感情移入とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 感情移入の意味・解説 

かんじょう‐いにゅう〔カンジヤウイニフ〕【感情移入】

自分感情精神を他の人や自然、芸術作品などに投射することで、それらと自分と融合感じ意識作用


共感

(感情移入 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/03 00:29 UTC 版)

共感(きょうかん)、エンパシー(empathy)は、他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。もしくはその感情のこと。例えば友人がつらい表情をしている時、相手が「つらい思いをしているのだ」ということが分かるだけでなく、自分もつらい感情を持つのがこれである。通常は、人間に本能的に備わっているものである。しかし、例えば反社会性パーソナリティ障害サイコパスの人物では、“共感の欠如”が、見られる[1]。近藤章久は深い共感と直観を精神治療の根幹とした。




  1. ^ DSM-IV-TR diagnostic criteria for narcissistic personality disorder,2000年
  2. ^ a b c d Against Empathy
  3. ^ a b c 池田理知子・五十嵐紀子(編)『よくわかるヘルスコミュニケーション』 ミネルヴァ書房 <やわらかアカデミズム<わかる>シリーズ> 2016年、ISBN 978-4-623-07786-1 pp.110-111.
  4. ^ a b c 金井 2013, pp. 60-65.
  5. ^ MD, Srini Pillay (2018年10月4日). “Brain science to improve your relationships” (英語). Harvard Health Blog. 2020年11月3日閲覧。
  6. ^ 日経サイエンス2013年2月号サイコパス特集


「共感」の続きの解説一覧



感情移入と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「感情移入」の関連用語

感情移入のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



感情移入のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共感 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS