山県 大弐とは?

やまがた‐だいに【山県大弐】

[1725〜1767]江戸中期儒学者兵学者甲斐の人。名は昌貞。初め医師であったが、儒学神道学び江戸に出て兵学を講じ、「柳子新論」を著し尊王論を説いた。明和事件連座して処刑


やまがただいに 【山県大弐】

江戸中期兵学者尊王論者甲斐生まれ。名は昌貞、号は柳荘国学儒学垂加神道などを学び江戸大岡忠光仕えたが、のち開塾して儒学兵学を講じ、尊王思想鼓吹し、幕府忌諱触れ死刑。(一七二五~六七)

山県大貳

読み方やまがた だいに

江戸中期尊王論者甲斐生。名は昌貞、幼名は三之介、字は士明・公勝、号に柳荘・洞斎等。儒者加賀美光章五味釜川学び岩槻藩大岡忠光仕官した。のち江戸に出て『柳子新論』を著わし、尊王大義幕政排除を説いた。明和4年(1767)歿、43才。

山県 大弐 (やまがた だいに)

1725〜1767 (享保10年明和4年)
儒学者】 「天に二日なく、民に二主なし」。尊王思想幕府批判
儒学者尊王論者甲斐国生まれ江戸に出て若年寄大岡忠光仕えた後、医学兵学の塾を開く。『柳子新論』を著わし、「天に二日なく、民に二主なし」と尊王論幕政批判した。塾での過激講議内容尊王論者藤井右門との交流などから、幕府はその存在危険視した。後年謀反疑いで捕らえられ、処刑された(明和事件)。

 年(和暦)
1732年 (享保17年) 西日本蝗害 7才
1742年 (寛保2年) 公事方御定書制定 17才
1744年 (延享元年) 神田天文台設置 19才
1764年 (明和元年) 江戸大火 39


 人物
田沼 意次 1720年1788年 (享保5年天明8年) +5
平賀 源内 1728年1779年 (享保13年安永8年) -3

山県大弐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/28 08:22 UTC 版)

山県 大弐(やまがた だいに、1725年享保10年) - 1767年9月14日明和4年8月22日))は、江戸時代中期の儒学者思想家。野沢氏の出自。名は昌貞。は子恒。通称を軍事のち大弐と称した。医号は柳荘、洞斎。戦国時代甲斐武田氏の譜代家臣である山県昌景の子孫であるという。


  1. ^ 望月(2016)、p.2
  2. ^ 石川(2011)、p.17
  3. ^ 石川(2011)、p.17


「山県大弐」の続きの解説一覧



山県 大弐と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山県 大弐」の関連用語

山県 大弐のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山県 大弐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山県大弐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS