山本悟_(侍従長)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 山本悟_(侍従長)の意味・解説 

山本悟 (侍従長)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/26 15:56 UTC 版)

山本 悟(やまもと さとる 1925年7月14日 - 2006年12月17日)は、日本の官僚総理庁自治省から宮内庁次長1978年 - 1988年)に転じ、侍従長1988年 - 1996年)を務めた。




  1. ^ 「山本悟さん 戦後6代目の侍従長(ひと)」『朝日新聞』1988年4月14日付朝刊。
  2. ^ a b 「初のオク務め、自然体で――侍従長になった山本悟氏(登場)」『日本経済新聞』1988年4月14日付朝刊。
  3. ^ 秦郁彦編(2001)『日本官僚制総合辞典1868 - 2000』東京大学出版会。
  4. ^ 秦郁彦編(2002)『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会。
  5. ^ 「宮内庁人事、官邸との連携緊密化――「オモテ」と「オク」一体化も」『日本経済新聞』1988年4月12日付夕刊。
  6. ^ a b 「山本悟氏(宮内庁前侍従長)死去 昭和・平成期の8年半」『読売新聞』2006年12月18日付。
  7. ^ a b 「[追悼抄]12月 前侍従長・山本悟さん 昭和から平成…18年仕え」『読売新聞』2007年1月9日付。
  8. ^ 「昭和から平成見守り18年 退任の山本侍従長」『読売新聞』1996年12月10日付。
  9. ^ 「式部官長に苅田氏、新侍従長に渡辺氏決定」『日本経済新聞』1996年12月10日付夕刊。
  10. ^ 「勲一等、13人に親授式 車いすの山本元侍従長らへ陛下から勲章」『読売新聞』1997年11月5日付。
  11. ^ 『官報』1908年5月22日付、15ページ。
  12. ^ 歴史が眠る多磨霊園 山本悟
  13. ^ 「山本君代さん死去」『朝日新聞』2005年9月25日付朝刊。


「山本悟 (侍従長)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山本悟_(侍従長)」の関連用語

山本悟_(侍従長)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山本悟_(侍従長)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山本悟 (侍従長) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS