ばかりとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 助詞 > 副助詞 > ばかりの意味・解説 

ばかり【許り】

[副助]名詞副詞活用語連体形一部助詞に付く。

範囲限定する意を表す。…だけ。…のみ。「あとは清書する許りだ」「大きい許りが能じゃない

いそのかみ古き都のほととぎす声—こそ昔なりけれ」〈古今・夏〉

おおよそ程度分量を表す。…ほど。…くらい。「まだ半分許り残っている」「一〇歳許りの男の子

三寸—なる人」〈竹取〉

(「…たばかりに」の形で接続助詞的に用いてそれだけ原因での意を語調強めて表す。…ために。「動揺した許りに制球乱れた」「強行採決をした許りに議場荒れた」

動詞連体形または助動詞「ぬ(ん)」を受けて)ある動作が今にも行われようとする状態を表す。「いつでも出発できる許りになっている」「泣き出さん許りの顔」

(「…たばかり」の形で)動作完了してまもない状態にある意を表す。「銀行から引き出した許りのお金」「今出かけた許りだ」

(「…とばかり」「…とばかりに」の形で)強調の意を表す。「ここぞと許り声援する」「待っていたと許りに飛び出す

[補説] 動詞「はか(計)る」の連用形名詞化した「はかり」から転じたもので、2が本来の用法とされる。中古では12とも、用言終止形にも付いた。1中古以降の用法で、中世以降2衰え、「ほど」がそれに代わり1は「のみ」よりも優勢になった。近世以降は、限定に「だけ」「きり」が加わるようになる。なお、「ばかり」はくだけた話し言葉では、「ばっかり」「ばっかし」「ばかし」という形も使われ、また、「っぱかり」の形になることもある。


ばかり

〔副助〕 (副詞体言活用語終止形連体形助詞などに下接する)

おおよそ程度範囲示して、取り立てる。ほど。ぐらい。ころ。

万葉(8C後)一二二九四三「我命の長く欲しけく偽をよくする人を執らふ許(ばかり)を」

源氏100114頃)紅葉賀「四年(よとせ)ばかりがこのかみにおはすれば

体言活用語連体形を受け、限定の意を表わす。ほんの…だけ。…だけ。中古以後用法

古今(905‐914)哀傷・八六〇「露をなどあだなる物と思ひけんわが身も草に置かぬばかりを〈藤原惟幹〉」

源氏100114頃)蜻蛉「涙に溺ほれたるばかりをかごとにて」

③ (打消の助動詞「ぬ(ん)」「ない」などに下接して) ②から派生した用法表面で…しないだけ実質的には…したのも同じということから、今にも…しそうであるの意を表わす

浄瑠璃夕霧阿波鳴渡(1712頃)中「今の如く人中で、踏まれぬ斗(ばかり)に恥をかき」

人情本花筐(1841)五「何卒何卒(どうぞどうぞ)と手を合して、拝まぬばかり頼みつつ」

④ (過去・完了助動詞「た」(文語では過去の助動詞「き」の連体形「し」)を伴う動詞に下接して、その動作完了して間もない意を表わす) …したて。

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「先々月一寸お目に掛った計(バカ)りですから」

[語誌](1)古く活用語を受ける場合終止形に下接するものは①の「程度」を表わし、連体形に下接するものは②の「限定」を表わすとする説がある。
(2)①の「程度」と②の「限定」とは矛盾するように思われるが、おおよそ程度を示すと、その範囲から除外されるものをつく出し範囲の内にあるものと範囲の外にあるものとが強調されるようになると限定用法が生じることになる。しかし、「ばかり」の限定には程度の意味が残っていて、「のみ」「だけ」「きり」より限定境界はあいまいで、ゆるやかである。そこにある種情意込められる。
(3)語源については、名詞の「はかり(計)」から転じたものと考えられる上代では副詞的な要素に下接した「かくばかり」「いかばかり」の形が過半占め語源ある名詞「はかり」の意そのままに「おおよそ…ぐらい」の意を表わしており、多く疑問推量仮定などの不確実な意味の表現において用いられているが、中古には確定的な意の表現共存する例が多くなる。
(4)中古には①と②との中間的な「ほんの…ぐらい(だけ)」の意において用いられ、やがて②の限定用法成立する。
(5)上代には間投助詞「を」に上接する一例を除き、他の助詞重ね用いられることはなかったが、中古には格助詞係助詞上接する例が現われる中世には意味用法主として②に偏し、体言性が薄れたため、格助詞に下接す例も現われる


ばかり

出典:『Wiktionary』 (2020/02/03 13:48 UTC 版)

助詞

ばかり許り】(副助詞 体言副詞活用語連体形又は一部助詞接続

  1. 範囲限定することを表す。だけ。のみ。
  2. 限定された範囲事物多数あり、そのほかのものはほとんどないことを表す。だけ。のみ。
    • 残っているのはがらくたばかりだ。
    • 本ばかり読んでいる。
    • ないてばかりいるこねこちゃん。
  3. だいたいの程度分量を表す。くらい
  4. (「せんばかり」の形で)動作が行われそうである、行われたとしても当然であることを表す。
  5. (「したばかり」の形で)動作が行われてすぐであることを表す。
  6. (「したばかりに」の形で)原因それのみであることの強調を表す。原因となることをしなければよかったのに、というニュアンスがある。
  7. (「とばかり(に)」の形で)強調をともなう比喩を表す。

語源

関連語

翻訳




品詞の分類

副助詞ばかし  ばって  ばかり  なりと  

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ばかり」に関係したコラム

  • 株式やFX、CFDのギャン理論とは

    株式やFX、CFDのギャン理論とは、ウィリアム・デルバート・ギャン(William Delbert Gann)の考案した相場を張る時のルールのことです。ギャン理論は、「ギャンの価値ある28のルール(G...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ばかり」の関連用語

ばかりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ばかりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのばかり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS