睡眠相前進症候群とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 精神疾患 > 睡眠相前進症候群の意味・解説 

睡眠相前進症候群(すいみんそうぜんしんしょうこうぐん)

社会的に望ましい時刻よりより早く眠ってしまう睡眠障害問題になるほどの早寝早起きが治せない状態で、端な朝型人間といえる睡眠そのものは正常だが、生体リズム24時間調節する機能問題があり睡眠時間帯が前にずれた状態と考えられる夕方に耐え難い眠気に襲われ、好ましい時刻より早く目が覚めるが、睡眠相後退症候群違い社会的著しく問題になることは少ない。

睡眠相前進症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/05 02:26 UTC 版)

睡眠相前進症候群(すいみんそうぜんしんしょうこうぐん、英語: Advanced sleep phase syndrome, ASPS)は、慢性的な入眠時間の前進(早眠)・および覚醒時間の前進(深夜覚醒、および再入眠困難)という、睡眠障害概日リズム睡眠障害)の病態のひとつである。






「睡眠相前進症候群」の続きの解説一覧



睡眠相前進症候群と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「睡眠相前進症候群」の関連用語

睡眠相前進症候群のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



睡眠相前進症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Suimin.netSuimin.net
Copyright(c)suimin.net All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの睡眠相前進症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS