阿部 正弘とは?

あべ‐まさひろ【阿部正弘】

[1819〜1857]江戸末期老中備後(びんご)福山藩主。幕末開国のときの老中首座として和親条約締結


阿部正弘

幕末大名備後福山藩主。字は叔道、号は裕軒。通称は正一・主計。父は阿部正精奏者番寺社奉行経て老中首座となる。ペリー開国要求の際には、島津斉彬松平慶永徳川斉昭らと協調を図り、日米和親条約締結また、講武所洋学所などを設立した。安政4年(1857)歿、39才。

阿部 正弘 (あべ まさひろ)

1819〜1857 (文政2年安政4年)
老中日米和親条約締結勝海舟見出した、開明派の老中
幕末老中備後福山藩主。22歳寺社奉行1843年25歳にして老中抜擢徳川斉昭島津斉彬など有力大名巧みに連携、困難な海防政策に対応した。ペリー来航に際しては、日米和親条約締結日本開国へ導く。品川台場構築・軍艦発注講武所調所長崎海軍伝習所などを設置し、洋式軍制改革を進めた。また、勝海舟多くの優秀な人材登用した。

 年(和暦)
1825年 (文政8年) 異国船打払令 6才
1828年 (文政11年) シーボルト事件 9才
1829年 (文政12年) 江戸大火 10
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 11
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 18
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 20才
1853年 (嘉永6年) 黒船来航 34
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 36


 人物
井伊 直弼 1815年1860年 (文化12年万延元年) +4
Hepburn J. 1815年1911年 (文化12年明治44年) +4
河竹 黙阿弥 1816年1893年 (文化13年明治26年) +3
安藤 信正 1819年1871年 (文政2年明治4年) 0
勝 海舟 1823年1899年 (文政6年明治32年) -4
Boissonade G. E. 1825年1910年 (文政8年明治43年) -6

阿部正弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 06:56 UTC 版)

阿部 正弘(あべ まさひろ)は、江戸時代末期の備後国福山藩の第7代藩主江戸幕府老中首座[2]を務め、幕末の動乱期にあって安政の改革を断行した。阿部宗家第11代当主。


  1. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 49頁。
  2. ^ 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館、2007年、16頁。ISBN 978-4-09-626607-6 
  3. ^ “19世紀後半、黒船、地震、台風、疫病などの災禍をくぐり抜け、明治維新に向かう(福和伸夫)”. Yahoo!ニュース. (2020年8月24日). https://news.yahoo.co.jp/byline/fukuwanobuo/20200824-00194508/ 2020年12月2日閲覧。 





阿部 正弘と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「阿部 正弘」の関連用語

阿部 正弘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



阿部 正弘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿部正弘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS