ハイリー・センシティブ・パーソンとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > ハイリー・センシティブ・パーソンの意味・解説 

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)

「HSP」はHighly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で、「高度な感覚処理感受性といわれる気質を持つ人を表す言葉です。HSPはストレスを受けやすい面がある一方で、鋭い感受性により気づき能力が高いというポジティブな面も持ち合わせています。ここでは、HSPの意味や事例歴史紹介するとともに、HSPの人材有する長所を生かすために、企業どのような支援検討すべきか解説します。

ハイリー・センシティブ・パーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/01 04:29 UTC 版)

ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly Sensitive Person、HSP)とは、環境感受性Environmental Sensitivity)あるいはその気質・性格的マーカーである感覚処理感受性Sensory Processing Sensitivity)が極めて高い人たちを表す言葉である[1][2]。環境感受性とは、ポジティブおよびネガティブな環境刺激に対する処理や登録の個人差を表す特性的概念である[3][4]。したがって、環境感受性が高い個人であるHSPは、環境感受性が低い人と比べて、ポジティブな環境から良い影響を受けやすく、ネガティブな環境から悪い影響を受けやすい。環境感受性は誰もがもつ普遍的な特性であり、その程度は正規分布することが示唆されている[5]


  1. ^ a b Aron, Elaine N.; Aron, Arthur; Jagiellowicz, Jadzia (2012-08-01). “Sensory Processing Sensitivity: A Review in the Light of the Evolution of Biological Responsivity” (英語). Personality and Social Psychology Review 16 (3): 262–282. doi:10.1177/1088868311434213. ISSN 1088-8683. https://doi.org/10.1177/1088868311434213. 
  2. ^ a b c d e APA PsycNet”. doi.apa.org. doi:10.1037/0022-3514.73.2.345. 2021年4月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e “Sensory Processing Sensitivity in the context of Environmental Sensitivity: A critical review and development of research agenda” (英語). Neuroscience & Biobehavioral Reviews 98: 287–305. (2019-03-01). doi:10.1016/j.neubiorev.2019.01.009. ISSN 0149-7634. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0149763418306250. 
  4. ^ a b c d Pluess, Michael (2015). “Individual Differences in Environmental Sensitivity” (英語). Child Development Perspectives 9 (3): 138–143. doi:10.1111/cdep.12120. ISSN 1750-8606. https://srcd.onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/cdep.12120. 
  5. ^ a b Weyn, Sofie; Van Leeuwen, Karla; Pluess, Michael; Lionetti, Francesca; Goossens, Luc; Bosmans, Guy; Van Den Noortgate, Wim; Debeer, Dries et al. (2021-01-10). “Improving the Measurement of Environmental Sensitivity in Children and Adolescents: The Highly Sensitive Child Scale–21 Item Version” (英語). Assessment: 1073191120983894. doi:10.1177/1073191120983894. ISSN 1073-1911. https://doi.org/10.1177/1073191120983894. 
  6. ^ a b c Lawrence, Kelsey (2019年5月6日). “Understanding the Highly Sensitive Person” (英語). Medium. 2019年9月1日閲覧。
  7. ^ Pluess, Michael; Jagiellowicz, Jadzia; G. Leonard Burns; Aron, Elaine N.; Aron, Arthur; Lionetti, Francesca (2018-01-22). “Dandelions, tulips and orchids: evidence for the existence of low-sensitive, medium-sensitive and high-sensitive individuals” (英語). Translational Psychiatry 8 (1): 1–11. doi:10.1038/s41398-017-0090-6. ISSN 2158-3188. PMC PMC5802697. PMID 29353876. https://www.nature.com/articles/s41398-017-0090-6. 
  8. ^ Belsky, Jay (1997-07-01). “Variation in Susceptibility to Environmental Influence: An Evolutionary Argument”. Psychological Inquiry 8 (3): 182–186. doi:10.1207/s15327965pli0803_3. ISSN 1047-840X. https://doi.org/10.1207/s15327965pli0803_3. 
  9. ^ a b APA PsycNet”. doi.apa.org. doi:10.1037/a0017376. 2021年4月23日閲覧。
  10. ^ a b Boyce, W. Thomas; Ellis, Bruce J. (2005-06-XX). “Biological sensitivity to context: I. An evolutionary–developmental theory of the origins and functions of stress reactivity” (英語). Development and Psychopathology 17 (02). doi:10.1017/S0954579405050145. ISSN 0954-5794. http://www.journals.cambridge.org/abstract_S0954579405050145. 
  11. ^ Keers, Robert; Coleman, Jonathan R. I.; Lester, Kathryn J.; Roberts, Susanna; Breen, Gerome; Thastum, Mikael; Bögels, Susan; Schneider, Silvia et al. (2016). “A Genome-Wide Test of the Differential Susceptibility Hypothesis Reveals a Genetic Predictor of Differential Response to Psychological Treatments for Child Anxiety Disorders” (english). Psychotherapy and Psychosomatics 85 (3): 146–158. doi:10.1159/000444023. ISSN 0033-3190. PMC PMC5079103. PMID 27043157. https://www.karger.com/Article/FullText/444023. 
  12. ^ Shakiba, Nila; Ellis, Bruce J.; Bush, Nicole R.; Boyce, W. Thomas (2020/05). “Biological sensitivity to context: A test of the hypothesized U-shaped relation between early adversity and stress responsivity” (英語). Development and Psychopathology 32 (2): 641–660. doi:10.1017/S0954579419000518. ISSN 0954-5794. https://www.cambridge.org/core/journals/development-and-psychopathology/article/abs/biological-sensitivity-to-context-a-test-of-the-hypothesized-ushaped-relation-between-early-adversity-and-stress-responsivity/EF516CDE30397641D6DBF299910A1540. 
  13. ^ APA PsycNet”. doi.apa.org. doi:10.1037/dev0000431. 2021年4月23日閲覧。
  14. ^ “A psychometric evaluation of the Highly Sensitive Person Scale: The components of sensory-processing sensitivity and their relation to the BIS/BAS and “Big Five”” (英語). Personality and Individual Differences 40 (6): 1269–1279. (2006-04-01). doi:10.1016/j.paid.2005.09.022. ISSN 0191-8869. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0191886905003909. 
  15. ^ a b APA PsycNet”. doi.apa.org. doi:10.1037/dev0000406. 2021年4月27日閲覧。
  16. ^ Lionetti, Francesca; Aron, Arthur; Aron, Elaine N.; Burns, G. Leonard; Jagiellowicz, Jadzia; Pluess, Michael (2018-01-22). “Dandelions, tulips and orchids: evidence for the existence of low-sensitive, medium-sensitive and high-sensitive individuals” (英語). Translational Psychiatry 8 (1): 1–11. doi:10.1038/s41398-017-0090-6. ISSN 2158-3188. https://www.nature.com/articles/s41398-017-0090-6. 
  17. ^ 髙橋亜希「Highly Sensitive Person Scale日本版(HSPS-J19)の作成」『感情心理学研究』第23巻第2号、日本感情心理学会、2016年、 68-77頁、 doi:10.4092/jsre.23.2_68ISSN 1882-8817NAID 130005145697
  18. ^ Iimura, Shuhei; Yano, Kosuke; Ishii, Yukiko (2021-03-17). Environmental Sensitivity in Adults: Psychometric Properties of the Japanese Version of the Highly Sensitive Person Scale 10-Item Version. doi:10.31234/osf.io/2h8jt. https://osf.io/2h8jt. 
  19. ^ APA PsycNet”. doi.apa.org. doi:10.1037/dev0000406. 2021年5月4日閲覧。
  20. ^ 岐部智恵子、平野真理「日本語版青年前期用敏感性尺度(HSCS-A)の作成」『パーソナリティ研究』第28巻第2号、日本パーソナリティ心理学会、2019年、 108-118頁、 doi:10.2132/personality.28.2.1ISSN 1348-8406NAID 130007741700
  21. ^ 岐部智恵子、平野真理「日本語版児童期用敏感性尺度(HSCS-C)の作成」『パーソナリティ研究』第29巻第1号、日本パーソナリティ心理学会、2020年、 8-10頁、 doi:10.2132/personality.29.1.3ISSN 1348-8406NAID 130007833731


「ハイリー・センシティブ・パーソン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハイリー・センシティブ・パーソン」の関連用語

1
100% |||||

2
76% |||||

3
32% |||||

ハイリー・センシティブ・パーソンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハイリー・センシティブ・パーソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2021 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハイリー・センシティブ・パーソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS