ジベレリンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 有機化合物 > テルペノイド > ジベレリンの意味・解説 

ジベレリン【gibberellin】

植物ホルモンの一。生長強く促進する作用をもつ。稲の馬鹿苗病菌から発見農業では発芽生育促進のほか、種なしブドウ作るのにも利用ギベレリン


ジベレリン

【英】:gibberellin

植物の生長促進する作用をもった植物ホルモン一種で,シクラメンなどはこの薬品によって開花早めることができる。

ジベレリン

英訳・(英)同義/類義語:GA, gibberellin

イネバカ病菌から分離された植物ホルモン伸長促進開花促進脂肪発育促進などの作用がある。種なしブドウはこのホルモン活用している。

ジベレリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/16 23:38 UTC 版)

ジベレリン(ギベレリン、英語: gibberellin、ドイツ語: Gibberelline、略称: GA)はある種の植物ホルモンの総称である。生長軸の方向への細胞伸長を促進させたり、種子発芽促進や休眠打破の促進、老化の抑制に関わっている。また、オーキシンの作用を高めることも分かっている。日本人技師、黒沢英一が世界で初めて発見した植物ホルモンであり、 藪田貞治郎結晶化構造決定をした。




  1. ^ plant-hormones.info. “Gibberellin A1 information”. 2009年12月15日閲覧。
  2. ^ Macmillan, J.; Takahashi, N. (1968). “Proposed procedure for the allocation of trivial names to the gibberellins”. Nature 217: 170-171. doi:10.1038/217170a0. 
  3. ^ Hori, S. (1898). “Some observations on "Bakanae" disease of the rice plant”. . Mem. Agric. Res. Sta. (Tokyo) 12 (1): 110-119. 
  4. ^ Kurosawa, E. (1926). “Experimental studies on the nature of the substance secreted by the "bakanae" fungus”. Nat. Hist. Soc. Formosa 16: 213-227. 
  5. ^ Yabuta, T. (1935). “Biochemistry of the 'bakanae' fungus of rice”. Agr. Hort. (Tokyo) 10: 17-22. 
  6. ^ Yabuta, T.; Sumiki, Y. (1938). “On the crystal of gibberellin, a substance to promote plant growth”. J. Agric. Chem. Soc. Japan 14: 1526. 
  7. ^ Takahashi, N.; Kitamura, H.; Kawarada, A.; Seta, Y.; Takai, M.; Tamura, S.; Sumiki, Y. (1955), “Biochemical Studies on “Bakanae” Fungus. Part XXXIV. Isolation of Gibberellins and Their Properties Isolation of gibberellins and their properties”, Bull. Agric. Chem. Soc. Japan 19 (4): 267-277, http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnlabstract_ja.php?cdjournal=bbb1924&cdvol=19&noissue=4&startpage=267 
  8. ^ Mitchell, J. W.; Skaggs, D. P.; Anderson, W. P. (1951). Science 114 (2954): 159-161. doi:10.1126/science.114.2954.159. 
  9. ^ a b Campbell, Neil A., and Jane B. Reece (2001). Biology, 6th ed. San Francisco: Benjamin Cummings. ISBN 0805366245. 
  10. ^ Metzger, J. D. (1990). “Comparison of Biological Activities of Gibberellins and Gibberellin-Precursors Native to Thlaspi arvense L.”. Plant Physiol. 94 (1): 151-156. PMC: 1077203. PMID 16667681. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1077203/. 
  11. ^ Yamauchi, Y.; Ogawa, M.; Kuwahara, A.; Hanada, A.; Kamiya, Y.; Yamaguchi, S. (2004). “Activation of gibberellin biosynthesis and response pathways by low temperature during imbibition of Arabidopsis thaliana seeds”. Plant Cell 16 (2): 367-378. doi:10.1105/tpc.018143. PMID 14729916. 
  12. ^ Ueguchi-Tanaka, M.; Ashikari, M.; Nakajima, M.; Itoh, H.; Katoh, E.; Kobayashi, M.; Chow, T. Y.; Hsing, Y. I.; Kitano, H.; Yamaguchi, I.; Matsuoka, M. (2005). “GIBBERELLIN INSENSITIVE DWARF1 encodes a soluble receptor for gibberellin”. Nature 437: 693-698. doi:10.1038/nature04028. 
  13. ^ Nakajima, M.; Shimada, A.; Takashi, Y.; Kim, Y. C.; Park, S. H.; Ueguchi-Tanaka, M.; Suzuki, H.; Katoh, E.;, Iuchi, S.; Kobayashi, M.; Maeda, T.; Matsuoka, M.; Yamaguchi, I. (2006). “Identification and characterization of Arabidopsis gibberellin receptors”. Plant J. 46 (5): 880-889. doi:10.1111/j.1365-313X.2006.02748.x. 
  14. ^ 箱嶋 敏雄, 平野 良憲, 村瀬 浩司, Sun Tai-ping (2009). “植物によるジベレリンの感知とシグナル伝達”. 生物物理 49 (4): 200-201. doi:10.2142/biophys.49.200. NAID 10025975787. 
  15. ^ Murase, K.; Hirano, Y.; Sun, T. P.; Hakoshima, T. (2008). “Gibberellin-induced DELLA recognition by the gibberellin receptor GID1”. Nature 456 (7221): 459-463. doi:10.1038/nature07519. 
  16. ^ Shimada, A.; Ueguchi-Tanaka, M.; Nakatsu, T.; Nakajima, M.; Naoe, Y.; Ohmiya, H.; Kato, H.; Matsuoka, M. (2008). “Structural basis for gibberellin recognition by its receptor GID1”. Nature 456 (7221): 520-523. 
  17. ^ University of California, Davis. “Gibberellin and Flame Seedless Grapes (PDF)” (英語). 2006年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月14日閲覧。
  18. ^ 園芸学会昭和年33度秋季大会研究発表要旨(園芸学会発行)、京都府農試丹後支場昭和33年業務年報、農業及び園芸34巻6号
  19. ^ Kishi, N.; Tasaki, M. (1960). “Effects of gibberellin on Delaware grapes (in Japanese)”. Agr. and Hort.(農及園) 35 (2): 381-384. 
  20. ^ 石川一憲. “ジャンボブドウ種なし化の研究”. 2010年10月14日閲覧。
  21. ^ 植原葡萄研究所. “房作りと最新のジベ処理適応表について”. 2010年10月14日閲覧。


「ジベレリン」の続きの解説一覧



ジベレリンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジベレリン」の関連用語

ジベレリンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジベレリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2021 All rights reserved
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジベレリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS