中川 淳庵とは? わかりやすく解説

なかがわ‐じゅんあん〔なかがは‐〕【中川淳庵】

[1739〜1786]江戸中期蘭医江戸の人。名は玄(げんりん)。本草学蘭学学び杉田玄白らと「解体新書」を翻訳オランダツンベルク交流があった。著「和蘭局方」「和蘭譜」など。


中川淳庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 02:55 UTC 版)

中川 淳庵(なかがわ じゅんあん/じゅんなん、元文4年(1739年) - 天明6年6月7日1786年7月2日)は、江戸時代中期の医者・本草学者・蘭学者。はじめ純安と名乗る。名は鱗(りん)もしくは玄鱗。字は攀卿。


注釈

  1. ^ かくしょう。胃癌食道癌と考えられている。

出典

  1. ^ 『大黒屋光太夫史料集・第3巻』20頁、山下恒夫編・日本評論社


「中川淳庵」の続きの解説一覧



中川 淳庵と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

中川 淳庵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中川 淳庵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中川淳庵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS