN 978-0-684-10114-9. 
  56. ^ Suzuki, Jeff (2009-08-27). Mathematics in Historical Context. Mathematical Association of America. pp. 409. ISBN 9780883855706. https://books.google.co.jp/books?id=lew5IC5piCwC&lpg=PA183&ots=X1BfuU3ihp&dq=rheticus%20trigonometry&hl=ja&pg=PA183#v=onepage&q=rheticus%20trigonometry&f=false 2017年4月11日閲覧。. 
  57. ^ Mathematical Tables and Other Aids to Computation: A Quarterly Journal. 3-4. National Research Council. (1948). pp. 558–. https://books.google.com/books?id=89I0AAAAIAAJ. "Since on page 5 of 2 there seems to be definite reference to the Rheticus sine canon being in the hands of ... After his discovery of the new Rheticus tables Pitiscus started to prepare a second work which was finally published in 1613 and contained the following four parts. ... The volume title-page, in black and red, begins Thesaurus Mathematicus sive Canon Sinuum ad radium 1.00000.00000.00000." 
  58. ^ Robert E. Krebs (2004). Groundbreaking Scientific Experiments, Inventions, and Discoveries of the Middle Ages and the Renaissance. Greenwood Publishing Group. pp. 153–. ISBN 978-0-313-32433-8. https://books.google.com/books?id=MTXdplfiz-cC&pg=PA153. 
  59. ^ ヴィクター J. カッツ 『数学の歴史』 中根美知代、上野健爾ほか訳、共立出版、東京、2005年ISBN 4-320-01765-X
  60. ^ Michel Chasles, Aperçu historique sur l'origine et le développement des méthodes en géométrie.
  61. ^ Grattan-Guinness, Ivor (1997). The Rainbow of Mathematics: A History of the Mathematical Sciences. W.W. Norton. ISBN 0-393-32030-8. 
  62. ^ Inman, James (1835). Navigation and Nautical Astronomy for Seamen. 
  63. ^ William Bragg Ewald (2007). From Kant to Hilbert: a source book in the foundations of mathematics. Oxford University Press US. p. 93. ISBN 0-19-850535-3
  64. ^ Kelly Dempski (2002). Focus on Curves and Surfaces. p. 29. ISBN 1-59200-007-X
  65. ^ a b 平田宏一. “わかりやすい力学と機械強度設計法 (PDF)”. 独立行政法人海上技術安全研究所. p. 5. 2017年2月24日閲覧。
  66. ^ a b c 中泉拓也 (2015年9月4日). “三角関数もATPの知識も役に立つ”. 2017年2月24日閲覧。
  67. ^ a b c d e 『岩波理化学辞典第五版』 「三角視差」及び「三角測量」の項 (p. 530) 参照。
  68. ^ a b テスター 1993, pp. 98-104.
  69. ^ Taylor, Eva Germaine Rimington (1956). The Haven-Finding Art: A history of navigation from Odysseus to Captain Cook (1971 ed. ed.). London: Hollis and Carter. p. 120. https://books.google.co.jp/books?id=5v5TAAAAMAAJ&dq=editions:UOM35112100743568&hl=ja 2017年2月24日閲覧。. 
  70. ^ Breusing, A. (1881) "La toleta de Martelojo und die loxodromischen Karten", Zeitschrift für wissenschaftliche Geographie, vol. II, Pt. 1 (pp. 129–33), Pt.2 (pp. 180–95).
  71. ^ a b 航法の歴史-1:電波航法の歴史”. みちびき準天頂衛星システム. 内閣府宇宙開発戦略推進事務局. 2017年2月24日閲覧。
  72. ^ a b 【第7回】17世紀の航海術の進歩~新たな海図・四分儀・対数理論”. 帆船航海史大全集. 2017年2月24日閲覧。
  73. ^ Parry, J.H. (1974). The Discovery of the Sea (1984 edition ed.). Berkeley: University of California Press. p. 152. https://books.google.com/books?id=kCREcRCFD0QC&lpg=PP1&pg=PR3#v=onepage&q&f=false 2017年2月24日閲覧。. 
  74. ^ 「ホワイトハウス周辺で実弾発砲、新警備システムを試験」 CNN(2017年8月27日)2017年8月28日閲覧





三角法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三角法」の関連用語

三角法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三角法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三角法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS