安藤 信正とは?

あんどう‐のぶまさ【安藤信正】


安藤 信正 (あんどう のぶまさ)

1819〜1871 (文政2年明治4年)
老中井伊直弼暗殺の後、困難な幕政・外交問題支えた。
幕末老中磐城平藩主。対馬守。1860年桜田門外の変井伊直弼暗殺されると、老中として幕政主導公武合体押し進め和宮降嫁実現した。さらに日普修好通商条約締結や米公使館ヒュースケン通訳暗殺問題賠償金問題決着など、外交面でもすぐれた手腕示した。1862年攘夷派水戸藩士に坂下門外で襲撃されて負傷し、老中辞職戊辰戦争新政府軍抗戦して敗北処罰を受けた。

 年(和暦)
1825年 (文政8年) 異国船打払令 6才
1828年 (文政11年) シーボルト事件 9才
1829年 (文政12年) 江戸大火 10
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 11
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 18
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 20才
1853年 (嘉永6年) 黒船来航 34
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 36
1858年 (安政5年) 安政の大獄 39
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 41
1862年 (文久2年) 生麦事件 43
1863年 (文久3年) 薩英戦争 44
1867年 (慶応3年) 大政奉還 48
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い 49
1869年 (明治2年) 版籍奉還 50
1871年 (明治4年) 廃藩置県 52
1871年 (明治4年) 解放令 52


 人物
井伊 直弼 1815年1860年 (文化12年万延元年) +4
Hepburn J. 1815年1911年 (文化12年明治44年) +4
河竹 黙阿弥 1816年1893年 (文化13年明治26年) +3
阿部 正弘 1819年1857年 (文政2年安政4年) 0
勝 海舟 1823年1899年 (文政6年明治32年) -4
Boissonade G. E. 1825年1910年 (文政8年明治43年) -6

安藤信正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/15 07:59 UTC 版)

安藤 信正(あんどう のぶまさ)は、江戸時代後期の大名陸奥国磐城平藩5代藩主。官位従四位下侍従長門守対馬守。対馬守系安藤家10代。幕末に若年寄、次いで老中を務めた[1]




  1. ^ a b c d e f 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館、2007年、21頁。ISBN 978-4-09-626607-6 


「安藤信正」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安藤 信正」の関連用語

安藤 信正のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



安藤 信正のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安藤信正 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS