diaとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 製造業技術用語 > diaの意味・解説 

パイ

読み方:パイ
【英】:DIA (diameter)

パイとは、現場の古い言い方で円の直径のこと。直径記号φを用いて表現し、ギリシャ文字φの読み方ファイ」がなまってパイとなった。
■ 関連技術

Dia

名前 ダイアディア

アメリカ国防情報局

(dia から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/06 06:51 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
アメリカ国防情報局
Defense Intelligence Agency
Seal of the U.S. Defense Intelligence Agency.svg
アメリカ国防情報局紋章
組織の概要
設立年月日 1961年10月1日[1]
本部所在地 Defense Intelligence Agency Headquarters, Joint Base Anacostia-Bolling[2]
標語 Committed to Excellence in Defense of the Nation
人員 機密扱い
おおよそ 16,500人 (65%の文官と35%の軍人)
年間予算 機密扱い
行政官
上位組織 アメリカ国防総省
ウェブサイト Official Webpage
Official Facebook Page
Official Twitter
Official Instagram

アメリカ国防情報局(アメリカこくぼうじょうほうきょく、英語: Defense Intelligence Agency, 略称:DIA)は、アメリカ国防総省諜報機関

1961年、軍事情報を専門に収集、調整する機関としてロバート・マクナマラ国防長官が設置した。DIA長官は、国防総省の意思決定に参加し、統合参謀本部の偵察作戦支援を担当する幕僚(J-2)でもある。

組織

  • 国防情報局長官
  • 国防情報局副長官
  • 参謀長
    • 法律顧問
    • 監察総監
    • 主席財務執行官
    • 調達官
    • 雇用機会均等室
    • 運用室
    • 武官情報管理室
    • 国際協力室
    • 議会・広報室
    • 総務部
    • 人的情報部      : HUMINT担当
    • 測定情報・技術収集部 : MASINT担当
    • 統合参謀情報部    : 統合参謀本部の情報部(J-2)と一体として運用される
    • 分析部
    • 人材部
    • 情報管理部      : 部長は国防情報局情報官(CIO)を兼任
    • 統合軍事情報大学

関連項目

脚注

外部リンク


DIA (曖昧さ回避)

(dia から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/02 02:31 UTC 版)

DIA

Dia

音楽





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「dia」の関連用語

diaのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

陸上のおう地

布基礎

フローズン・リレ

武井 孝志

リャンカン

ヤマノイモ

小笠原国立公園

サンマー麺





diaのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2018 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ国防情報局 (改訂履歴)、DIA (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS