ナスとは? わかりやすく解説

NAS

別表記:ナス

「NAS」とは、ネットワーク接続して利用する記憶装置意味する表現である。

「NAS」とは・「NAS」の意味

「NAS」とは、「Network Attached Storage(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)」を略したIT用語で、ネットワークを介してデータアクセスできるHDD意味する表現である。データアクセスする記憶領域としてはHDD共通しているが、「NAS」ではネットワーク経由した接続方法を取るため、HDD違ってUSBケーブルなどで物理的に端末接続する必要がない。NASを選ぶときの要件としては「HDD内蔵型」「RAID機能」「DLNA対応」「DTCP-IPDTCP+対応している」などがあり、条件によって価格やサイズ・データ容量などは様々である。

NASのメーカーとしては「Synologyシノロジー)」「QNAP(キューナップ)」「Asustor(アサスター)」「TerraMaster(テラマスター)」「Buffaloバッファロー)」「I-O DATAアイ・オー・データ)」などがあり、台湾・中国系の会社が多い。

ファイルサーバーとの違い


ファイルサーバー」もNASと同じくファイル管理広く使用されている。NASはファイル管理特化したストレージとしての側面が強いが、ファイルサーバーパソコンサーバーOS上に構築するソフトウェアであり、OSレベル複雑な設定可能になっているという違いがある。ファイルサーバーではデータ利用ポリシー合わせてセキュリティ設定など細かく行うことができるが、NASでは専門知識がなくても製品設置するだけでファイル共有可能になる、という利用方法想定されている。

NASの機能RAIDとは


RAIDとは、複数HDD仮想的な1台のHDDのように利用する技術のことで、NASの機能実現するうえでの重要なポイントとなっている。HDD書き込み分散方法により分類があり、「RAID0」「RAID1」から「RAID5」「RAID6」などがある。障害発生時修復方法各バージョンにより異なっている。

「NAS」の読み方

「NAS」は、「Network Attached Storageネットワーク接続した記憶装置)」の頭文字取った単語で、「ナス」と読む。

「NAS」の熟語・言い回し

NAS構築とは


NAS構築とは、NASを利用したファイル共有環境構築することである。NAS構築することで、パソコンスマートフォンなど様々な端末からデータアクセスすることができ、同一ネットワーク内にいるユーザー間でファイル共有簡単になる

自宅NASとは


自宅NASとは、家庭内設置してネットワーク接続できるようにしたNASのことである。個人大量データサイズ大きデータを扱う場合に、自宅内にNASを設置することで管理しやすくなるパソコンHDDよりも手軽にデータ管理できるようになり、DropboxGoogleDriveなどクラウドストレージ利用比べて初期費用はかかるもの全体として安価にデータ保持できるまた、NASのファイル管理機能を使うので一覧表示などが見やすくなるデメリットとしてはデータ閲覧ネットワーク経由となるため、既存方法では低速になりやすく、ルーター選定など回線の構築配慮が必要となることが挙げられる

NAS用HDDとは


NAS用HDDとは、NASへ搭載することを前提設計されHDDのことである。デスクトップPC向けHDDなどでは1ユーザーからの接続想定しているが、NAS用HDDでは複数ユーザーデバイスからの接続対応している。また多量データ保存や、恒常的に機器電源入れて稼働することに対応して耐久性高めていることも、NAS用HDD特徴である。NASは必要なときにすぐデータ使えるように電源入れておくため、NAS用HDD寿命短くなりやすい。無人のときにエアコンを切るオフィスでは夏に高温になりやすいが、機器高温になることでNAS用HDD故障早めやすいので温度管理が必要となる。

NAS用osとは


NAS用osとは、NASを動作させるためのOSのことである。無料のNAS用osには、「FreeNAS」「XigmaNAS」「OpenMediaVault」などがある。またWindows Storage ServerもNAS用osであり、法人向けなどの高機能なNASに搭載されている。

なす

接尾

名詞付いて、…のような、という意の連体修飾語として用いられる。「山—大波

名詞または動詞連体形の下に付いて、…のように、…のような、などの意を表す。

「くらげ—ただよへる時」〈記・上〉

[補説] 現代語では1の用法だけであるが、古く2のように、連用修飾語連体修飾語のいずれにも用いられる


ナス【NAS】


な・す【寝す】

読み方:なす

[動サ四]動詞「ぬ(寝)」に上代尊敬助動詞「す」が付いて音変化したもの》「寝る」の尊敬語寝ていらっしゃる。

沖つ波寄す荒磯(ありそ)をしきたへのとまきて—・せる君かも」〈二二二〉


な・す【寝す】

読み方:なす

[動サ四]動詞「ぬ(寝)」に使役の意が加わった語形寝させる寝かす

まなかひにもとなかかりて安眠(やすい)し—・さぬ」〈万・八〇二〉


な・す【成す】

読み方:なす

[動サ五(四)

(「為す」とも書く)ある行為をする。「無益の事を—・す」「—・すすべもなく敗れる」

「国のこといとよく—・したりければ」〈落窪・四〉

物を作りあげる。仕上げる。また、事をしとげる。「一代にして産を—・す」

ある形・状態などをしている。「組織の体を—・していない」「球状を—・す」「門前市を—・す」

他の物に変える。他の状態にする。「新し技法自己のものと—・す」

「思はむ子を法師に—・したらむこそ心苦しけれ」〈・七〉

役や位につかせる任命する

強ひて帥(そち)に—・し奉りて」〈かげろふ・中〉

高貴な方のお出ましを仰ぐ。お出ましあるようにする。

主上を扶(たす)け乗せ進(まゐら)せて陽明門より—・し奉る」〈太平記・二〉

(他の動詞連用形付いて意識してそのようにする。わざと…する。「敵と見—・す」

中の宮をなむいかで人めかしくも扱ひ—・したてまつらむ」〈源・総角

[可能] なせる


な・す【済す】

読み方:なす

[動サ五(四)

借りた金品返す返済する。「借金を—・す」

義務を果たす。果たす。税などを完納する

諸衛大粮(たいろう)の米を—・さざりければ」〈今昔二八・五〉


な・す【生す】

読み方:なす

[動サ五(四)産む。出産する。「子まで—・した仲」


なす【茄子/×茄】

読み方:なす

ナス科多年草栽培上は一年草大きな楕円形夏から秋紫色の花を開く。実を食用とし、果皮はふつう紫黒色光沢があり、形は品種によって丸いものや細長いものなどさまざま。インド原産といわれる。なすび。《 夏》「採る—の手籠(てかご)にきゅアとなきにけり/蛇笏

[補説] ナス科双子葉植物は、約2000種が熱帯から温帯分布し中南米多く、ナス・トマト・ジャガイモ・タバコやチョウセンアサガオ・ハシリドコロなども含まれる

茶の湯用い茶入れの一。丸形で口もとがすぼみ、中央ふくらんだ形のもの。

茄子/茄の画像
茄子を模した紋所一つ付き茄子」
茄子の画像
茄子/茄の画像
茄子の画像
茄子(2)

なす【那須】

読み方:なす

[一]栃木県北東部那須郡地名中心芦野はもと奥州街道宿場町牧牛が盛ん。北西部那須温泉郷がある。

[二]栃木県北部那珂(なか)川上流地域の称。古代那須国があった。


なす【那須】

読み方:なす

姓氏の一。

[補説] 「那須」姓の人物
那須与一(なすのよいち)
那須正幹(なすまさもと)


な・す【鳴す】

読み方:なす

[動サ四]音をたてる。鳴らす。

時守打ち—・す鼓数(よ)みみれば時にはなりぬ逢はなくも怪し」〈・二六四一〉


茄子

読み方:ナス(nasu), ナスビnasubi

ナス科野菜で、栽培上は一年草


ナス

作者ひじき

収載図書コバラバコ
出版社新風舎
刊行年月2006.8
シリーズ名新風舎文庫


ナス

名前 Nass; NasNath; Nuss

ナス

読み方:なす

  1. 巾着ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・東京府
  2. 巾着ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・茨城県
  3. 巾着ノ類。〔第七類 雑纂
  4. 財布巾着等。〔第七類 雑纂
  5. 財布名古屋
  6. 蟇口前橋
  7. 蟇口財布。〔掏摸
  8. きんちやく(巾着)、蟇口財布 茄子ときんちやく(巾着)の形態連想。〔す〕

分類 す/犯罪掏摸東京府茨城県


ナス

読み方:なす

  1. 紙幣又ハ金貨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・岡山県

分類 岡山県


ナス

読み方:なす

  1. カヘルト同意味デモサハ多ク「ナス」ト呼ブ。

分類 掏摸

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

茄子

読み方:ナスビnasubi), ナス(nasu

ナス科作物で、最も一般的な夏野菜一つ

季節

分類 植物


読み方:ナス(nasu

作者 西脇順三郎

初出 昭和48年

ジャンル


茄子

読み方:ナス(nasu

作者 西脇順三郎

初出 昭和38年

ジャンル


那須

読み方:ナス(nasu

所在 広島県山県郡安芸太田町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/25 07:47 UTC 版)

ナス(茄子[2]、茄、ナスビ、学名Solanum melongena)は、ナス科ナス属の植物。また、その果実のこと。別名ナスビともよばれる[3]。インド原産で、淡色野菜として世界中で栽培されている。果実は黒紫色が多いが、色や形は様々で多数の品種がある。


注釈

  1. ^ 卵型の白い果実が一般的だった地域の英語名が“eggplant”となっている。

出典

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Solanum melongena L. ナス(標準)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年8月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 86.
  3. ^ a b c d e 貝津好孝 1995, p. 146.
  4. ^ a b c d e f g h i 主婦の友社編 2011, p. 24.
  5. ^ a b c d e f g h i j 小川正 (2016年7月20日). “湖国の食 ナス 多様な料理を楽しむ”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 びわこ版 17 
  6. ^ a b ナスのヘタに含まれる天然化合物、子宮頸がん細胞に抗腫瘍効果 名大”. 科学技術振興機構 (2024年1月5日). 2024年1月15日閲覧。
  7. ^ 【抗がん成分を発見?】なすのへたで「長生きスープ」つくってみた!”. がん情報チャンネル・外科医 佐藤のりひろ. 2024年1月15日閲覧。
  8. ^ 加納喜光『動植物の漢字がわかる本』山海堂、2007年、182頁。ISBN 4-381-02200-9 
  9. ^ a b 石尾員浩『野菜と果物 ポケット図鑑』主婦の友社、1995年、118頁。ISBN 4-07-216639-1 
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 講談社編 2013, p. 67.
  11. ^ 講談社編 2013, p. 64.
  12. ^ a b c d e f g 田中孝治 1995, p. 198.
  13. ^ a b c d e f g h i j 田中孝治 1995, p. 199.
  14. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, pp. 36–37.
  15. ^ 大久保 1995, p. 148.
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 87.
  17. ^ a b c d 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 31.
  18. ^ a b c d e 竹下大学 2022, p. 80.
  19. ^ 武光誠『歴史からうまれた日常語用語辞典』東京堂出版、1998年、230-231頁。ISBN 4-490-10486-3 
  20. ^ a b 竹下大学 2022, p. 81.
  21. ^ 大竹大学 2022, p. 81.
  22. ^ a b c d e f g h 主婦の友社編 2011, p. 28.
  23. ^ a b c d e f g h i 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 241.
  24. ^ a b c d e f g 板木利隆 2020, p. 22.
  25. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 36.
  26. ^ 板木利隆 2020, p. 23.
  27. ^ 板木利隆 2020, p. 26.
  28. ^ a b c d e f 主婦の友社編 2011, p. 29.
  29. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 38.
  30. ^ a b c 主婦の友社編 2011, p. 30.
  31. ^ a b 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 39.
  32. ^ a b c d e 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 40.
  33. ^ a b 板木利隆 2020, p. 24.
  34. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 30.
  35. ^ 金沢市中央卸売市場>豆知識>青果雑学>なす
  36. ^ a b c d e f g h i j k l m 主婦の友社編 2011, p. 25.
  37. ^ a b c d e f g h i 竹下大学 2022, p. 84.
  38. ^ a b c d e f g 講談社編 2013, p. 66.
  39. ^ a b c 竹下大学 2022, p. 82.
  40. ^ a b c 竹下大学 2022, p. 83.
  41. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 34.
  42. ^ 竹下種苗 2022, p. 84.
  43. ^ a b c d 竹下大学 2022, p. 85.
  44. ^ しみずの農産物・ナス JAしみずホームページ
  45. ^ 萩たまげなす | ぶちうま!やまぐち.net~やまぐちの農林水産物~”. www.buchiuma-y.net. 2019年9月1日閲覧。
  46. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 32.
  47. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 35.
  48. ^ 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, pp. 87, 98.
  49. ^ a b 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  50. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  51. ^ 日本食品標準成分表2015年版(七訂)第2章 日本食品標準成分表 6.野菜類”. 文部科学省. p. 9. 2020年6月24日閲覧。
  52. ^ a b 講談社編 2013, p. 69.
  53. ^ a b 世界初!ナス由来の成分による血圧改善、気分改善効果を実証|What's New”. www.adeka.co.jp. ADEKA. 2020年6月24日閲覧。
  54. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 41.
  55. ^ 第3章 調理室における衛生管理&調理技術マニュアル”. 文部科学省. 2020年6月5日閲覧。
  56. ^ 講談社編 2013, pp. 68–69.
  57. ^ 地球の歩き方編集室 編『世界のグルメ図鑑』学研プラス地球の歩き方BOOKS 旅の図鑑シリーズ〉、2021年7月26日、133頁。ISBN 978-4-05801659-6 
  58. ^ Çiğdem TEZ(チーダム・テズ)(著)、天野かよ 訳(編)「トルコの暮らしと食文化」『食品と容器』第57巻第1号、缶詰技術研究会、2016年、52-58頁。 
  59. ^ 服部幸應『世界の六大料理基本事典』東京堂出版、2015年2月20日、208頁。ISBN 978-4-490-10858-3 
  60. ^ Uses of Tropical Grain Legumes: Proceedings of a Consultants Meeting, 27-30 Mar 1989, ICRISAT Center, India. ICRISAT. (1991). pp. 108, 335. ISBN 978-92-9066-180-1. https://books.google.com/books?id=GNKzAAAAIAAJ 
  61. ^ 主婦の友社編 2011, p. 11.
  62. ^ 根田仁、毒きのこ類 森林科学 Vol.54 (2008) p.39-42, doi:10.11519/jjsk.54.0_39



ナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 22:22 UTC 版)

牧場物語 ハーベストムーン」の記事における「ナス」の解説

連作野菜

※この「ナス」の解説は、「牧場物語 ハーベストムーン」の解説の一部です。
「ナス」を含む「牧場物語 ハーベストムーン」の記事については、「牧場物語 ハーベストムーン」の概要を参照ください。


ナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 03:24 UTC 版)

高校事変」の記事における「ナス」の解説

半グレ業界隠語イタリア語隠れ家意味するナスコンディーリョが由来アジトよりずっと小規模で、普段無人状態のアパートマンションの一室を指す。メンバーがいつでも立ち寄れるよう、半グレ集団法人名義で借りた格安物件が、都内あちこちにある。着替え置いてある。逃走時の緊急避難場所として有効。武器置かれてない。

※この「ナス」の解説は、「高校事変」の解説の一部です。
「ナス」を含む「高校事変」の記事については、「高校事変」の概要を参照ください。


ナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 01:09 UTC 版)

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」の記事における「ナス」の解説

キョン初夢中に登場するナスの格好をした九曜

※この「ナス」の解説は、「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」の解説の一部です。
「ナス」を含む「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」の記事については、「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ナス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ナス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナス」の関連用語

ナスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリNASの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの牧場物語 ハーベストムーン (改訂履歴)、高校事変 (改訂履歴)、涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS