凡とは?

ぼん【凡】

[名・形動ごく普通であること。ありふれていること。また、そのさま。平凡。「凡ならざる才能


ぼん【凡】

常用漢字] [音]ボン(呉) ハン(漢) [訓]すべて およそ

[一]ボン

全体通じておしなべて。「凡百

一般的で特に目立たない。普通。「凡作凡人凡打凡退凡夫凡庸超凡非凡・平凡・平平凡凡

[二]ハン全体にわたるさま。あらまし。「凡例

名のり]ちか・つね・なみ

難読大凡(おおよそ)


はん【凡】

⇒ぼん


おぼ【凡】

形動ナリ⇒おお(凡)


おおし〔おほし〕【凡】

[副]おおよそ総じて

「―垣下(かいもと)あるじ、甚だ非常(ひざう)に侍りたうぶ」〈源・少女


おお〔おほ〕【凡】

形動ナリ《「おぼ」とも》

事物形状や人の心情などが、はっきりしないさま。ぼんやりしているさま。いいかげん。

佐保山を―に見しかど今見れば山なつかしも風吹くなゆめ」〈万・一三三三〉

事物の状態などが、他と比べて特に際立ていないさま。普通。

「吹く風も―には吹かず立つ波も和(のど)には立たぬ」〈三三三九〉


おお‐よそ〔おほ‐〕【大凡/凡】

【一】[名・形動

だいたいのところ。あらまし。「計画の―を説明する」

ひととおりであること。普通。

ひととせはいたく―にこそおもしろし見え給ひしか」〈宇津保・楼上上〉

【二】[副]

細部にこだわらず概略判断するさま。だいたい。大ざっぱに。およそ。「―一〇年ぐらい前」「事情は―見当がつく

話を切り出すときの言葉全体的にみて。一般に。いったい。そもそも。「―国家としての独立を望まない者はいまい」

→大体(だいたい)[用法]


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/08 17:21 UTC 版)

(ぼん)は、漢姓の一つ。




「凡」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/05/28 10:45 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「凡」の関連用語

凡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



凡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの凡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 Weblio RSS