落花生とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > ナンキンマメ > 落花生の意味・解説 

落花生

読み方:らっかせい
別表記:ナンキンマメ南京豆地豆唐人豆異人豆

栄養価の高い食用豆の一種。殻は、中央部分くびれており表面網状になっている。なお、ピーナッツ食用とする種子部分のみを指すことが多い。
節分際には、東北地方北海道鹿児島などで落花生やピーナッツ福豆代わりに豆撒きの豆として用いられることがある

らっか‐せい〔ラククワ‐〕【落花生】


ラッカセイ

ラッカセイ
科名 マメ科
別名: ナンキンマメ・ピーナツ
生薬名: -
漢字表記: 落花生
原産 南米
用途 南米アンデス高原原産地とされる一年草夏から秋開花した後、子房下の地中伸び果実つきます地中にできたの中の種子がラッカセイで、油を抽出して食用に。また、茹でて食べたり加工してジャムなどにします。
学名: Arachis hypogaea L.
   

らっかせい (落花生)

マメのほかの用語一覧
ヤハズソウ:  矢筈草
ヤブマメ:  藪豆
ヨウラクポク:  瓔珞木
ラッカセイ:  落花生
ラブルヌム:  金鎖
ルピナス:  ブルーボネット  ルピナス

落花生

読み方:ラッカショウ(rakkashou), ラッカセイ(rakkasei)

ナンキンマメの別称。
マメ科一年草薬用植物

学名 Arachis hypogaea


落花生

落花生の原産地は、南米アンデス山麓です。日本へは江戸時代宝永年間)に中国から渡来し南京豆の名が付きましたが、その当時は普及しませんでした。なお、沖縄では、かなり古くから栽培されていたようです日本本格的な栽培始まったのは、明治7年政府アメリカから種子導入して奨励してからで、現在も、関東以西千葉県中心に茨城県神奈川県などで「千葉半立(ちばはんだち)」、「ナカテユタカ」などの風味食味良い品種が栽培されています。また、中国南アフリカ米国などから輸入されています。
落花生は脂質多量に含むことから国際的に大豆ヒマワリに次ぐ重要な油料作物となっていますが、国産の落花生はほとんどが食品用です。最もポピュラーなのは煎った落花生で、つき、なし、味つき皮なしバターピーナッツなどがありますこのほか味付け茹(ゆ)で豆、塩蒸しおむし)、煮豆料理用のピーナッツパウダー、せんべい豆腐味噌甘納豆ピーナッツバターなど、多彩な用途を持ってます。

落花生

読み方:ラッカセイ(rakkasei)

花が終わると子房伸びて地中にはいりとなる珍し習性のある豆類

季節

分類 植物


落花生

読み方:ラッカショウ(rakkashou)

作者 壷井栄

初出 昭和27年

ジャンル 小説


ラッカセイ

(落花生 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/23 05:18 UTC 版)

落花生(ラッカセイ、 学名: Arachis hypogaea; 英語: peanut [注 1]または groundnut)は、マメ亜科ラッカセイ属の一年草。花が終わると地中に潜ってサヤをつける。食用にされる種子は別名ナンキンマメ(南京豆)、ピーナッツともいい、栄養価が高い。


注釈

  1. ^ 英語発音: [ˈpiːnʌt]日本語では英語からの外来語カタカナで「ピーナッツ」または「ピーナツ」と表記。英語で「peanut」は、この植物全体を指しうるが、日本で「ピーナッツ」は、専らこの植物の種子部分(特に、食用のそれ)を指していることが多い。
  2. ^ 大正10年に神奈川県秦野市曽屋原に軍の飛行場が建設されることとなり、10月上旬に収穫が強制されたものを塩水につけて茹でたところ味がよかったので、だんだんと神奈川県西部地域に広がった。軍が生んだ産品ともいえる。

出典

  1. ^ Linnaeus, Carolus (1753) (ラテン語). Species Plantarum. Holmia[Stockholm]: Laurentius Salvius. p. 741. https://www.biodiversitylibrary.org/page/358762 
  2. ^ a b c d e f g h i j 主婦の友社編 2011, p. 110.
  3. ^ a b c d e f g h 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 137.
  4. ^ peanut”. Wiktionary. 2022年4月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e ジョンソン 1999, p. 125-131.
  6. ^ 『落花生 栽培手引き』p47、2010年3月、相州落花生協議会。同時期に神奈川県二宮町の二見庄兵衛も「南京豆」の種子を入手し、試作した。後年、この中から立性種を選別した。
  7. ^ a b 『落花生 栽培手引き』(2010年3月、相州落花生協議会)p.48
  8. ^ ジョンソン 1999, p. 133-136.
  9. ^ a b c 主婦の友社編 2011, p. 111.
  10. ^ 「情報:農と環境と医療 47号」北里大学学長室通信 No.47(2009年2月1日)
  11. ^ ピーナツは皮ごと食べよう:視的!健康論~眼科医坪田一男のアンチエイジング生活~読売新聞/ヨミドクター(2010年10月21日)
  12. ^ ピーナッツ摂取と脳卒中および虚血性心疾患発症との関連 JPHC Study 多目的コホート研究、 独立行政法人国立がん研究センター
  13. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  14. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  15. ^ USDA栄養データベース アメリカ合衆国農務省
  16. ^ http://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/search/
  17. ^ [『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007]
  18. ^ 「みそピー」物語”. 日の出味噌ホームページ. 2018年10月20日閲覧。
  19. ^ KERI BLAKINGER Quebec woman opens up about daughter’s tragic death after allergic reaction from kissing boyfriend who ate peanut butter sandwich Daily News2016年6月13日
  20. ^ a b c d e f g 主婦の友社編 2011, p. 112.
  21. ^ 高橋芳雄「落花生の連作害に関する研究」『千葉県農業試験場研究報告』第11号、千葉県農業試験場、1971年3月、 1-12頁、 ISSN 0577-6880
  22. ^ a b c d e f 主婦の友社編 2011, p. 113.
  23. ^ FAOによる生産統計(2004年)
  24. ^ FAOによる輸出統計(2004年)
  25. ^ FAOによる輸入統計(2004年)
  26. ^ 27年産豆類(乾燥子実)及びそばの収穫量(全国農業地域別・都道府県別)」『作物統計』農林水産省、2016年
  27. ^ 千葉県農林総合研究センター・落花生研究室(2018年7月26日閲覧)
  28. ^ 落花生新品種は「Qなっつ」千葉県、10年ぶり/甘み強く後味あっさり■秋デビュー『日本経済新聞』朝刊2018年7月20日(首都圏経済面)2018年7月26日閲覧
  29. ^ 幻の「遠州半立」復活/静岡・浜松市 ピーナッツバターが評判/1904年万博で世界一 荒廃農地から発見日本農業新聞』2021年9月7日13面(同日閲覧)
  30. ^ 千葉県では、2019年に新種「千葉P114号」を「Q(きゅー)なっつ」と命名した(県育成落花生「Qなっつ」について”. 千葉県 (2020年2月27日). 2021年11月10日閲覧。)。
  31. ^ 農林水産省年報 第2章 国際部


「ラッカセイ」の続きの解説一覧

落花生

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 05:38 UTC 版)

名詞

落花  (らっかせい)

  1. マメ目マメ科ラッカセイ属属す一年草一種学名:Arachis hypogaea。別名、南京豆。実はピーナツとして食用にされる。

翻訳


「落花生」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



落花生と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「落花生」の関連用語

落花生のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



落花生のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2023, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2023 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本豆類基金協会日本豆類基金協会
Copyrights:(c) 2023 (財)日本豆類基金協会 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラッカセイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの落花生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS