ガリレイとは?

ガリレオ

同義/類義語:ガリレイ
英訳・(英)同義/類義語:Galileo Galilei

16世紀イタリア物理学天文学者で、重力に関する実験を行ったほか望遠鏡を製作した。

ガリレイ (Galilei, Galileo)

ガリレイという人は

ガリレオ・ガリレイ ガリレオ・ガリレイ

ピサフィレンツェ古くから伝わる名家生まれるが、ガリレオ生まれたころは裕福とはいえなかった。 有名な音楽家であった父の医学を学ぶようという希望から17歳ピサ大学入学する。 当時アリストテレス考え絶対的真実とされていた。 ガリレイも当初はこれに倣うが、権威主義的に押し付けれれるのを嫌いアリストテレス考え疑問持ち始める。

たまたま幾何学講義立ち聞きし、自分本当に興味があるのは数学物理学であって医学ではなかったことに気づく貨幣含まれる金や銀の比率天秤比重利用して高い精度測定する”小天秤”を作成するなど、その才能を発揮始めて、 ”16世紀アルキメデス”と呼ばれるようになる。ガリレイ自身、聖アルキメデスと呼ぶほどアルキメデス尊敬していた。

ガリレイの主な経歴

1605年落体運動の法則発見する。 落体運動は、アリストテレスによって「落ち物体速度は、その物体重さ比例する」とされており、いかなる学者もこれを否定することがなかった。 なぜなら鳥の羽がゆっくり落ちることは視覚的確認でき、これが大きな説得力になっていたためである。 ガリレイは空気抵抗着目し、表面積大きく軽い物体空気抵抗によりゆっくり落ちるのだろうと仮定した。 ピサの斜塔から同じ大きさ鉄球木製の球を同時に落下させ、地面同時に落ちたことを確認する。 アリストテレス間違いこれほどはっきり照明されたことは、かつて一度もなかった。

1610年オランダ1609年発明された望遠鏡当時ラテン語でペルスピルシムと呼ばれていた)を風聞頼り自作して、 その望遠鏡天体に向け、発見した驚きそのままに表した”星界の報告”を発刊する。 木星に4つの衛星を見つけることで、全ての天体地球周りを回っているとした天動説誤っていることを指摘し、 星々が動いているのではなく地球が動いているのだとしてコペルニクス地動説支持する。 しかし、アルキメデス天動説支配されていた時代でガリレイの主張は大変危険なものであった。 望遠鏡ベネチア総督元老院献上したことにより、パドヴァ大学教授となるがこの頃から歯車狂いはじめていた。

1613年、”太陽の黒点について”を発刊する。 しかし、1610年発刊した”星界の報告”、そして今回の”太陽の黒点について”によって、 1616年異端尋問所から警告を受ける。保守的宗教家太陽を神の象徴とみなしており、全ての天体の中で最も完全なものと考えていたのである参考までに述べると、1600年にはコペルニクス地動説に沿った主張広めようとした修道士ローマ法王庁宗教裁判にかけられ、異端として火刑に処せられている。

1616年地動説禁止教令ローマ法王庁により発布される。 教皇パウロ5世よりガリレイは、コペルニクス理論捨てるようにとの命を受けた。

1628年観測結果から地動説絶対的証拠を得たので地動説禁止教令取り消し欲しい旨を願いでる。 また、地動説聖書抵触しない旨を説明するが、取り合ってもらえなかった。

1632年16年沈黙を破り”天文学対話”をラテン語ではなくイタリア語発刊する。 法王庁意向懸念して一方的地動説主張するのではなく三人登場人物対話するといった形式したものであった。 しかし、ガリレイが主張したい部分一目瞭然であり、また、ローマ法王自分のこと個人的批判する内容であると感じたようだ。一部知識人には歓迎されるがやはり攻撃されることになる。

天文学対話”は2月検閲通過したが、8月販売禁止になり、さらに9月、ガリレイは異端尋問所に召還される。 すでに68歳であり、病弱視力衰え弁護人もいなかったガリレイに対し、拷問道具なども見せたようである。 1633年判決が言い渡される。 彼は「コペルニクス説(地動説)を捨て、これを呪い、嫌う」と宣言なければならなかった。 このとき「それでもやはり地球は動く」と言ったとされる説もあるが、この言葉はガリレイの記念碑か何かにある言葉らしい。

1638年、”新科学対話”を発刊する。法王庁命令によってフィレンツェ自宅幽閉の身にあり、 両目失明していながら太陽望遠鏡観測たらしい)、 口述筆記などによってこれを完成させた。自然と真実へのすさまじ執念である。 力学について説いており、それまで間違った理論神学哲学科学が明確に区分されていない)と 正解へと導く科学的手法について触れ、ここで慣性の法則落体運動放射体の運動を論じている。

”新科学対話”は1636年完成していた。1636年イタリアフィレンツェ完成したこの本が発刊されたのは、 1638年オランダである。 もはや、やつれて視力も失ったガリレイは完成した”新科学対話”を読むことも叶わず、1642年1月、その長い苦難生涯を閉じる。 ガリレイ死後教会指弾はゆるまなかった。葬式認められず、聖域への埋葬認められなかった。 しかし、ガリレイの一件コペルニクス以来100年におよぶ科学思想革命死闘も一応の終止符向かえ、 古い宇宙観次第に影をひそめるようになっていく。 約40年後ニュートンプリンキピア中にガリレイの力学吸収されていく。

ガリレオ・ガリレイ

地動説との絡みで語られることが多いガリレイだが、最大業績は自然を探求する方法とその精神にあった。 実験的事実とそこから数学的導かれる理論を軸にする実証的科学的解明方法最初に示したのがガリレイであり、 これが最初物理学者と評される所以である。

科学哲学から分離し、自然現象解明数学を使う。数学具体的な現象定量的に論じるための手段と位置づける。 近代科学の礎となっていく方法論である。


ガリレイ

名前 Galilei

ガリレオ・ガリレイ

(ガリレイ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/24 03:32 UTC 版)

ガリレオ・ガリレイGalileo Galileiユリウス暦1564年2月15日 - グレゴリオ暦1642年1月8日)は、イタリア物理学者天文学者哲学者




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ なお、Galileoは、イエス・キリストの出身地であるガリラヤの人(ガリラヤ人)の意であり、複数形Galileiはキリスト教徒、定冠詞を付けたil Galileoはイエス・キリスト自身の婉曲表現である。
  2. ^ ただし、本当に誠実なやりかたでデータをとったのかどうか、という点に関しては怪しい点があるらしい。つまり自分の説・仮説に合うようにデータをいじっていたらしいとブロードやウェイドによって指摘されている。つまり「自然科学の父」と呼ばれるような人がすでに、現代で言う「科学における不正行為」に相当するようなことを行っていたのであり、不正行為の問題が20世紀になってにわかに始まったかのような印象を持つのは適切ではなく、実は自然科学はつきつめればその父(開拓者)まで腐っているような、かなり根深い問題だとブロードやウェイドは指摘しているのである。(出典:W.ブロード, N.ウェイド『背信の科学者たち』講談社、2006)
  3. ^ イタリアの貴族たち同士の激しい権力争いや、そうした貴族の中から選ばれる、極めてきわどい立場の教皇の思惑など、ドロドロの権力争いや様々な策謀
  4. ^ この黒い部分は現在でも“月の海”(lunar maremareは“海”を意味するラテン語)と呼ばれている。ヨハネス・ケプラーも同様の考えを持っており、最初にmareと命名した。
  5. ^ ファントリ (2010) p61によれば、現代の伝記作者の多くは、この実験は伝説だと考えているが、ドレイクは真実だとしているという。また、佐藤 (2000) は、ガリレオがピサ大学時代に行った、ということにしている。マクラクラン (2007) は、『新科学対話』の記述から、少なくとも1回は実験を行ったと述べている。一方、この実験が行われていないという主張を広めたのはアレクサンドル・コイレである(コイレ (1988) pp.466-467)。青木(1965) pp.20-22も、ヴィヴィアーニの記述は真実ではないとしている。
  6. ^ デカルトはTraité du monde et de la lumièreの代わりに3部作La DioptriqueLes MétéoresGéométrieを出版し、その3部作の序文のような位置付けで書かれたのが有名な『方法序説』である。
  7. ^ 結局デカルトのほうはリスクを避けて、自分の死後に 太陽中心説を含む完全版のTraité du monde ~を出版させる段取りをつけた。結果としてそれは1664年に出版された。
  8. ^ ファントリ (2010) p222,259,260によれば、偽造したものだと唱える人物として、ヴォールヴィル(Wohlwill)やベレッタ(Beretta)がいる。ファントリ自身は、この文書は真正なものだとしている。
  9. ^ 当該説教の日本語翻訳文がカトリック中央協議会、教皇関連ページの教皇ベネディクト十六世の2008年12月21日の「お告げの祈り」のことばに掲載されている。

出典

  1. ^ 佐藤 (2000) p78
  2. ^ シーア、アルティガス (2005) p3
  3. ^ 『数学と理科の法則・定理集』アントレックス(発行)図書印刷株式会社(印刷)154頁
  4. ^ 1『数学と理科の法則・定理集』アントレックス(発行)図書印刷株式会社(印刷)55頁
  5. ^ マクラクラン (2007) p24
  6. ^ 青木 (1965) p24
  7. ^ 豊田(1995) p64
  8. ^ a b マリアーノ・アルティガス『ローマのガリレオ:天才の栄光と破滅』大月書店, 2005
  9. ^ マクラクラン (2007) p54
  10. ^ マクラクラン (2007) p61
  11. ^ 最新天文百科 宇宙・惑星・生命をつなぐサイエンス HORIZONS Exploring the Universe p65 ISBN 978-4-621-08278-2
  12. ^ 豊田(1995) p69
  13. ^ 青木 (1965) p42
  14. ^ マクラクラン (2007) p51など
  15. ^ 豊田(1995) p35
  16. ^ a b 朝永(1981) p9
  17. ^ マクラクラン (2007) pp.26-27
  18. ^ シーア、アルティガス (2005) p74
  19. ^ マクラクラン (2007) pp.32-33
  20. ^ 豊田(1995) p120
  21. ^ 豊田(1995) p122
  22. ^ 豊田(1995) p122~123
  23. ^ 豊田(1995) p123~124
  24. ^ 豊田(1995) p124
  25. ^ ファントリ (2010) pp.337-338,343
  26. ^ 青木 (1965) p160
  27. ^ ファントリ (2010) pp.340-341
  28. ^ シーア、アルティガス (2005) pp.217-218
  29. ^ a b 豊田(1995) p130
  30. ^ マクラクラン (2007) p116
  31. ^ 青木 (1965) p160
  32. ^ シーア、アルティガス (2005) p245
  33. ^ ファントリ (2010) p423
  34. ^ シーア、アルティガス (2005) pp.189-190
  35. ^ シーア、アルティガス (2005) p255
  36. ^ ファントリ (2010) p481
  37. ^ ファントリ (2010) p450
  38. ^ ガブリエル・ウォーカー 『大気の海 なぜ風は吹き、生命が地球に満ちたのか』 渡会圭子訳、早川書房、東京都、2008年、20頁。ISBN 978-4-15-208893-2※引用部は、著者ウォーカーが Galileo Galilei, Dialogues Concerning Two New Sciences, H. Crew and A. de Salvio ( New York : Macmillan,1914 。原題は Discorsi e dimostrazioni matematiche intorno a due nuove scienze. 『新科学対話』,ガリレオ・ガリレイ著,今野武雄,日田節次 訳,岩波書店,1937 )から参照した。( p.346,文献中注釈第1章2 参照)
  39. ^ 佐藤 (2000) p99
  40. ^ シーア、アルティガス (2005) p257
  41. ^ シーア、アルティガス (2005) p257
  42. ^ ファントリ (2010) pp.499-500
  43. ^ シーア、アルティガス (2005) p264
  44. ^ ファントリ (2010) p222
  45. ^ ファントリ (2010) pp.229-231
  46. ^ ファントリ (2010) p222
  47. ^ ファントリ (2010) p506
  48. ^ マクラクラン (2007) pp.143-144
  49. ^ イタロ・カルヴィーノ 『なぜ古典を読むのか』 須賀敦子訳、河出書房新社2012年4月5日ISBN 978-4309463728
  50. ^ イタロ・カルヴィーノ 『カルヴィーノの文学講義 - 新たな千年紀のための六つのメモ』 米川良夫訳、朝日新聞社1999年4月ISBN 978-4022573650


「ガリレオ・ガリレイ」の続きの解説一覧





ガリレイと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ガリレイに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ガリレイ」の関連用語

ガリレイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゼーマン

ニュートン

ヘルツ

ガルバーニ

カルノー

ダニエル

ローレンツ

モールス





ガリレイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2018 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガリレオ・ガリレイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS