お構いとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 丁寧表現辞書 > お構いの意味・解説 

お‐かまい〔‐かまひ〕【御構い】

(あとに打消しの語を伴う)「かまうこと」の尊敬語美化語

㋐心にかけ、もてなすこと。おもてなしお世話。「なんのお構いもできませんで」「どうぞもうこれ以上お構いなく

㋑気にすること。頓着(とんじゃく)。「夜中でもお構いなく大声歌っている」

江戸時代刑罰の一。特定地域への立ち入りを禁じるもの。追放。「江戸御構い」


お構い

読み方:おかまい

名詞構い」に、接頭辞「お」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

構 (刑罰)

(お構い から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/30 02:59 UTC 版)

(かまい/かまえ)は、江戸時代に用いられた法律用語で、大きく分けて2つの意味を持つが、いずれも特定の地域・集団からの排除の意味を有する。




「構 (刑罰)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「お構い」の関連用語

お構いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



お構いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの構 (刑罰) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS