大凡とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(事柄) > 大凡の意味・解説 

大凡

読み方:おおよそ
別表記:大よそ

雑把内容大要大体のところなどを意味する語。

おお‐よそ〔おほ‐〕【大凡/凡】

[名・形動

だいたいのところ。あらまし。「計画の―を説明する」

ひととおりであること。普通。

ひととせはいたく―にこそおもしろし見え給ひしか」〈宇津保・楼上上〉

[副]

細部にこだわらず概略判断するさま。だいたい。大ざっぱに。およそ。「―一〇年ぐらい前」「事情は―見当がつく

話を切り出すときの言葉全体的にみて。一般に。いったい。そもそも。「―国家としての独立を望まない者はいまい」

→大体(だいたい)[用法]




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大凡」の関連用語

大凡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大凡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS