凡才とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 凡才の意味・解説 

ぼん‐さい【凡才】

平凡で、特にすぐれたところのない才能また、そのような才能の人。


ぼん‐さい【凡才】

〔名〕 平凡な才能とりたててすぐれたところのない才能また、その人。凡材。

無名作家の日記(1918)〈菊池寛〉「一人天才生れる為に、百の凡才が苦しむ事が必要だ」〔楊巨源‐酬崔駙馬恵箋百張兼胎四韻詩〕


凡人

(凡才 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/23 00:28 UTC 版)

凡人(ぼんじん)とは、優れた性質や変わった性質を持たない人間のこと。庸人(ようじん)ともいう。凡人や庸人の『』『』は、「並」「普通」「平常」「平均的」「ありふれた」を意味する字である。


  1. ^ 本来、凡(=)と偉(=並外れる)、もしくは庸(=)と偉(=並外れる)が対義関係であって、偉は貴(=地位が高い)や崇(=道徳が高い)の同義語ではなく、賎(=地位が低い)や卑(=位置・態度・道徳が低い)は偉の対義語ではない。例えば、「偉人」と「貴人」は同義語ではなく、「偉業」と「賎業」は対義関係ではなく、「卑官」の対義語は「高官」であって「偉官」ではない。


「凡人」の続きの解説一覧



凡才と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「凡才」の関連用語

凡才のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



凡才のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの凡人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS