推敲とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 故事成語 > 自然 > 人生・生活 > 推敲の意味・解説 

推敲

推敲とは、文章表現を自ら吟味し、修正し、より洗練された表現直し加えること。

推敲の推の意味は訓で「おす」と読み、「何かを推薦する」という意味だけでなく、「物理的に何かに力を加えて前進させる」という意味もある。一方で推敲の敲の意味は訓で「たたく」と読み、「何かをとんとんと打つ」や「かたいものやこぶしで打つ」という意味がある賈島という詩人漢詩詩句において「推」という字を当てはめるか、それとも「敲」の字を当てはめるか悩んだ事から生まれ故事成語であるため、推敲の意味としては詩や文章作る時により適切な字句表現求めて試行錯誤作品として練り上げる事をいう。

推敲の出典は「唐詩紀事」であり、唐の時代無名詩人である賈島が作った詩に対して唐の都の長安大官であり当時著名な詩人でもあった韓愈アドバイスをした挿話語源となっている。以下その詳しい顛末である。賈島科挙(高級官吏登用試験)の試験を受けるために長安の都にろばに乗ってやって来て詩を作り、「僧は推す月下の門」の句を思いついた。だが、この句の中の「推」の字を改めて「敲」の字にしようかとも思った。そこで賈島は手を伸ばして、手を推したり、敲いたりするしぐさをしてみたが一向に決まらなかった。そしてうっかりして賈島長安長官である韓愈行列にぶつかってしまった。そこで賈島韓愈事の次第を語った。それを聞いた韓愈は「敲の字が良い」と賈島に言った。そのまま二人は並んで行き、詩を論じた。以上が推敲の故事成語具体的な賈島韓愈挿話である。科挙に受かっていないため(当時科挙では作詩試験出題された)作詩自信がなかった賈島自分が作った詩の字句一部を「推」にするか「敲」にするかで悩みぬき、うっかり韓愈行列にぶつかってしまったため捕らえられるかと思っていた。しかし却って韓愈は親切にアドバイスをくれ賈島作詩手伝ってくれたという訳である。

推敲を重ねるという表現とその類義語との違いについて詳しく説明していく。まず「校正」との違いからである。そもそも校正の校という字には「くらべる」という意味があり、常用漢字表にはない表外読み訓読みで「校べる(くらべる)」とも読む事からも想像出来るように、校正とは「校べて正す」という意味である。故に印刷物誤字脱字などの不備原稿とくらべ合わせて正すという意味の「校正」と詩や文章実際に書く場面において、その字句についてあれこれ試行錯誤して練り上げる意味の「推敲を重ねる」という表現とは大きく意味が違うという事言えるのである

次に訂正」との違い説明していく。訂正の訂という字も正と同じく「ただす」という意味があり、表外読み訓読みで「訂す(ただす)」と読む。故に訂正」という熟語の意味は誤りくいちがい正すという意味合い大きく、「推敲を重ねる」という表現が持つような創作的な意味合い少なのである最後に改訂」との違いであるが、「改」という字は訓読みで「改める(あらためる)」と読む事から、「改訂」は「改め訂す(ただす)」というのが字義であり、書物内容などを改め直すというような意味合い強く、「推敲を重ねる」のような文章や詩の創作時における練り直しをするという意味はないのである

文章の推敲をするに当たって方法コツであるが、それは文章書き終えた時にその文章論理首尾一貫しているかどうかまず確認してみる事である。文章論理首尾一貫していなかったらもう一度書き直す事をお勧めする。そして文章論理首尾一貫している場合次に文章全体文法的整合性が取れているかどうか確認してみて欲しい。「てにをは」が間違ていないかどうか、また主語目的語抜けていないかどうか確認ていこう文法滅茶苦茶だと文章趣旨読者に伝わりづらいのである次に自分が書いた文章読み返してみて、自分が書いた言葉の意味確認する事も大切な事である。知らず知らずのうちに自分でも意味の分からない言葉を使ってしまう事があるからだ。

またより適切な表現がないかどうか類語辞書を使って確認する事も忘れないようにしたい。日本語語彙が多いので、例え一人称でも「私」、「僕」、「わし」、「あたし」、「小生」など多種多様表現があるからだ。文章読み上げる場や渡す人に相応しいものに仕上げるために推敲は欠かせないのであるので、何度も推敲の経験を積む事も推敲のテクニック上達させていくためのコツのである


推敲

読み方:すいこう

推敲とは、推敲の意味

推敲とは、詩や文章表現などを見直し修正加え練り上げるという意味のこと。語源は昔の中国に唐という国があり、当時そこに暮らしていた賈島(かとう)と呼ばれる詩人が生み出した。その詩人自分作成した詩句の「僧は推す月下の門」を仕上げ時に、「推(おす)」の部分を「敲(たたく)」にするかどうか検討していた。そこで韓愈という詩人相談し、「敲(たたく)」の文字書き直したという由来がある。英語表記polishrefine、improve などが挙げられる。

推敲の類語

推敲の類語には、訂正ていせい)、校正(こうせい)、校閲こうえつ)などがあり、これらは主に語句字句誤字脱字などといった間違い修正するという意味で使われる。ゆえに校正校閲は、文などを書いた本人以外の立場にいる者が手を加えることとされ、編集関係の仕事良く使われる言い方である。

推敲の語の例文、使い方

推敲は、作品著者自身自分の書いたポエム文章字句表現練り直すことである。推敲の「推」は「押す」、「敲」は「叩く」ということ指し自分創作した詩、文、文章など何度も読み直し手直し加え仕上げということである。例えば、「私は作文を推敲する習慣付けた」「彼は自作に推敲に推敲を重ねる人だ」という例文考えられる。推敲を重ねるという表現日常生活でもよく使われ、苦労して手間ひまをかけて努力した、何度も見直し修正することを心掛けたというニュアンス伝え使い方である。また、推敲の習慣という表現は、きめ細かく丁寧な作業をするという印象与えることができる。

すい‐こう〔‐カウ〕【推×敲】

[名](スル)《唐の詩人賈島(かとう)が、「僧は推す月下の門」という自作詩句について、「推す」を「敲(たた)く」とすべきかどうか思い迷ったすえ、韓愈(かんゆ)に問うて、「敲」の字に改めたという故事から》詩文字句文章を十分に吟味して練りなおすこと。「推敲を重ねる」「何度も推敲する」


推敲

読み方:スイコウ(suikou)

文章作るのに字句考え練ること


推敲

読み方:スイコウ(suikou)

作者 小川国夫

初出 昭和47年

ジャンル 評論


推敲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/16 06:50 UTC 版)

推敲(すいこう)とは、文章を何度も練り直すこと。




「推敲」の続きの解説一覧

推敲

出典:『Wiktionary』 (2019/07/03 04:15 UTC 版)

名詞

すいこう

  1. 文章字句最適なものにしようと何度も練り直すこと。

発音

す↗いこー

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
推敲-する

翻訳

由来

唐詩紀事』より、唐の詩人賈島が「僧は推す月下の門」の「推す」を「敲く」にすべきかどうか迷った末、韓愈助言により「敲く」と改めたことから。

白文賈島赴擧至京。騎驢賦詩、得僧推月下之門之句。欲改推作敲、引手作推敲之勢。未決不覺衝大尹韓愈。乃具言。愈曰、敲字佳矣。遂並轡論詩。
訓読文)島擧に赴くに京に至る。驢に騎り詩を賦すに、『僧は推す月下之門』の句を得。推を改め敲に作さんと欲するに、手を引きて推か敲の勢を作(な)す。未だ決せざるに、覺えずして大尹韓愈衝く乃ち具に言ふ。愈曰はく、敲の字佳しと。遂に轡を並べ詩を論ず
現代語訳)賈島科挙を受けに京師に赴いた。(貧しい者が乗るロバに乗って詩を案じていると、『僧は推す月下之門』の句を得た。(さらに考え)『推す』を『敲く』にしてみてはどうかと、(手綱から)手を離して『推す』と『敲く』をってみた。決めかねているとき、大尹の韓愈馬車衝突した。賈島事情詳細に話すと、韓愈は(咎めないで)「敲の字が良いと言ったそのまま二人はたづなを並べ詩を論じ合った。



推敲と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「推敲」の関連用語

推敲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



推敲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの推敲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの推敲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS