図書室とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 図書室の意味・解説 

としょ‐しつ【図書室】

学校会社官庁などで、図書集め保管し、閲覧させる部屋


としょ‐しつ【図書室】

〔名〕 図書保管閲覧をする部屋

国民新聞明治三六年(1903)一〇月一四日校舎二階建にして一個講堂二十五個の教室職員室事務室、図書室、標本室器械室、屋内体操其他より成り


図書室

作者ジル・ド・サンタヴィ

収載図書恋人
出版社白亜書房
刊行年月2005.5


図書館

(図書室 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 05:23 UTC 版)

図書館(としょかん、: library: Bibliothek: bibliothèque)とは、図書雑誌、視聴覚資料、点字資料、録音資料等のメディアや情報資料を収集、保管し、利用者への提供等を行う施設もしくは機関である。


  1. ^ 清水 2014.
  2. ^ メノカル 2005, pp. 30–32.
  3. ^ a b c 石川徹也,根本彰,吉見俊哉 編 2011, p. 5.
  4. ^ a b History of Library Developments in China”. IFLA. IFLA. 2021年3月5日閲覧。 p3-4
  5. ^ International dictionary of library histories, 169ページ
  6. ^ 第16回MULU定例茶話会「宮城の図書館のルーツを学ぶ:青柳文庫ビブリヲバトル」参加記
  7. ^ 佐々木隆木下直之鈴木淳宮地正人『ビジュアル・ワイド明治時代館』小学館、2005年12月、pp. 264 f。
  8. ^ 柴田和夫『「北の丸」第2号の「国立公文書館所蔵明治初期建白書について」』国立公文書館、1976年、3-21p。
  9. ^ 佐々木 亨、亀井 修、竹内 有理『新訂 博物館経営・情報論』放送大学教育振興会、2009年、195ページ。ISBN 978-4-595-30826-0
  10. ^ 宮部頼子 編 2012, p. 13.
  11. ^ 宮部頼子 編 2012, p. 13-14.
  12. ^ a b 日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編 『図書館情報学会用語辞典』(第3版版) 丸善、2007年、17頁。 
  13. ^ a b 小黒浩司 編著 2018, p. 2.
  14. ^ a b 小黒浩司 編著 2018, p. 2-4.
  15. ^ 小黒浩司 編著 2018, p. 4.
  16. ^ 小黒浩司 編著 2018, p. 4-5.
  17. ^ a b c 小黒浩司 編著 2018, p. 6.
  18. ^ 宮部頼子 編 2012, p. 10.
  19. ^ 図書館法第2条
  20. ^ a b c 石川徹也,根本彰,吉見俊哉 編 2011, p. 6.
  21. ^ 石川徹也,根本彰,吉見俊哉 編 2011, p. 6-8.
  22. ^ a b c 石川徹也,根本彰,吉見俊哉 編 2011, p. 8.
  23. ^ 『三重県教育史 第二巻』三重県総合教育センター 編、三重学校生活協同組合、1981年3月30日、1019頁。全国書誌番号:82025909
  24. ^ 日本図書館協会. “日本の図書館統計 公共図書館集計(2014年) (PDF)”. 2015年8月29日閲覧。
  25. ^ 日本図書館協会. “日本の図書館統計 大学図書館集計I(2014) (PDF)”. 2015年8月29日閲覧。
  26. ^ なぜ、山梨県は「長寿」なのか?AIの分析でわかった衝撃の理由



図書室

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 11:48 UTC 版)

名詞

図書 としょしつ

  1. 学校などの施設において、利用者閲覧する空間提供したり貸し出しを行ったりする場所

翻訳

参照



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「図書室」の関連用語

図書室のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



図書室のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの図書館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの図書室 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS