建川美次とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 軍人 > 建川美次の意味・解説 

建川美次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/15 07:50 UTC 版)

建川 美次(たてかわ よしつぐ、1880年明治13年)10月3日 - 1945年昭和20年)9月9日)は、日本陸軍軍人、外交官。最終階級陸軍中将栄典勲一等功四級




  1. ^ 同期にはのちの陸軍大将乃木希典の長男乃木勝典がいる。
  2. ^ 第二次世界大戦後の1957年(昭和32年)には同作を原作とする映画『日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里』が制作・公開された。
  3. ^ 山本七平 『私の中の日本軍 上』 文春文庫 [や-9-1] ISBN 4167306018、154-155p
  4. ^ 同期に寺内正毅元帥陸軍大将の長男、寺内寿一がいる。
  5. ^ 高橋正衛 『昭和の軍閥』 講談社学術文庫 1596 ISBN 978-4061595965、167p
  6. ^ 高橋、191p
  7. ^ 高宮太平 『軍国太平記』 中公文庫 [た-78-1] ISBN 978-4122051119、83p
  8. ^ 森島守人 『陰謀・暗殺・軍刀 ‐一外交官の回想‐岩波新書 F72(青版38) ISBN 4004150728、49p
  9. ^ 秦郁彦 『昭和史の謎を追う 上』 文春文庫 [は-7-4] ISBN 4167453045、66p
  10. ^ 斎藤良衛 『欺かれた歴史 松岡洋右と三国同盟の裏面』 中公文庫 ISBN 978-4122056701、212p
  11. ^ NHK取材班(編)『日本の選択〈7〉「満州国」ラストエンペラー』 角川文庫 ISBN 4041954096、107p
  12. ^ 緒方貞子 『満州事変 政策の形成過程岩波現代文庫 G252 ISBN 978-4006002527、109p
  13. ^ 前坂俊之 『太平洋戦争と新聞』 講談社学術文庫 1817 ISBN 978-4061598171、59p
  14. ^ 保阪正康 『陸軍良識派の研究 見落とされた昭和人物伝光人社NF文庫 [ほ-N-450] ISBN 978-4769824503、52p
  15. ^ 高橋正衛『二・二六事件』中公新書、61p
  16. ^ 半藤一利 編著 『「昭和」を振り回した6人の男たち』 小学館文庫 [Rは-11-1] ISBN 4094057617、94p。当該部分の執筆は土門周平
  17. ^ 清沢洌 橋川文三編 『暗黒日記 2』 ちくま学芸文庫 [キ-11-2] ISBN 4480087125、378p
  18. ^ 清沢洌 山本義彦編 『暗黒日記 1942-1945岩波文庫 青178-1 ISBN 4003317815、222p
  19. ^ 半藤一利+横山恵一+秦郁彦+原剛 『歴代陸軍大将全覧 昭和篇/太平洋戦争期中公新書ラクレ 340 ISBN 978-4121503404、163p
  20. ^ 斎藤、290p


「建川美次」の続きの解説一覧



建川美次と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「建川美次」の関連用語

建川美次のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



建川美次のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの建川美次 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS