正本とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > 正本の意味・解説 

しょう‐ほん〔シヤウ‐〕【正本】

根拠となる原本

歌舞伎の上用脚本。役者のせりふや動作大道具小道具衣装音楽などを詳しく書いた筆写本台帳根本(ねほん)。

浄瑠璃説経節長唄などの詞章曲節の譜を記入した版本

太夫使用原本仮名遣い節付けが同じ浄瑠璃本

せいほん(正本)


せい‐ほん【正本】

権限のある者(裁判所書記官公証人など)が原本に基づき作成する謄本一種で、原本同一効力有するもの。

戸籍原本にあたるもの。

転写または副本原本。→正本(しょうほん)


正本

権限ある者によって原本から作成された謄本一つ原本効力を他の場所で発揮する必要がある場合原本同一効力有するものとして利害関係者付与される。


正本

読み方:ショウホン(shouhon)

芝居台本または台帳など。


正本

読み方:セイホン(seihon)

公文書謄本原本と同じ効力をもち、しかも法規によって特別に正本とよばれるもの。




正本と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「正本」の関連用語

正本のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



正本のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS