恨とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > の意味・解説 

こん【恨】

読み方:こん

常用漢字] [音]コン(漢) [訓]うらむ うらめしい

うらむ。うらめしい。うらみ。「恨事遺恨怨恨(えんこん)・悔恨痛恨


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 02:30 UTC 版)

(ハン[1])は、朝鮮文化においての思考様式の一つで、感情的なしこりや、痛恨、悲哀、無常観をさす朝鮮語の概念。歴史学者の古田博司は朝鮮文化における恨を「伝統規範からみて責任を他者に押し付けられない状況のもとで、階層型秩序で下位に置かれた不満の累積とその解消願望」[2]と説明している。


注釈

  1. ^ William N. Blair「The Korean pentecost」の著者のひとり
  2. ^ その功績については日韓で賛否両論ある。韓国の芸術振興への評価(ソウル新聞.2007)の一方で、日本統治状態への懐柔に一役買ったという研究(Kikuchi, Yuko.2004)もある。
  3. ^ 1926年、東亜日報は最後の皇帝純宗の死を「恨の人生」という言葉とともに大韓帝国の終焉と悲しみとして報道している
  4. ^ 柳宗悦は悲しみを美化することで植民地主義の受け入れに貢献した(Brandt、Kim.2007)。
  5. ^ 朴正煕は不平等を受け入れ韓国の独自性を掲揚させるために活用した(Kim, Sandra So Hee Chi .2017)。
  6. ^ 米ブリガム・ヤング大学の教授、同大韓国学センター所長で韓国学分野の権威者
  7. ^ 「the country was stagnant, inefficient and corrupt. 」〜停滞し非効率で腐敗している

出典

  1. ^ 朝鮮語ラテン翻字: Han
  2. ^ 古田博司『朝鮮民族を読み解く』筑摩書房〈ちくま学芸文庫(1995年刊の同名著書の文庫版)〉、2005年、150頁。ISBN 978-4480089038
  3. ^ 小倉紀蔵 (2003年10月22日). “小倉紀蔵の私家版・韓国思想辞典 (1)” (日本語). 統一日報. オリジナルの2005年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050312020033/http://www.onekoreanews.net/20031022/bunka20031022003.htm 
  4. ^ Pilzer、Joshua D.(2016)、「Musics of East Asia II:Korea」、Excursions in World Music、第7版、Taylor&Francis、ISBN 978-1-317-21375-8
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 楊猛 (2016年8月21日). “純潔血統的驕傲,強敵欺淩的歷史,矛盾揉雜成為朝鮮民族集體性格的「恨」意”. 関鍵評論網. オリジナルの2022年2月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220204031741/https://www.thenewslens.com/article/47059/fullpage 
  6. ^ Shim, Jung-Soon (19 August 2004), "The Shaman and the Epic Theatre: the Nature of Han in the Korean Theatre", New Theatre Quarterly, Cambridge University Press, 20 (3): 216–224, doi:10.1017/S0266464X04000119
  7. ^ Shin, Michael D. "A Brief History of Han". The Korea Society. Retrieved 20 May 2020.
  8. ^ Kim, Yol-kyu (1996). 한(恨). Encyclopedia of Korean Culture (in Korean). Academy of Korean Studies. Retrieved 4 July 2020.
  9. ^ Lee, Young-hoon (2009), The Holy Spirit Movement in Korea: Its Historical and Theological Development, Wipf and Stock, ISBN 978-1-60608-627-8
  10. ^ 朴裕河『日本近代文学とナショナル・アイデンティティー』「第 15 章「柳宗悦と近代韓国の自己構築について」
  11. ^ Brandt, Kim (2007), Kingdom of Beauty: Mingei and the Politics of Folk Art in Imperial Japan, Duke University Press, ISBN 978-0-8223-4000-3
  12. ^ Kim, Sandra So Hee Chi (2017), "Korean Han and the Postcolonial Afterlives of "The Beauty of Sorrow"", Korean Studies, University of Hawai'i Press, 41 (1): 253–279, doi:10.1353/ks.2017.0026
  13. ^ Kikuchi, Yuko (2004), Japanese Modernisation and Mingei Theory: Cultural Nationalism and Oriental Orientalism, Routledge, ISBN 978-1-134-42955-4
  14. ^ Shin, Michael D. "A Brief History of Han". The Korea Society. THURSDAY, MAY 2, 2019 | 6 PM
  15. ^ Shin, Michael D.2019
  16. ^ 木村幹『朝鮮半島をどう見るか』集英社〈集英社新書〉、2004年、99頁。ISBN 978-4087202410
  17. ^ Rhi, Bou-Yong (2004), "Hwabyung (火病) - An Overview", Psychiatry Investigation, 1 (1): 21–24
  18. ^ 宮脇淳子 『朝鮮半島をめぐる歴史歪曲の舞台裏 韓流時代劇と朝鮮史の真実』扶桑社扶桑社新書〉、2020年4月30日、31頁。ISBN 978-4594084523 
  19. ^ Peterson, Mark (22 March 2020). "Misconception about invasions". The Korea Times.
  20. ^ Mark Peterson.2020
  21. ^ Peterson, Mark (23 February 2020). "Longest dynasties". The Korea Times.
  22. ^ Duncan, John. "Myths and Truths about Premodern Korea". USC Korean Studies Institute. USC Dana and David Dornsife College of Letters, Arts and Sciences.
  23. ^ Kang, David C. (2017), American Grand Strategy and East Asian Security in the Twenty-First Century, Cambridge University Press, ISBN 978-1-316-73139-0
  24. ^ “スペイン紙「韓国4228年間、中国の属国」”. 中央日報. (2004年9月27日). オリジナルの2021年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210514081030/https://japanese.joins.com/jarticle/56213 
  25. ^ “「21世紀版独立運動」ネットの韓国史わい曲訂正に奔走”. 中央日報. (2004年8月23日). オリジナルの2021年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210826214510/https://japanese.joins.com/JArticle/55089?sectcode=700&servcode=700 
  26. ^ a b c “外国の教科書 韓国歪曲深刻”. 中央日報. (2001年9月11日). https://megalodon.jp/2010-1028-1752-05/members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/seaofjapan/2001091100000164002.htm 
  27. ^ a b “米国教科書も韓国内容間違い多い”. 聯合ニュース. (2001年8月10日). https://megalodon.jp/2010-1028-1712-37/members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/seaofjapan/2001081000000097002.htm 
  28. ^ “精神文化研究院、海外教科書の間違い分析”. 東亜日報. (2003年6月9日). https://megalodon.jp/2010-1029-1825-01/members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/seaofjapan/200306090000181981013.htm 
  29. ^ a b c “「OECD国家の教科書 韓国内容歪曲」(総合)”. 聯合ニュース. (2001年8月29日). https://megalodon.jp/2010-1028-1817-58/members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/seaofjapan/2001082900000197002.htm 
  30. ^ “전북출신 印尼 독립영웅 梁七星 교과서 수록”. 聯合ニュース. (2002年3月5日). オリジナルの2021年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211121205709/http://www.domin.co.kr/news/articleView.html?idxno=587693 
  31. ^ “오류 투성이에다 지독히 저평가된 코리아”. ソウル新聞. (2009年2月13日). オリジナルの2016年4月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160406124055/http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20090213019004&spage=1 
  32. ^ “"조선이 300년간 중국지배 받았다?"”. 毎日経済新聞. (2004年8月16日). オリジナルの2021年11月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211122132555/https://www.mk.co.kr/news/home/view/2004/08/293874/ 
  33. ^ 金完燮 『親日派のための弁明』草思社、2002年7月1日。ISBN 479421152X 
  34. ^ “一部のヨーロッパ国家教科書、韓国歴史歪曲記述”. 中央日報. (1999年1月24日). https://megalodon.jp/2010-1029-1805-28/members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/seaofjapan/1999012400000063012.htm 
  35. ^ “中国は韓国?韓国は新しい日本? 外国の教科書のデタラメな記述に怒れる韓国人=中国メディア”. Searchina. (2017年10月31日). オリジナルの2017年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171031164851/http://news.searchina.net/id/1646955?page=1 
  36. ^ “韓国はポルトガルの植民地だった!?”. 朝鮮日報. (2009年2月15日). オリジナルの2009年2月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090217092757/http://www.chosunonline.com/article/20090215000001 
  37. ^ “외국 교과서, 오류 '심각'…'고종은 통치 포기한 왕'”. ニューシス. (2009年10月5日). オリジナルの2016年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161006050820/http://www.newsis.com/article/view.htm?cID=&ar_id=NISX20091005_0003357935 
  38. ^ “홍콩 역사교과서 "한반도 절반 중국땅"”. 聯合ニュース. (2004年8月17日). オリジナルの2022年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220128234034/https://www.yna.co.kr/view/AKR20040817000200074 
  39. ^ a b “世界有名教科書と地図、「韓国は中国領土」”. 中央日報. (2005年7月10日). オリジナルの2022年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220128235202/https://japanese.joins.com/jarticle/65416?sectcode=400 
  40. ^ 村井友秀 『中国対外強硬路線の論理と心理』〈中央公論〉2011年4月、107頁。 
  41. ^ “米教科書「東海併記」”. 毎日経済新聞. (2003年6月9日). https://megalodon.jp/2010-1027-2213-24/members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/seaofjapan/200306090000298375041.htm 
  42. ^ 片倉穣 『日本人のアジア観』明石書店、1998年12月15日、329頁。 
  43. ^ a b c “【韓フルタイム】世界のから見た「韓国」は間違いだらけ? 誤記載された外国教科書の展覧会が開催”. 韓フルタイム. (2010年2月22日). オリジナルの2018年12月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181225030827/http://news.livedoor.com/article/detail/4617906/ 
  44. ^ “バンク、「米国教科書の試験問題も韓国史歪曲」”. 聯合ニュース. (2004年3月19日). https://megalodon.jp/2010-1027-2250-36/members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/seaofjapan/200403190000597723002.htm 
  45. ^ a b “韓国歪曲事例… 独島近隣は紛争地域”. スポーツトゥデイ. (2010年2月22日). https://megalodon.jp/2010-1027-2308-18/members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/seaofjapan/200401280000129020054.htm 
  46. ^ a b ““중 교과서 ‘고조선=야만, 삼국=신라·백제·가야’””. ハンギョレ. (2007年3月20日). オリジナルの2021年12月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211229101627/https://www.hani.co.kr/arti/culture/book/197569.html 
  47. ^ “米教科書にも韓国関連誤記多い”. 朝鮮日報. (2001年8月10日). オリジナルの2008年8月12日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2008-0812-1445-32/www.chosunonline.com/article/20010810000022 
  48. ^ “반크, 시진핑 '한국 中 일부' 발언 반박 활동 돌입”. 聯合ニュース. (2017年4月21日). オリジナルの2021年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210728135458/https://www.yna.co.kr/view/AKR20170421062100371 
  49. ^ a b c “"한반도는 대대로 중국 땅"?…미 교재 '엉터리 세계사'”. JTBCニュースルーム. (2020年10月14日). オリジナルの2020年10月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201028204752/https://mnews.jtbc.joins.com/News/Article.aspx?news_id=NB11973829 
  50. ^ a b “「百済は日本の歴史」「韓国の宗教はイスラム教」米国の大学入試問題は間違いだらけ?韓国の市民団体が指摘”. Record China. (2021年8月14日). オリジナルの2021年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210814040914/https://www.recordchina.co.jp/b880838-s25-c30-d0201.html 
  51. ^ a b c 柳錫春 (2001年8月2日). “国家広報きちんとやっていますか”. 中央日報. https://megalodon.jp/2010-1029-1812-24/members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/seaofjapan/2001080200000082012.htm 
  52. ^ a b 古田博司 (2008年12月17日). “増殖する韓国の「自尊史観」”. 産経新聞. オリジナルの2013年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130311220937/http://www.sankei.co.jp/seiron/opi-sern/0812/1217opi-se1.html 
  53. ^ “ソウル錦湖小学校のポク・ヘリムさん、独島・東海表記・高句麗史などの是正に率先”. 東亜日報. (2004年2月12日). https://megalodon.jp/2010-1028-1739-04/members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/seaofjapan/2004021200006103088.htm 
  54. ^ “VANK、全世界の教科書是正運動に着手”. 朝鮮日報. (2003年2月27日). オリジナルの2008年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081006195634/https://www.chosunonline.com/article/20030227000026 
  55. ^ 朝日新聞. (2010年3月24日) 
  56. ^ 中兼和津次. “日中関係学会研究会(2019年11月28日)講演者:中兼和津次先生(東京大学名誉教授、東洋文庫研究員)” (PDF). 日中関係学会. p. 7-8. オリジナルの2021年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210924032328/https://www.mmjp.or.jp/nichu-kankei/kenkyuukaiichirann/191128_headoffice_summery.pdf 



出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:20 UTC 版)

発音(?)

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「恨」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



恨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

恨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



恨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの恨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS