アミとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 友人 > アミの意味・解説 

アミ【(フランス)ami(男性)/amie(女性)】

読み方:あみ

友人恋人


あみ【網】

読み方:あみ

糸・縄・針金などを方形ひし形目を透かして編んで作ったもの。魚やなどを捕らえ道具焼き網囲い建具などに用いる。

捕らえたり、取り締まったするために張りめぐらしたもの。「捜査の—にかかる」「法の—をくぐる」

[下接語] 揚繰(あぐ)り網・(いわし)網・受け網打瀬(うたせ)網・打ち網・追い網置き網落とし網垣網(かすみ)網・金網・被(かぶ)せ網・救助網巾着(きんちゃく)網・小鳥網刺し網叉手(さで)網・敷き網地引き網・掬(すく)い網・底引き網・袖(そで)網・(たい)網・台網高網・焚(た)き入れ網・叩(たた)き網・建て網建て切り網玉網・攩(たも)網・坪網定置網手繰り網・投(と)網・鳥網・トロール網流し網投げ網張り網引き網袋網棒受け網捕虫網巻き網(ます)網・待ち網身網・餅(もち)網・焼き網・八つ手網・夜網・四つ手網


あみ【醤蝦】

読み方:あみ

アミ目甲殻類総称体長約1センチ体形エビに似る。日本近海にはイサザアミ・コマセアミなどが分布しプランクトンとして魚のさとなる塩辛佃煮(つくだに)など食用にする。あみざこ。


糠蝦


醤蝦


醤蝦

読み方:アミ(ami

エビ似たアミ目甲殻類総称

別名 コマセ


アミ

名前 AmiAmyAimsAmmi

阿弥

読み方:アミ(ami

所在 大阪府堺市美原区


阿見

読み方:アミ(ami

所在 茨城県稲敷郡阿見町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

アミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 03:05 UTC 版)

アミあみ阿見アミー




「アミ」の続きの解説一覧

アミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 05:35 UTC 版)

アミ 小さな宇宙人」の記事における「アミ」の解説

地球よりずっと進歩した星・銀河人形からやってきた宇宙人外見年齢8歳ほどだが、実際にはもっと歳をとっている。悪戯と皮肉をよく言う肉食を嫌う。実際夕食ステーキ食べたペドゥリートに「よく死体食べるな」とツッコんだ。本人曰く悪戯っ子」。地球進歩させるための活動の一環としてペドゥリート前に現われUFOで各惑星に連れて行きながら文明社会として実現されるべき「宇宙の基本法」を説いていく。ペドゥリートエゴ牽制しようときつい口調になることが少なくない

※この「アミ」の解説は、「アミ 小さな宇宙人」の解説の一部です。
「アミ」を含む「アミ 小さな宇宙人」の記事については、「アミ 小さな宇宙人」の概要を参照ください。


アミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 17:39 UTC 版)

サイクロプス少女さいぷ〜」の記事における「アミ」の解説

光が出会った少女容姿顔つき幼少時代楓香にそっくり。その正体アポロの妹で黒髪ウィッグ

※この「アミ」の解説は、「サイクロプス少女さいぷ〜」の解説の一部です。
「アミ」を含む「サイクロプス少女さいぷ〜」の記事については、「サイクロプス少女さいぷ〜」の概要を参照ください。


アミ(火星高次元精神生命体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 14:38 UTC 版)

おきらく忍伝ハンゾー」の記事における「アミ(火星高次元精神生命体)」の解説

再度宇宙へ追放され剛腕鬼火星出会った精神生命体火星頂点に立つ高貴な存在であるが、彼もまた剛腕鬼弟分となる。長い名前嫌った剛腕鬼に「アミ」と命名された(網に似ていた為)。3度目剛腕鬼襲来に際し無限に伸びる体を利用し火星軍団を地球へ誘おうとした。元ネタ萩尾望都の『スター・レッド』に登場する火星高次元意識体『アミ』[要出典]。

※この「アミ(火星高次元精神生命体)」の解説は、「おきらく忍伝ハンゾー」の解説の一部です。
「アミ(火星高次元精神生命体)」を含む「おきらく忍伝ハンゾー」の記事については、「おきらく忍伝ハンゾー」の概要を参照ください。


アミ(声:沢口千恵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 10:04 UTC 版)

手裏剣スクール」の記事における「アミ(声:沢口千恵)」の解説

セーラー服着た女の子変装が得意。多少自己中心性格

※この「アミ(声:沢口千恵)」の解説は、「手裏剣スクール」の解説の一部です。
「アミ(声:沢口千恵)」を含む「手裏剣スクール」の記事については、「手裏剣スクール」の概要を参照ください。


アミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 04:16 UTC 版)

ようこそ!恋ヶ崎女学園へ」の記事における「アミ」の解説

バカンス人魚島編」で登場計画鳳凰院家の別荘に招待された際に遭遇した女の子2人のうち1人。実は人魚普段は人間の姿をしているが、下半身水につける人魚の姿になる。レズビアン気がありレミのことが好きで男子興味はない

※この「アミ」の解説は、「ようこそ!恋ヶ崎女学園へ」の解説の一部です。
「アミ」を含む「ようこそ!恋ヶ崎女学園へ」の記事については、「ようこそ!恋ヶ崎女学園へ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アミ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アミ」の例文・使い方・用例・文例




アミと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アミのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アミのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリAMIの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアミ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアミ 小さな宇宙人 (改訂履歴)、サイクロプス少女さいぷ〜 (改訂履歴)、おきらく忍伝ハンゾー (改訂履歴)、手裏剣スクール (改訂履歴)、ようこそ!恋ヶ崎女学園へ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS