年次総会とは? わかりやすく解説

年次総会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/01 17:34 UTC 版)

Japan Skeptics」の記事における「年次総会」の解説

原則として毎年春に年次総会を開催しており、それに合わせて専門家による講演討論が行われている。専門家会員の場合も、外部から招待する場合もある。初期には小尾信弥天文学)、養老孟司大脳生理学)、フィリップ・J・クラス英語版)(CSICOP中心メンバー)などが招かれた。また、21世紀に入ってからはインテリジェント・デザイン地球温暖化に関する論争健康に良い称する水の真偽などがテーマとなっている。JAPAN SKEPTICSどのような分野ニセ科学疑似科学見出しているかの参考とするため、公式サイトから主な講演テーマ講演者をまとめると、以下の通りである。 総会演題講演者第1回1992年 真の知識は懐疑から 坂本百大 超能力科学する 安斎育郎 第2回1993年 宇宙論地球外知性 小尾信彌 第3回1994年 脳と実在 養老孟司 第4回1995年 超能力を語る 宮城音弥 第5回1996年 夢からさめたUFO現実 フィリップ・J・クラス 精神医からみたUFO誘拐体験 中村希明 第6回1997年 仏教霊魂観 日野英宣 第8回1999年 世紀末の『ノストラダムス現象菊池聡 第9回2000年 日本におけるカルト教団実体問題点 江川紹子 第10回2001年 「2001年宇宙の旅」再論 的川泰宣 第11回2002年 遺跡捏造事件の意味するもの 佐々木憲一 第12回2003年 健康に良い宣伝されている水 天優子 第13回2004年 地震の前、動物はなぜ騒ぐのか 池谷元伺 第16回2007年 環境問題におけるウソマコト 安井至 第17回2008年 メディア作り出す健康神話 小内第20回2012年 福島原発事故もたらしたもの ― 科学リテラシーにもふれて 安斎育郎線量放射線人体への影響 宇野賀津子 第21回2013年 科学と幸福 佐藤文隆 科学幸福に対して 坂東昌子 第22回2014年 地球温暖化虚実 渡辺正 第23回2015年 独創力研究倫理・・・『学力』から考え再発防止 伊東乾 過去の事例から学ぶ研究不正 片瀬久美子 ネットにおける研究不正発覚田中嘉津夫 第24回2016年 日本からシンギュラリティ起きる ? 松田卓也 第25回2017年 人工知能当面の限界とその克服への展望心理学生物学視点から 石川幹人 疑似科学とされるものの科学性判定超心理学事例注目して

※この「年次総会」の解説は、「Japan Skeptics」の解説の一部です。
「年次総会」を含む「Japan Skeptics」の記事については、「Japan Skeptics」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「年次総会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「年次総会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

年次総会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



年次総会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのJapan Skeptics (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS