アミとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 友人 > アミの意味・解説 

アミ [2]フランス ami; amie】

親し友人。また,愛人

モナミ [1]フランス mon ami; mon amie】

私の友。私の愛人

あみ [2] 【網】

糸や針金などを編んで枡形ますがたの目を表したもの
などを捕らえるのに用いるもの。 「異常発生したクラゲが-にかかる」
食べ物を焼くのに用いるもの。 「 -で餅を焼く」
人や物を捕らえるために張りめぐらされたもの。 「捜査の-をしぼる」 「法律の-をくぐる」 → 網の目
印刷で,規則的に並んでいる小さな点のこと。網点

あみ [2] 【〈 醬蝦〉・〈糠蝦〉】

甲殻綱アミ目エビに似た節足動物一群総称体長1~2センチメートル。体は透明。雌には哺育(ほいくのう)がある。ほとんどが海産で,日本近海で約130種が知られるが,汽水淡水にすむ種もある。飼料釣りまき餌にしたり,塩辛佃煮つくだになど食用にする。

あみ [1] 【阿


糠蝦

読み方:アミ(ami

甲殻綱アミ目エビに似た節足動物一群総称


醤蝦

読み方:アミ(ami

甲殻綱アミ目エビに似た節足動物一群総称


AMI

フルスペル:American Megatrends, Inc
読み方:アミ

AMIとは、PC/AT互換機用のマザーボード製造販売している米国メーカーのことである。米Award社や米Phoenixと並ぶ規模で、BIOS周辺機器製造している。特に、AMI-BIOSは、米国製のマザーボード広く用いられている。なお、最近では、グラフィカルなWinBIOSを搭載したものもある。

ユーザー対すメーカー保証サポート充実していることでも知られ、日本国内でのサポートは、日本法人アメリカンメガトレンドが行っている。なお、国内販売されている製品には、日本語マニュアル1年間保証が付いている。


参照リンク
AMI : American Megatrends Inc.
電子回路のほかの用語一覧
論理回路・集積回路:  XMOS
電子回路・電子部品:  A/Dコンバータ  A/D変換  AMI  ATX  ACパワー・コントローラ  AC-DC変換回路

醤蝦

読み方:アミ(ami

エビに似たアミ目甲殻類総称

別名 コマセ


アミ

名前 AmiAmyAimsAmmi

阿弥

読み方:アミ(ami

所在 大阪府堺市美原区


阿見

読み方:アミ(ami

所在 茨城県稲敷郡阿見町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

アミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/23 16:55 UTC 版)

アミ





アミと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アミ」の関連用語

アミのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アミのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリAMIの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアミ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS