信楽焼とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 陶器 > 信楽焼の意味・解説 

しがらき‐やき【楽焼】

信楽地方から産する陶器鎌倉初期のころ成立室町時代茶の湯勃興(ぼっこう)とともに注目された。現在は雑器から茶器までが作られる。

信楽焼の画像
狸の置物が有名

しがらき‐やき【信楽焼】

〔名〕 滋賀県信楽地方で焼かれる陶器起源不明平安末・鎌倉初期には行なわれたようだが、遺物はほとんど室町以降のもの。室町時代茶の湯流行とともに信楽雑器取り上げられ、茶器花器なども作るようになった。白い長石粒がまじり、膚が薄柿色焼き上がった荒い風合いが賞された。近年は、植木鉢庭園セット置物などが主。しがらき。〔万宝全書(1694)〕


信楽焼

【工芸品名】
信楽焼
【よみがな】
しがらきやき
【工芸品の分類】
陶磁器
【主な製品】
花器食器傘立置物植木鉢庭園用品
【歴史】
天平時代聖武天皇紫香楽宮しがらきのみや)を造るにあたって、瓦を焼いたのが始まりといわれ、日本六古窯1つ数えられています。鎌倉時代には水がめ種壷が作られ、室町安土桃山時代には茶道具生産が盛んとなり、多く名品生まれました。
江戸時代には登り窯によって、茶壷をはじめ多種多様な生活雑器が作られました。大正時代から第二次大戦前までは火鉢主力商品でしたが、現在では生活に根ざしたタイル花器食器置物等、土の持つ味わいを生かした製品が作られています。
【主要製造地域】
滋賀県
【指定年月日】
昭和50年9月4日
【特徴】
陶土特性を生かした大物陶器多く作られています。登り窯穴窯を使って焼くため、窯の中で素地表面に、燃やしているの灰が付いて溶け釉薬ゆうやく)の役割りを果たす自然釉(しぜんゆう)や、陶器表面現れる火色」と呼ばれる赤いまだら模様焼けから出る灰が落ち表面に溶け付く「灰かぶり」等の特徴あります。素な土の味わいポイントです。

信楽焼

読み方シガラキヤキ

滋賀県甲賀郡信楽町中心として中世から現代まで焼かれる陶磁器通称長石を含んだ白色信楽胎土良質で、高火度酸化炎により焦げ赤褐色堅い焼締め肌になり、本来は無釉だが、焼成中にの灰がかかる自然釉淡黄、緑、暗褐色などを呈し器物景色を豊かにする。また、水簸をおこなわない胎土中の粗い長石粒が溶けて乳白色ツブツブになる景色も信楽焼の一つ特徴となっている。特に茶人武野紹鴎は信楽焼を愛好し、茶器を焼かせ、また、千利休は自らの意匠による利休信楽作り桃山期には信楽焼による茶道具優品制作された。

信楽焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 04:58 UTC 版)

信楽焼(しがらきやき)は、滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる陶器で、日本六古窯のひとつに数えられる。一般にはの置物が著名であるが、後述のように多様な発展を遂げている。


  1. ^ 信楽”. 六古窯日本遺産活用協議会. 2019年6月26日閲覧。
  2. ^ 甲賀市史 第8巻 甲賀市事典. 甲賀市. (2016年12月12日). pp. 390-393 
  3. ^ 他抜く愛敬 名陶の里 信楽高原鉄道”. 朝日新聞社DIGITAL. 2019年7月5日閲覧。
  4. ^ 信楽陶器”. 滋賀県 (2008年8月19日). 2013年9月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月25日閲覧。
  5. ^ 「信楽焼二割安 生産も昨年の約七割」『日本経済新聞』昭和25年12月8日3面
  6. ^ 朝日新聞2019年10月28日朝刊、天声人語
  7. ^ 朝ドラ『スカーレット』の原点。信楽の火と土が、ここまで私を生かしてくれた〈神山清子の半生・後編〉 婦人公論 2019年11月15日、2019年12月15日閲覧
  8. ^ 近代化産業遺産群33. 経済産業省. (2007). https://www.meti.go.jp/policy/local_economy/nipponsaikoh/pdf/isangun.pdf 
  9. ^ 衛藤達生; 金澤恵子 (2017年1月29日). “日本遺産認定、県内から2件 忍びの里、甲賀・三重県伊賀 きっと恋する六古窯、甲賀など6市町 /滋賀”. 毎日新聞 2017年4月29日 地方版. https://mainichi.jp/articles/20170429/ddl/k25/040/534000c 2019年6月26日閲覧。 
  10. ^ 信楽の都市創造性と社会デザイン:自然と都市と市民知に関する文化編集分析. 大阪市立大学 都市研究プラザ. (2014-12-25). p. 18. https://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/wp1/wp-content/uploads/2016/06/URP_Report30.pdf 2019年7月5日閲覧。 
  11. ^ おいでやす狸楽巣、信楽町長野・新宮神社・昭和天皇の歌碑
  12. ^ 朝日新聞2019年10月28日朝刊、天声人語
  13. ^ 信楽豆知識、ほっとする信楽、信楽町観光協会
  14. ^ 信楽巨大タヌキ、魔女に化ける…帽子に紫のマント”. 読売新聞 (2019年10月19日). 2019年10月19日閲覧。
  15. ^ 朝日新聞2019年10月28日朝刊、天声人語
  16. ^ 信楽たぬきの日”. 信楽町観光協会 (2019年). 2020年7月3日閲覧。


「信楽焼」の続きの解説一覧



信楽焼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「信楽焼」の関連用語

信楽焼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



信楽焼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2022 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2022 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの信楽焼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS