別当とは? わかりやすく解説

べっ‐とう〔‐タウ〕【別当】

読み方:べっとう

元来本官のある者が別の役を兼ねて当たる意》

検非違使(けびいし)庁・蔵人所(くろうどどころ)など、令外(りょうげ)の官の長官

平安時代以降親王家摂関家などの政所(まんどころ)の長官

鎌倉幕府政所侍所(さむらいどころ)などの長官

僧官の一。東大寺興福寺などの大寺置かれた長官で、一山寺務統轄した。のちには、熊野石清水北野などの諸社にも置かれた

盲人官名の一。検校(けんぎょう)の下位

《院の厩(うまや)司の別から転じて馬丁


べ‐とう〔‐タウ〕【別当】

読み方:べとう

べっとう」の促音無表記。

「さぶらひの―なる右京大夫召して」〈源・宿木


べっとう 【別当】

ベトウとも。日本の大寺寺務統轄する長官職(僧官)をいった。七五二(天平勝宝四)年良弁東大寺別当にしたのが最初大・小の別があった。のち諸神社に置かれ、その住む寺を別当寺といった。堂の修理専門の別当を修理別当、俗人がなったのを俗別当という。→ 僧官

別当(べっとう)


別当

読み方:べっとう

  1. 父をいふ、佐賀の方言。
  2. 父をいふ。〔佐賀方面の方言〕

分類 佐賀佐賀方面の方

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

別当

読み方:ベットウ(bettou)

所在 愛媛県宇和島市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

別当

読み方
別当べっとう

別当

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/20 00:58 UTC 版)

別当(べっとう)は、本来、律令制において本官を持つ者が他の官司の職務全体を統括・監督する地位に就いた時に補任される地位。後に官司の長官一般を指すようになり、このことから転じて、以下のような複数の意味を持つ。


  1. ^ 『東大寺要録』巻7「東大寺権別当実忠二十九箇条事」、『東大寺別当次第』


「別当」の続きの解説一覧

別当

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/12 00:32 UTC 版)

内膳司」の記事における「別当」の解説

内膳司の別当。定員1名。官位相当三位。のちに設置され大納言もしくは中納言兼職した。

※この「別当」の解説は、「内膳司」の解説の一部です。
「別当」を含む「内膳司」の記事については、「内膳司」の概要を参照ください。


別当

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 01:19 UTC 版)

検非違使」の記事における「別当」の解説

四等官長官カミ)に相当する唐名大理卿定員は1名で、現任の正あるいは権中納言または参議にして、左あるいは右衛門督、または左あるいは右兵衛督兼任者のいずれかより補任される慣例である。参議四位検非違使別当兼帯した例もある。一方大納言以上の議政官兼帯したのは、藤原忠平911年延喜11年)に大納言転任するが、検非違使別当そのまま兼帯した例のみで他の例はなく、五位下から兼帯した例もない。なお、検非違使別当検非違使統轄する最高責任者ではあるが、自身は検非違使ではない。また、検非違使別当兼帯した権中納言従三位兼行左衛門督柳原量光1486年文明18年)に辞職以降1655年明暦元年)10月26日参議従三位左衛門督油小路隆貞兼帯するまで兼帯不在また、途絶え1744年延享元年8月29日正三位権中納言左衛門督柳原光綱が兼帯以降明治維新まで後任者継続するちなみに史料における検非違使別当兼帯初出は、834年承和元年1月27日参議左大弁従四位上兼行左近衛中将春宮大夫武蔵守文室秋津である。(公卿補任

※この「別当」の解説は、「検非違使」の解説の一部です。
「別当」を含む「検非違使」の記事については、「検非違使」の概要を参照ください。


別当

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 21:07 UTC 版)

蔵人」の記事における「別当」の解説

蔵人所名目上責任者大臣兼任していた。定員は1名。詔勅各省伝達することが役目

※この「別当」の解説は、「蔵人」の解説の一部です。
「別当」を含む「蔵人」の記事については、「蔵人」の概要を参照ください。


別当

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/26 16:23 UTC 版)

白子神社 (米沢市)」の記事における「別当」の解説

江戸時代には別当寺有しており、「享保十年城下絵図」(享保10年1725年))には神社南側に、「明神別当大行院」が見える。文化8年1811年)の絵図では同地は「宝珠寺となっている。なお、明治神仏分離令により、別当寺神社は分離されているが、白子神社の別当寺その後不明

※この「別当」の解説は、「白子神社 (米沢市)」の解説の一部です。
「別当」を含む「白子神社 (米沢市)」の記事については、「白子神社 (米沢市)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「別当」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「別当」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「別当」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||


別当のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



別当のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2022 (C)Okayamaken Jinjacho
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの別当 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの内膳司 (改訂履歴)、検非違使 (改訂履歴)、蔵人 (改訂履歴)、白子神社 (米沢市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS