極大値とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 極大値の意味・解説 

極値

(極大値 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/26 19:52 UTC 版)

数学初等解析学における極値(きょくち、: extremum[注 1])は、適当な領域における関数(一般には、多変数汎函数[1]となり得る)の値の(通常の大小関係に対する、順序論的な意味での)最大元 (maximum) と最小元 (minimum) を総称するものである。


注釈

  1. ^ 複数形は "extrema"

出典

  1. ^ Definition:Extremum/Functional at ProofWiki
  2. ^ Kudryavtsev, L.D. (2001), "Maximum and minimum points", in Hazewinkel, Michiel, Encyclopaedia of Mathematics, Springer, ISBN 978-1-55608-010-4 


「極値」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「極大値」の関連用語

極大値のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



極大値のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの極値 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS