犬小屋とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > 小屋 > 犬小屋の意味・解説 

いぬごや【犬小屋】

読み方:いぬごや

向田邦子短編小説昭和55年1980発表同年、「かわうそ」「花の名前」とあわせ第83回直木賞受賞

「犬小屋」に似た言葉

いぬ‐ごや【犬小屋】

読み方:いぬごや

犬を飼うための小屋。また比的に粗末で小さな家のこと。

江戸時代、第5代将軍徳川綱吉中野・大久保などに作り野犬飼い養った小屋。→生類憐みの令

[補説] 書名別項。→犬小屋


犬小屋

作者内海隆一郎

収載図書人びと光景
出版社新潮社
刊行年月1992.3


犬小屋


犬小屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/22 08:18 UTC 版)

犬小屋(いぬごや、英語:doghousekennel)とは、を飼っておく小屋[1]


  1. ^ 大辞林「犬小屋」。
  2. ^ 屋外で雨に濡れると中の犬まで濡れてしまうからである。


「犬小屋」の続きの解説一覧

犬小屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 09:39 UTC 版)

スヌーピー」の記事における「犬小屋」の解説

彼の住んでいる犬小屋は、外見では想像できないほど広い。スヌーピーチャーリー・ブラウンの話では地下室繋が階段があり、地下室玄関ホールにはカーペット敷いてあり、観葉植物置かれていたりテレビエアコンさらには卓球台ビリヤード台までもが設置してあるという。しかもいくつかの部屋区切られており、図書室などもある。ライナス逃げ込んだテレビ見ていたりすることもある。かつてはゴッホの絵が飾られており(1966年9月19日火事焼失)、現在はワイエスの絵が飾られている。時々チャーリー・ブラウンライナスシュローダー彼の家の大掃除手伝う。 犬小屋は、スヌーピーが隣のをからかうたびに頻繁に破壊され飛行機や、また後述レッド・バロンエピソードでは戦闘機となり、撃たれて穴が空いたり煙を吹き上げたりする。 初期斜めから見たアングルでも描かれていたが(焼失した際に周囲を巡る話がある)、次第横から見た図しか描かれなくなった作者によれば、犬小屋も横からしか描かなければ読者スヌーピーの「なりきり」(例えば、飛行士扮しスヌーピーにとっては、単なる犬小屋も戦闘機である)により感情移入できるのではないか考えたからだという。地下室ネタこの頃から始まっている。 犬小屋を作ったのはチャーリー・ブラウンだが、彼の不器用さスヌーピー蹴り入れて直したエピソードがある。 裏に枯れ木があり、ウッドストック断り状刺してファイルしている。

※この「犬小屋」の解説は、「スヌーピー」の解説の一部です。
「犬小屋」を含む「スヌーピー」の記事については、「スヌーピー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「犬小屋」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

犬小屋

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 03:29 UTC 版)

和語の漢字表記

いぬごや

  1. いぬごや 参照

「犬小屋」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



犬小屋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「犬小屋」の関連用語

犬小屋のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



犬小屋のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの犬小屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスヌーピー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの犬小屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS