宇野邦夫とは?

宇野邦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/20 04:24 UTC 版)

宇野 邦夫(うの くにお、1942年12月12日 - )は、日本政治家新進石川会長(第2代、第4代)。


注釈

  1. ^ 民主党への合流後も新進石川は県議会の会派として存続している。
  2. ^ 民主党離党後も、県議会の会派としては引き続き新進石川に籍を置いており、一時は県議会で唯一の新進石川の所属議員だった。その後、2014年に新谷博範が新進石川に復帰し、これを受けて宇野は会長職を新谷に譲った。
  3. ^ この年の県議会議員選挙に新谷が出馬せず県議員を引退したため、新進石川の会長に復帰する。

出典

  1. ^ a b c 宇野県議が辞職 運動員ら選挙違反で引責”. 中日新聞. 中日新聞社 (2015年7月18日). 2015年8月14日閲覧。
  2. ^ 馳浩 (2001年5月15日). “はせ日記 平成13年5月15日(火)”. 2015年1月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e プロフィール”. 石川県議会議員 宇野邦夫. 2015年1月25日閲覧。
  4. ^ a b 民主、議席死守に全力”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞社 (2013年5月3日). 2015年1月25日閲覧。
  5. ^ (思惑 2014知事選)民主 「いまは遠心力が働いている」 /石川県”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年2月20日). 2015年1月25日閲覧。
  6. ^ 2013参院選:各陣営、動き本格化 現職と4新人予定 /石川”. 選挙毎日. 毎日新聞社. p. 1 (2013年6月29日). 2015年1月25日閲覧。
  7. ^ 2013参院選:各陣営、動き本格化 現職と4新人予定 /石川”. 選挙毎日. 毎日新聞社. p. 2 (2013年6月29日). 2015年1月25日閲覧。
  8. ^ 2013参院選:夏の決戦、振り返る 最後まで関心高まらず 自民圧勝、知事選への影響は? /石川”. 選挙毎日. 毎日新聞社. p. 2 (2013年7月23日). 2015年1月25日閲覧。
  9. ^ 『「かち殺せ」発言、宇野県議は撤回・謝罪を 辰巳ダム原告団代表ら申入書』朝日新聞2008年5月28日朝刊石川全県・1地方 26ページ 2015年10月19日閲覧


「宇野邦夫」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宇野邦夫」の関連用語

宇野邦夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宇野邦夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇野邦夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS