2006_ワールド・ベースボール・クラシックとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 2006_ワールド・ベースボール・クラシックの意味・解説 

2006 ワールド・ベースボール・クラシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 00:45 UTC 版)

2006 ワールド・ベースボール・クラシック英語: 2006 World Baseball Classic)は、野球の世界一決定戦[1][2][3]ワールド・ベースボール・クラシック(以下、WBC)の第1回大会で、2006年3月3日から3月20日の間に行われた。この大会では日本代表が優勝を遂げ、WBCの初代王者となった。




  1. ^ 朝日新聞社発行「知恵蔵」web版http://kotobank.jp/dictionary/chiezo/
  2. ^ スポーツナビ WBCとは
  3. ^ 共同通信ニュース特集 ワールド・ベースボール・クラシック右欄「WBCとは」参照
  4. ^ World Baseball Classic Tournament Rules and Regulations "POOL PLAY AND TIE-BREAKING PROCEDURES"”. 2013年3月1日閲覧。
  5. ^ 치로, ‘30년 발언’은 어떻게 된 거야? [リンク切れ]、東亜日報 2006年3月7日
  6. ^ 日언론 '이치로 30년 발언에 韓 발끈' [リンク切れ]、スポーツソウル 2006年2月28日
  7. ^ 2006年3月19日 準決勝:日本-韓国。日本の6点リードで迎えた9回表はイチロー外野手(シアトル・マリナーズ)の三塁邪飛にて攻撃を終えた。この際、途中出場した韓国の鄭成勲三塁手(現代ユニコーンズ)がボールをキャッチした後にしばらくボールを持ったまま走り、ベンチに戻るイチローとすれ違うタイミングでその足元にボールを放り投げた。これらの行動は偶然の結果だとも考えられるが、ボールを保持したまま相当の距離を走っていること、試合前からの韓国サイドによるイチローへの敵対心等から、故意の行動だとの疑惑が持たれた。WBCの公式メディアであるESPNの解説者は中継時、「高校生フットボール選手のような行動だ」と強く非難した。日本のメディアの中では一部新聞が翌日の朝刊で取り上げ、それまでの経緯も含めて報道した。
  8. ^ 同試合で、福留孝介が先制2点本塁打を打った直後の打席についた小笠原道大に対して金炳賢が投げた1球目がデッドボールとなり、審判は金炳賢に対し警告を出した。
  9. ^ この翌日に行われるアメリカ-メキシコ戦で、メキシコが2点以上取って勝利すればという可能性はあったが、当のメキシコチームですら試合前日にディズニーランドで遊んでいた程、事前予想では圧倒的にアメリカ有利と見られていた。
  10. ^ こじへい (2017年3月22日). “イチローの「30年発言」から生まれた因縁……激闘だった第1回WBCの韓国戦(2/3)”. エキサイトニュース. 2020年1月7日閲覧。
  11. ^ 『number』2006年4月号より


「2006 ワールド・ベースボール・クラシック」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2006_ワールド・ベースボール・クラシック」の関連用語

2006_ワールド・ベースボール・クラシックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



2006_ワールド・ベースボール・クラシックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2006 ワールド・ベースボール・クラシック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS