名産とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 産物 > 名産の意味・解説 

めい‐さん【名産】

読み方:めいさん

その土地名高い産物


特産品

(名産 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 09:34 UTC 版)

特産品(とくさんひん)とは、ある特定の地域でのみ生産されたり、収穫される物品のことで、その地域を代表し、その土地の気候風土を生かした物品のことをいう。特産物(とくさんぶつ)、名産品(めいさんひん)、名物(めいぶつ)ともいう。


  1. ^ フライビンズのおいたち全国フライビンズ組合連合会
  2. ^ 奈良晒について本麻奈良晒織元 岡井麻布商店
  3. ^ 銅の匠 技と心を知る
  4. ^ ご存じですか?Eマークの意味”. 食品産業センター. 2019年2月17日閲覧。
  5. ^ Eマーク認証のしくみ”. 食品産業センター. 2019年2月17日閲覧。
  6. ^ あなたの地域のEマーク”. 食品産業センター. 2019年2月17日閲覧。


「特産品」の続きの解説一覧

名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 03:30 UTC 版)

廬山」の記事における「名産」の解説

廬山特産品としては雲霧)が有名での多い冷涼な気候良い育てている。

※この「名産」の解説は、「廬山」の解説の一部です。
「名産」を含む「廬山」の記事については、「廬山」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 07:41 UTC 版)

桑名宿」の記事における「名産」の解説

江戸時代後期幕府道中奉行所五街道の全宿駅調査記録した宿村大概帳によれば、「桑名宿雑之部」に「一、此宿時雨蛤白魚・干白魚名物なり、」との記載があり桑名宿主な名物としてはまぐり)、白魚しらうお)を挙げることができる。「桑名市#名産」も参照のこと。 焼き蛤か煮時雨蛤)として食されることが多かった。主に焼き蛤即席で旅人供され時雨蛤土産物として売られていた。 白魚 桑名萬古焼

※この「名産」の解説は、「桑名宿」の解説の一部です。
「名産」を含む「桑名宿」の記事については、「桑名宿」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 16:04 UTC 版)

つるぎ町」の記事における「名産」の解説

半田素麺 ゆず ほし

※この「名産」の解説は、「つるぎ町」の解説の一部です。
「名産」を含む「つるぎ町」の記事については、「つるぎ町」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 01:25 UTC 版)

ポー」の記事における「名産」の解説

古い都市であり、フォアグラコンフィカスレ鵞鳥や豚などの肉とインゲン豆煮たシチュー)、プール・オ・ポ(鶏肉ポトフ)、ガルビュール(ポタージュ・ガルビュールとも。キャベツ鵞鳥主材料とするシチュー)などの名産品名物料理でも知られる

※この「名産」の解説は、「ポー」の解説の一部です。
「名産」を含む「ポー」の記事については、「ポー」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 21:07 UTC 版)

三依村」の記事における「名産」の解説

そば国道121号は「三依そば街道」と呼ばれている。

※この「名産」の解説は、「三依村」の解説の一部です。
「名産」を含む「三依村」の記事については、「三依村」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 08:14 UTC 版)

ナビア・デ・スアルナ」の記事における「名産」の解説

セブレイロ - PDOチーズ

※この「名産」の解説は、「ナビア・デ・スアルナ」の解説の一部です。
「名産」を含む「ナビア・デ・スアルナ」の記事については、「ナビア・デ・スアルナ」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 14:24 UTC 版)

ロカマドゥール」の記事における「名産」の解説

ヤギ生乳によって作られる小さなチーズロカマドゥールAOC登録されている。

※この「名産」の解説は、「ロカマドゥール」の解説の一部です。
「名産」を含む「ロカマドゥール」の記事については、「ロカマドゥール」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/26 12:39 UTC 版)

エクス=アン=プロヴァンス」の記事における「名産」の解説

カリソン・デクス(Calissons d'Aix) 15世紀半ば以来この地の名を冠した特産品昔から特産であったアーモンド細かく挽いたものと砂糖漬けメロンペースト混ぜ合わせたものを菱形の型に入れグラスロワイヤル呼ばれる砂糖卵白混ぜ合わせたもので糖衣施したコイン大のお菓子プロヴァンス地方クリスマス食べられる13のデザート代表格である。1995年より毎年エクス旧市街マザラン地区にあるサン・ジャン・ド・マルト教会マルタ騎士団教会)でカリソン祝福が行われている。当地カフェコーヒーを頼むと、サービス供される店もある。

※この「名産」の解説は、「エクス=アン=プロヴァンス」の解説の一部です。
「名産」を含む「エクス=アン=プロヴァンス」の記事については、「エクス=アン=プロヴァンス」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 00:47 UTC 版)

姶良市」の記事における「名産」の解説

帖佐人形 粘土を型に入れて素焼きし、彩色した人形である。昭和初め頃一度は途絶えていたが1965年昭和40年)に復活し西餅田生産されており、その素さを評価されている。 蒲生和紙 1645年正保2年)から、殖産興業政策進めた家老島津久通の命で、地域郷士副業として製紙技術習得させ、その紙を納付させて藩の専売したものである。 加治木饅頭 加治木町中心部などで複数店舗販売している蒸し饅頭である。 龍門焼 島義弘文禄・慶長の役朝鮮出兵に際して連れ帰った陶工始めた薩摩焼一種蒲生紅茶 蒲生風土茶の栽培適していたことから紅茶栽培以前から行われていたが、海外からの輸入押されて昭和40年代には一度衰退していた。これを再興し特産品としたのが蒲生紅茶である。 芋焼酎 姶良市内では脇元白金酒造加治木町諏訪町のさつま司酒造の2社が芋焼酎生産している。かつては帖佐醸造鍋倉所在していたが、霧島市工場移転し霧島横川酒造となっている。白金酒造石蔵は国の登録有形文化財に登録されている白金酒造ウェブサイト

※この「名産」の解説は、「姶良市」の解説の一部です。
「名産」を含む「姶良市」の記事については、「姶良市」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 06:35 UTC 版)

坂出市」の記事における「名産」の解説

ところてん八十場参考名物かまど和菓子醤油 - 鎌田醤油本社あり。

※この「名産」の解説は、「坂出市」の解説の一部です。
「名産」を含む「坂出市」の記事については、「坂出市」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 08:37 UTC 版)

喜多方市」の記事における「名産」の解説

の街」と知られており醸造多く日本酒味噌醤油醸造盛んである

※この「名産」の解説は、「喜多方市」の解説の一部です。
「名産」を含む「喜多方市」の記事については、「喜多方市」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 06:39 UTC 版)

下津町」の記事における「名産」の解説

温州みかん チェリモヤ ビワ シラス 海岸沿い釣り名所多く釣り客で賑わう。

※この「名産」の解説は、「下津町」の解説の一部です。
「名産」を含む「下津町」の記事については、「下津町」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 06:58 UTC 版)

白石市」の記事における「名産」の解説

白石温麺うーめん白石和紙 白石葛 弥治郎こけし 干し柿枯露柿ヘビトンボ - 幼虫を「孫太郎虫」と呼び子供疳の虫として利用する乳製品 このうち白石温麺白石和紙白石葛3品目を合わせて白石三白さんぱく)」と呼ぶ場合がある白石温麺 弥治郎こけし

※この「名産」の解説は、「白石市」の解説の一部です。
「名産」を含む「白石市」の記事については、「白石市」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 15:20 UTC 版)

福島市」の記事における「名産」の解説

食品 モモ) - 年間生産量13700t(平成14年度)で全国有数の生産量福島市代表する名産品ナシ) - 日本全国1位生産量を誇る、福島市代表する名産品のひとつ餃子 - フライパン円盤状に焼くのが特徴夜間営業の店が多い。 ラヂウム玉子 - 飯坂温泉作られる温泉卵日本国内初めラジウム存在確認されたことに因み命名ラジウム成分含まれていない凍豆腐 - 立子山地域つくられる。 みそばん - 駒田屋が元祖みそばんの店舗である。 麦せんべい - 福島市発端お菓子とされ太陽堂のものが有名。 信夫山柚子 - 江戸時代中期より栽培され長年北限柚子」として知られた近年温暖化の影響秋田県及び岩手県付近北限となっている。 日本酒 - 福島市唯一の酒造メーカー金水晶酒造店日本酒知られている工芸品 こけし(土湯系) - こけし発祥地のひとつ福島代表する郷土玩具

※この「名産」の解説は、「福島市」の解説の一部です。
「名産」を含む「福島市」の記事については、「福島市」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 09:03 UTC 版)

桑名市」の記事における「名産」の解説

はまぐり焼き蛤時雨蛤酒蒸しなどとして食され、「その手は桑名の焼き蛤」(「その手喰わない」と「桑名の(名物の)焼き蛤」を掛けたもので、「その手にはひっかからない」ことを意味する。)という言葉遊び地口)があるほど全国的に有名である松尾芭蕉おくのほそ道終わった大垣を発つときに「のふたみにわかれ行く秋ぞ」という句を残している。また、桑名貝殻は、漆喰藍染め等の原料となる貝灰貝焼灰)として全国的に輸送販売されていたほか、色彩美しいことでも有名で貝合わせや貝絵や膏薬容器のための加工用として珍重された。 現在、日本で「」の名称で流通消費されているものの多くは、別種シナであるが、桑名市は、(本学名 Meretrix lusoria)が獲れる日本数少ない漁場一つとなっている。主な漁場木曽三川河口域で、淡水海水程よく混ざった汽水域になっており、生育最適な肥沃広大な干潟形成されている。この環境下で育った桑名」は大型かつ美味上質となり、条件良いものは生食せいしょく)も可能となる桑名全国的に有名になったのは、桑名交通の要衝であったことに加え上記のように良質の採れたことが理由であると考えられている。 遺跡貝塚)の発掘調査貝殻出土しており、古墳時代から鎌倉時代の頃には、現在の桑名市食されていたことが確認されている。桑名の名産として全国的に認知されようになったのは江戸時代頃からと考えられる木曽三川河口域獲れた桑名歴代将軍献上するのが慣例となっていた。江戸時代初期に河口域漁村存在した記録残っているが、漁村漁は盛況で、貝殻地面厚く覆われるほどであった江戸時代後期滑稽本東海道中膝栗毛』では、「…熱田神の慈眼(みそなは)す、七里のわたし浪ゆたかにして来往渡船難なく桑名につきたる悦びのあまり、めいぶつ焼蛤に酒くみかはして、…」と、宮宿から船で桑名宿に渡って来た主人公弥次郎兵衛と喜多八が、早速、名物焼き蛤楽しむ様が描かれている。当時焼き蛤時雨蛤桑名宿名物とされ、焼き蛤即席で旅人供され時雨蛤土産物として売られていた。さらに、桑名宿から富田立場にかけて街道沿いでは、焼き蛤食べさせる店が多数軒を連ねて繁盛していた。 地年間漁獲高は、ピーク時には約3,000トン日本一誇ったが、1995年には過去最低の0.8トン記録した近年漁獲高は、資源管理稚貝放流栽培漁業)によって回復傾向にあり、2000年19トン2001年15トン2002年16トン2003年20トン2004年62トン2005年52トン2006年47トン2007年95トン2008年140トンとなっている。焼き蛤など料理提供する店は多数あるが、代表的な老舗例としては、「料理旅館 山月」(船馬町脇本陣駿河屋」跡)、「」(南魚町)、「割烹 みくに」(川口町)などが挙げられる焼き蛤の伝統的調理方法 江戸時代桑名周辺では、焼き蛤松かさ燃やして加熱することで調理されていた。葛飾北斎浮世絵桑名 四日市三里八丁』などにその様子が描写されている。この調理法では、松脂含んでいるために火力が強い松かさ覆い蝶番ちょうつがい)を切ってから加熱するため、殻が開くことなく短時間で調理できるこのため一般的な調理方法よりも柔らかく蒸しあがる。なお、NHKの「ためしてガッテン」ではこの調理方法紹介され桑名市でこの再現され焼き蛤住民披露されたがその味は住民からは好評であった時雨蛤しぐれはまぐり佃煮一種時雨煮ボイルしたむき身を、生引溜(きびきたまり)を沸騰させたハソリ(大鍋)に入れ、「浮かし煮」と呼ばれる独特な方法煮て調理するその際風味付け刻んだ生姜加える。時雨蛤にすることで保存性高まり土産物として高い人気誇った。もとは「煮(にはまぐり)」と呼ばれたが、松尾芭蕉高弟各務支考が「時雨蛤」と名付けたと言われている。 騒ぎ唄広く宴席でうたう歌)の『桑名の殿様』で、「桑名の殿様時雨茶々漬」と歌われ有名である。なお、この唄に出てくる「桑名の殿様」とは、桑名藩主のことではなく明治から大正にかけて米相場儲けた桑名大旦那衆(お大尽成金)のことである。東京料亭盛大な酒宴行い芸者衆と大い遊んだ桑名大旦那衆が、宴会最後に時雨蛤茶漬け食べた様を唄にしたのが、『桑名の殿様』である。この唄は神宮式年遷宮御木曳木遣唄一種である『松前木遣り』がお座敷唄化したものと考えられている。ちなみに、この唄の「~の殿様~で茶々漬け」のフレーズは、日本各地その土地名物、名産を読み込ん替え唄となって楽しまれた。 『桑名の殿様』の歌詞 桑名殿さま ヤンレー ヤットコセー ヨーイヤナ 桑名の殿さん 時雨茶々漬(ちゃちゃづけ) ヨーイトナー アーレワ アリャリャンリャン ヨイトコ ヨイトコナーあれは当麻(たいま)の あれは当麻中将姫だよ泣き泣き入れるは 泣き泣き入れるは 六条さん賽銭箱源氏白旗 平家赤旗 天保山てんぽうざん)は沖の旗やれ出るそれ出る やれ出るそれ出る 矢橋(やばせ)の舟だよ 白魚紅梅煮(しろうおこうばいに) 安永餅 つぶ餡(あん)の入った細長く平らな焼餅。「ともち」、「牛の舌もち」とも称された。桑名代表的銘菓で、江戸時代から安永立場安永)において桑名宿往来する旅人などに人気を博し、茶店で、または土産物として広く親しまれた。現在、安永餅製造販売する店は2つあり、「永餅老舗」(1634年創業)と「安永餅本舗 柏屋」である。桑名隠居していた松平定信楽翁公)が非常時食糧として安永餅考案したという伝承がある。しかし、安永餅同形態の餅を食する文化桑名から四日市鈴鹿にかけて広く分布しており、創業当時史料残っていないため、安永餅発祥は、はっきりしていない蛤志るこはまぐりしるこ) 桑名特産模した懐中汁粉形状最中割って湯をかけて溶くと即席で汁粉ができる。 アイス饅頭 饅頭模した小豆中に入った氷菓マルマン京町)、末廣屋深谷町)、寿恵広三ツ矢橋)などが製造販売している。特に寿恵広知名度高く1950年からアイス饅頭製造開始しデパートスーパーおかげ横丁伊勢市)、インターネット通販などによって全国的に販売行っている。 なばな アブラナ一種若芽食用にするもの。長島町は「なばな発祥の地」である。 八壺豆多度豆大豆きな粉砂糖水練り合わせ白砂糖まぶした豆菓子多度大社門前町土産菓子として親しまれている紅梅焼 多度紅梅かたどった山椒風味堅焼き煎餅八壺豆とともに多度大社門前町土産菓子として親しまれている都饅頭 表面黒ごまちりばめられこし餡入った焼き饅頭桑名市発祥とされる比較的、日持ちすることもあって、贈答仏事の品として、よく利用される鯉料理 江戸時代創業鯉料理専門店大黒屋」(多度町柚井)が有名である池波正太郎お忍びで食事訪れたことがあり、自身のエッセイでこの店の鯉こく賞賛している。 手延べうどん 手延べ方式作られる干し麺の一種冬期に、伊吹おろし鈴鹿おろし)と呼ばれる寒冷で乾燥した強風吹きつける桑名風土利用して乾燥・熟成して作られる桑名隠れた特産品で、麺のまろやかな舌ざわり透き通るほどの色と艶が特徴とされるしぐれ肉巻きおにぎり 時雨あさりを用いた時雨ご飯を、豚肉巻いて作るおにぎり2010年に、桑名新名物を決める「くわなめしグランプリ」の優勝作品となり、桑名市新しご当地グルメとなった

※この「名産」の解説は、「桑名市」の解説の一部です。
「名産」を含む「桑名市」の記事については、「桑名市」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 22:56 UTC 版)

弥彦村」の記事における「名産」の解説

玉兎 (土産菓子) 日本酒「こしのはくせつ」(弥彦酒造カレー豆。 パンダ焼き全国商工会連合会主催ニッポン全国物産展ニッポン全国ご当地おやつランキング2010年グランプリ) イカメンチ

※この「名産」の解説は、「弥彦村」の解説の一部です。
「名産」を含む「弥彦村」の記事については、「弥彦村」の概要を参照ください。


名産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/30 18:39 UTC 版)

イズニク」の記事における「名産」の解説

en:İznik pottery」も参照 オスマン帝国時代イズニク歴史にもっとも名を残した点は、イズニク陶器生産地としてである。イズニク陶器胎土表面白土化粧土施し下絵着彩したうえに透明の釉薬塗り焼成したもので、14世紀頃から作られるようになった模様この頃モンゴル帝国を通じて西アジア盛んに輸入されるようになった中国染付影響を受け、白地美しさ生かしたコバルトブルー描かれるようになり、15世紀以降ターコイズブルーや緑、紫、赤などの多色着彩を行うようになって模倣越えた独自の発展遂げたイズニク陶器16世紀最盛期迎え様式化された独特の植物模様や花の模様描かれイスタンブール中心とするオスマン帝国宮廷社会もてはやされた。トプカプ宮殿をはじめこの時代イスタンブール建設され宮廷モスク壁面イズニク製のタイル美しく飾られ都市の景観彩り与えた。 しかし17世紀後半以降イズニク陶器生産衰え18世紀北西アナトリアにおける主たる産地キュタヒヤ譲ったオスマン帝国末期からトルコ共和国初期には人口1万人を割りこれといって目立たない地方都市となっている。20世紀後半にはトルコ全体人口増加にともない人口漸増し、地元出身の若い陶芸家によって新しイズニク陶器作り出してこうとする運動試みられ始めている。

※この「名産」の解説は、「イズニク」の解説の一部です。
「名産」を含む「イズニク」の記事については、「イズニク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「名産」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「名産」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



名産と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「名産」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

名産のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



名産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの特産品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの廬山 (改訂履歴)、桑名宿 (改訂履歴)、つるぎ町 (改訂履歴)、ポー (改訂履歴)、三依村 (改訂履歴)、ナビア・デ・スアルナ (改訂履歴)、ロカマドゥール (改訂履歴)、エクス=アン=プロヴァンス (改訂履歴)、姶良市 (改訂履歴)、坂出市 (改訂履歴)、喜多方市 (改訂履歴)、下津町 (改訂履歴)、白石市 (改訂履歴)、福島市 (改訂履歴)、桑名市 (改訂履歴)、弥彦村 (改訂履歴)、イズニク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS