すいこうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 水耕 > すいこうの意味・解説 

推敲

読み方:すいこう

推敲とは、推敲の意味

推敲とは、詩や文章表現などを見直し修正加え練り上げるという意味のこと。語源は昔の中国に唐という国があり、当時そこに暮らしていた賈島(かとう)と呼ばれる詩人が生み出した。その詩人自分作成した詩句の「僧は推す月下の門」を仕上げ時に、「推(おす)」の部分を「敲(たたく)」にするかどうか検討していた。そこで韓愈という詩人相談し、「敲(たたく)」の文字書き直したという由来がある。英語表記polishrefine、improve などが挙げられる。

推敲の類語

推敲の類語には、訂正ていせい)、校正(こうせい)、校閲こうえつ)などがあり、これらは主に語句字句誤字脱字などといった間違い修正するという意味で使われる。ゆえに校正校閲は、文などを書いた本人以外の立場にいる者が手を加えることとされ、編集関係の仕事良く使われる言い方である。

推敲の語の例文、使い方

推敲は、作品著者自身自分の書いたポエム文章の字句、表現練り直すことである。推敲の「推」は「押す」、「敲」は「叩く」ということ指し自分創作した詩、文、文章など何度も読み直し手直し加え仕上げということである。例えば、「私は作文を推敲する習慣付けた」「彼は自作に推敲に推敲を重ねる人だ」という例文考えられる。推敲を重ねるという表現日常生活でもよく使われ、苦労して手間ひまをかけて努力した、何度も見直し修正することを心掛けたというニュアンス伝え使い方である。また、推敲の習慣という表現は、きめ細かく丁寧な作業をするという印象与えることができる。

すい‐こう〔‐カウ〕【推×敲】

[名](スル)《唐の詩人賈島(かとう)が、「僧は推す月下の門」という自作詩句について、「推す」を「敲(たた)く」とすべきかどうか思い迷ったすえ、韓愈(かんゆ)に問うて、「敲」の字改めたという故事から》詩文の字句や文章を十分に吟味して練りなおすこと。「推敲を重ねる」「何度も推敲する」


すい‐こう〔‐カウ〕【推考】

[名](スル)物事道理事情などを推測して考えること。

凡人の—するが如きものならんや」〈織田訳・花柳春話


すい‐こう【水孔】

植物の先端や縁にあって排出する小孔気孔に似るが、開閉しない。


すい‐こう〔‐カウ〕【水耕】


すい‐こう〔‐カウ〕【水行】

[名](スル)

水上を舟などで行くこと。⇔陸行(りっこう)。

流れて行くこと。


すい‐こう〔‐カフ〕【水×閘】

灌漑などで、水の流れ調節するために設け水門

運河河川などで、水位差のある水域を船が通行できるようにした設備


すい‐こう〔‐カウ〕【衰耗】

[名](スル)衰え弱ること。すいもう

国力—日を逐(おっ)て甚だしく」〈染崎延房近世紀聞


すい‐こう〔‐カウ〕【遂行】

[名](スル)任務仕事やりとげること。「業務遂行する


すい‐こう ‥カウ 【捶拷・推拷】

〔名〕 律で、むち打っ拷問(ごうもん)すること。

*律(718逸文断獄律前人捶拷、而捶拷者以闘殺論」


すい‐こう ‥クヮウ 【推拡・推広】

〔名〕 考え、あるいは主義主張などを進めひろげること。

童子問(1707)上「孟子所謂拡充云者、謂推広充大之勢、不遏止

代議政体187579)〈永峰秀樹訳〉二「整治安固意義を推拡すれば、現在する所の利益固守して失はざるに在り」〔李衛公問対‐中〕


すい‐こう ‥カウ 【推敲】

〔名〕 (「苕渓漁隠叢話」の「緗素雑記曰、賈島京師驢得句。宿池辺、僧敲月下門。始欲推字。又欲敲字、錬之未定。〈略〉引手作敲推勢。時韓愈吏部京兆。島不覚衝至第三左右擁至尹前。島具対得。詩句云云。韓立馬良久謂島曰、作敲字佳矣。遂与並轡而帰」による語。唐の詩人賈島が「僧推月下門」の句を作ったが、「推(おす)」を「敲(たたく)」に改めた方がよいかどうか苦慮して、韓愈問い「敲」に決したという故事から) 詩や文章作るにあたって、その字句や表現をよく練ったり練り直したりすること。

*鈍鉄集1331頃)春事「毎春事心先動。句裏推敲吟未休」

口宛芭蕉書簡元祿六年(1693)四月二九日「ふたつの作いづれにやと推稿難定処


すい‐こう ‥カウ 【推考】

〔名〕 道理から推して考えること。思考。〔日誌必用御布令字引1868)〕

新聞雑誌一六号・明治四年(1871)一〇月「時勢変遷制度改革とを推考(スイコウ)し、公義取り私情を舎(すて)て」〔後漢書‐謝夷吾伝〕


すい‐こう ‥クヮウ 【水光】

〔名〕 水のひかり。水面太陽月の光反射してきらきらと輝く光をいう。

田氏家集(892頃)上・賦得詠三「山色冷、江静水光清」

青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「夕暮の海は、渺茫として水光(スヰクヮウ)仄に薄暗水平線からチラチラ細かい浪を織って」〔江淹‐悼室人詩〕


すい‐こう【水孔】

〔名〕

植物の先端や縁にあって、体内余分排出する小孔気孔似ているが、開閉はしない。ブドウイネサトイモなどにみられる。

皮(きょくひ)動物の体壁にある小孔体腔液に外界海水混ぜる役目を果たす。


すい‐こう ‥カウ 【水耕】

〔名〕 生長に必要な無機物を溶かした水溶液培地とし、植物育てること。水栽培水中培養水耕法


すい‐こう ‥カウ 【水行】

〔名〕

水上をわたること。

本朝無題詩(1162‐64頃)七・水路春行〈釈禅〉「乗遙任客舟、遼濶水行多日疲」〔史記河渠書〕

流れて行くこと。〔韓偓‐秋詩〕


すい‐こう ‥カフ 【水閘】

〔名〕

灌漑期に用水逃げるのを防ぎ冬期には過剰の暗渠通じて排除する、弁に類似した設備

参天台五台山記(1072‐73)三「依潮乾不開水閘」〔宋史‐魏瓘伝〕

潮汐差の大き港湾で、潮汐による水面上下影響遮断する水門

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「一千七百二年士班牙(スペイン)未額(ウィゴ)港の戦に、水閘(〈注〉フセグシキリノキ)を破し勇将

運河河川などで水位差のある水域を結ぶときに流れ遮断する水門


すい‐こう ‥カウ 【衰耗】

〔名〕 おとろえ勢いがなくなること。また、おとろえよわること。すいもう

空華集(1359‐68頃)一四・答金剛元章書「小弟宿疾連作気力衰耗。門絶交」

近世紀聞187581)〈染崎延房〉五「国力衰耗(スヰカウ)日を逐て甚だしく」〔史記平準書〕


すい‐こう ‥カウ 【遂行】

〔名〕 物事最後までやりとおすこと。なしとげること。やりとげること。

思出の記190001)〈徳富蘆花〉六「其の天職何処までも遂行するのが第二本分であらふ」〔礼記月令


水溝 (すいこう)


水光

読み方:すいこう

  1. 銀ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・石川県

分類 石川県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



すいこうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「すいこう」の関連用語

すいこうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



すいこうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鈴木鍼灸整骨院鈴木鍼灸整骨院
Copyright(C)2021 SUZUKI Acupuncture&Moxibustion&Osteopathy all rights reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS