平賀 源内とは?

ひらが‐げんない【平賀源内】

[一]1728〜1780]江戸中期本草学者戯作者讃岐(さぬき)の人。名は国倫(くにとも)。字(あざな)は子彝(しい)。号、渓。他に福内鬼外(ふくちきがい)・風来山人森羅万象などと称した。本草学蘭学物産学国学学び物産会を開催し、火浣布(かかんぷ)・エレキテル寒暖計などを発明戯作浄瑠璃にも才能を発揮した。殺人のため入獄病死。著「風流志道軒伝」「根無草」、浄瑠璃神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)」など。

[二]桜田常久時代小説昭和15年(1940)発表同年、第12芥川賞受賞


平賀源内

読み方ひらが げんない

本草学者戯作者。名は国倫、字は子彜、号は渓、紙鳶堂、天竺浪人一世風来山人福内鬼外浄瑠璃作者としての戯号一世森羅万象松籟子、無根叟等。讃岐志度浦の人。長崎遊びオランダ語学び薬物研究し、本草学者となった。才気縦横多技多能種々計画したが成らず不平不満これを戯作方面で倩さんとした。著書多く江戸浄瑠璃作者一名手と称せられた。安永8年(1779)歿、54才。一説57才。

平賀 源内 (ひらが げんない)


平賀源内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 15:00 UTC 版)

平賀 源内(ひらが げんない、享保13年(1728年) - 安永8年12月18日1780年1月24日))は、江戸時代中頃の人物。本草学者地質学者蘭学者医者殖産事業家戯作者浄瑠璃作者俳人蘭画家発明家として知られる。


  1. ^ a b c d e f g h 小田 2001, p. 191
  2. ^ 逢沢明 『結果が出る発想法 アイデアはいかにして生まれるのか』 PHP研究所、2008年、29頁。ISBN 9784569697710 
  3. ^ a b 小田 2001, p. 188
  4. ^ a b 小田 2001, p. 190
  5. ^ さぬき市文化財保護協会志度支部 - 平賀源内記念館と平賀源内旧邸 2013年2月9日閲覧
  6. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.54
  7. ^ 二宮隆雄 『戦いの哲学勝利の条件』 PHP研究所、2008年、294頁。ISBN 9784569669915 
  8. ^ a b c 高田誠二. “温度概念と温度計の歴史”. 日本熱測定学会. 2019年11月22日閲覧。





平賀 源内と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「平賀 源内」の関連用語

平賀 源内のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



平賀 源内のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平賀源内 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS