青木 昆陽とは? わかりやすく解説

あおき‐こんよう〔あをきコンヤウ〕【青木昆陽】

[1698〜1769]江戸中期蘭学者江戸の人。初め伊藤東涯(いとうとうがい)に師事甘藷(かんしょ)(サツマイモ)を救荒作物として普及尽力し、甘藷先生とよばれた。著「和蘭文字略考」「蕃薯考」など。

青木昆陽の画像
目黒不動にある青木昆陽の墓

青木 昆陽 (あおき こんよう)

1698〜1769 (元禄11年明和6年)
蘭学者サツマイモ栽培成功日本飢餓から救った「神さま」。
江戸中期蘭学者日本橋魚問屋生まれた。伊藤東涯学び1721年江戸で塾を開設35年凶荒対策甘藷サツマイモ)を推奨する蕃藷考』を著した。昆陽日本初め栽培成功したサツマイモ全国広がり、「神さま」「甘藷先生」と呼ばれる大岡忠相知遇得て八代将軍吉宗の命で蘭学学習を始めた。蘭学基礎を築き、その成果は、前野良沢らに受け継がれた。

 年(和暦)
1698年 (元禄11年) 江戸大火勅額火事 0才
1702年 (元禄15年) 赤穂浪士討ち入り 4才
1703年 (元禄16年) 江戸開府100年 5才
1705年 (宝永2年) 御蔭参り流行 7才
1707年 (宝永4年) 富士山噴火 9才
1718年 (享保3年) 御蔭参り流行 20才
1719年 (享保4年) 相対済し令 21
1720年 (享保5年) 江戸大火 22才
1720年 (享保5年) 江戸町火消しいろは組設置 22才
1722年 (享保7年) 小石川病所設置 24
1732年 (享保17年) 西日本蝗害 34
1742年 (寛保2年) 公事方御定書制定 44
1744年 (延享元年) 神田天文台設置 46
1764年 (明和元年) 江戸大火 66


 人物
野呂 元丈 1693年1761年 (元禄6年宝暦11年) +5

青木昆陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 16:08 UTC 版)

青木 昆陽(あおき こんよう、元禄11年5月12日1698年6月19日〉 - 明和6年10月12日1769年11月9日[1])は、江戸時代中期の、幕臣御家人書物奉行儒学者蘭学者サツマイモの普及を図り、甘藷先生(かんしょせんせい)と呼ばれる。名は敦書(あつのり、あつぶみ)[2]、字は厚甫(原甫[2]とも)、通称は文蔵、昆陽と号した。


  1. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p2 昭和33年12月25日発行
  2. ^ a b 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館、2007年、8頁。ISBN 978-4-09-626607-6 
  3. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 5頁。
  4. ^ a b c d e f g 進藤智子、徳田和子、竹原小菊、福司山エツ子、外西壽鶴子. “鹿児島のさつまいもの変遷と活用”. 鹿児島純心女子短期大学研究紀要 第37号,141−152 2007. 国立国会図書館. 2022年3月16日閲覧。
  5. ^ a b c d e f サツマイモの伝来-前田利右衛門と青木昆陽-”. 農林水産省. 2022年3月16日閲覧。
  6. ^ 山本 2007, p. 122.
  7. ^ 昆陽に入門した時期は幾つか説があり、鳥居裕美子の説に拠れば前後の経過から『蘭学事始』にある「宝暦末、明の初年」と推測している。
  8. ^ 青木昆陽甘藷試作地”. 千葉市観光協会. 2022年3月16日閲覧。
  9. ^ 産経新聞(2010-1-7)「【ここいこ】飢饉救ったサツマイモ 幕張から全国へ 青木昆陽甘藷試作地[1]」 2010年4月24日閲覧
  10. ^ 山本和夫「目黒区史跡散歩」学生社、p80
  11. ^ 青木昆陽墓(目黒区公式サイト)
  12. ^ 目黒区教育委員会 2010『めぐろの文化財 増補改訂版Ⅱ』p.98
  13. ^ 和の心・暦と行事|甘薯イミダス(2007年11月2日)2020年2月23日閲覧


「青木昆陽」の続きの解説一覧



青木 昆陽と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「青木 昆陽」の関連用語

青木 昆陽のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



青木 昆陽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの青木昆陽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS