尿とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > 小便 > 尿の意味・解説 

いばり【尿】

読み方:いばり

《「ゆばり」の音変化小便。ばり。ゆまり。


しい【尿】

読み方:しい

《「しと」の音変化小便をいう幼児語しいしい


しし【尿】

読み方:しし

小便をいう幼児語。しっこ。しい。


しと【尿】

読み方:しと

小便。しとと。

「この宮の御―にぬるるは、うれしきわざかな」〈紫式部日記


にょう【尿】

読み方:にょう

常用漢字] [音]ニョウネウ)(呉) [訓]いばり ゆばり

小便。「尿意尿道血尿検尿排尿糞尿(ふんにょう)・放尿泌尿器


にょう〔ネウ〕【尿】


ばり【尿】

読み方:ばり

《「ゆばり」「いばり」の音変化小便

(のみ)(しらみ)馬の―する枕もと」〈奥の細道


ゆ‐ばり【尿】

読み方:ゆばり

「ゆまり」の音変化。〈和名抄


ゆ‐まり【尿】

読み方:ゆまり

《「ゆ」は湯、「まり」は排泄する意の動詞「ま(放)る」の連用形名詞化小便。ゆばり。いばり。

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)乃ち大樹向かって―まる」〈兼方本神代紀・上〉


尿

英訳・(英)同義/類義語:urine, uro

動物分泌物で、腎臓作られ体液溶けていた老廃物濃縮され含まれる
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  小配偶子  尺骨  尾芽胚  尿  師板  師管  師管液

尿

【仮名】にょう
原文urine

老廃物を含む液体。尿は腎臓作られ膀胱溜められた後、尿道通って体外排出される

尿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/02 23:32 UTC 版)

尿(にょう、いばり、: Urine)は、腎臓により生産される液体状の排泄物血液中の水分や不要物、老廃物からなる。日本語では小便(しょうべん)、小水(しょうすい)、また俗語としておしっこしっこションベンなどともいう。古くは「ゆばり」「ゆまり」(湯放)と言った。


  1. ^ 透析のはなし医療法人修腎会 藤崎病院、2019年9月22日閲覧。
  2. ^ にょうそ【尿素】の意味 - 国語辞書 goo辞書
  3. ^ 有馬四郎「兩棲類の發生初期の代謝終産物について : I.蛙尿の化學成分について」『動物学雑誌』61(9), 1952-09-15, pp275-277 NAID 110003360889
  4. ^ 多様な生物たち(5) (Microsoft Word.doc)”. 東京医科歯科大学. 2014年4月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月5日閲覧。
  5. ^ げのむトーク(31-40)
  6. ^ 桑満おさむおしっこ(尿)がくさい(臭い) (五本木クリニック 泌尿器科)
  7. ^ 検査・尿pH、五本木クリニック、2020年8月10日閲覧。
  8. ^ 痛風患者の尿pHに関する研究 -尿pHの日内変動の分類『プリン・ピリミジン代謝』Vol.20 (1996) No.1 p.9-16
  9. ^ トーマス・M・デヴリン 『デヴリン生化学 : 臨床との関連』 1987年、第2版、985、啓学出版、ISBN 4-7665-0877-7
  10. ^ 健康診断受診者の血清尿酸値と尿中pHが腎機能に及ぼす検討、桑原 政成ほか、『痛風と核酸代謝』Vol.36 (2012) No.1 p.73-
  11. ^ 山紫水明綺譚: 京洛の文学散歩』 杉山二郎、冨山房インターナショナル, 2010、p209
  12. ^ 2.バイオテクノロジーで火薬を作る 一般社団法人バイオインダストリー協会「みんなのバイオ学園」(2019年9月22日閲覧)
  13. ^ Michael Douma, curator (2008年). “Indian yellow”. Pigments through the Ages. Institute for Dynamic Educational Advancement. 2022年6月30日閲覧。
  14. ^ CPMP、CJDおよび血漿並びに尿由来医薬品に関する見解を公表 公益財団法人血液製剤調査機構
  15. ^ 尿由来製品における変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)感染のリスクに関する文献検索と当社の尿由来製品ヒュメゴン/プレグニールにおけるリスクに関する考察 日本オルガノン株式会社、平成17年5月24日、厚生労働省
  16. ^ “Urinary Frequency - Genitourinary Disorders - Merck Manuals Professional Edition” (英語). Merck Manuals Professional Edition. http://www.merckmanuals.com/professional/genitourinary-disorders/symptoms-of-genitourinary-disorders/urinary-frequency 2017年12月19日閲覧。 
  17. ^ Chloramines and Pool Operation”. Centers for Disease Control and Prevention (2022年4月2日). 2022年6月29日閲覧。


「尿」の続きの解説一覧

尿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 23:14 UTC 版)

排泄」の記事における「尿」の解説

腎臓においてはタンパク質下の分子量物質糸球体から一旦非選択的に排出される原尿)。これが尿細管を通るうちに体に必要な物質が(水分ミネラル分含めて再吸収され、残りが尿として排出される尿のほとんどは水分で、塩分たんぱく質起源尿素尿酸含まれており、健康な態で細菌などの病原体含まれていないしたがって、水分欠乏し発汗できずに熱中症となるような極限状態では、尿は冷却のために衣服湿らせる用途に十分安全に使用できる。しかし水分欠乏している場合に尿を飲むことは、摂取した塩を排泄するのにより多くの必要とするため無駄な試みである。

※この「尿」の解説は、「排泄」の解説の一部です。
「尿」を含む「排泄」の記事については、「排泄」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「尿」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

尿

出典:『Wiktionary』 (2021/07/06 08:56 UTC 版)

発音(?)

翻訳

フィンランド語;virtsa



尿

尿

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「尿」の例文・使い方・用例・文例




尿と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尿」の関連用語

尿のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



尿のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2023 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの排泄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの尿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS